葬儀用語辞典

「葬儀用語集」ページとは?

葬儀の用語には、聞き覚えない難しい用語がたくさんございます。葬儀レビスタッフが、はじめての方にも分かるようにご説明をいたします。

こんな方におすすめ
  • 葬儀に関する用語の意味や読み方がわからない
こんな方はこちら

供花(きょうか)

●「供花」とは、故人へのお別れの気持ちを伝える「弔意」として送るお花のことです。
故人と親交があった人が様々な想いや祈りを込めて故人に捧げるもので、特別な決まりは無く、誰でも送ることが出来ます。

「どうぞ安らかに」と祈る気持ちで寄せられる供花は、式場における荘厳なムードづくりには欠かせない大切なものですので、故人と親交があった方は心を込めてお花を贈りましょう。

●供花の送り方
目安としては、通夜当日の午前中に祭壇を飾り付けるものですので、それに間に合うように届けるのがマナーですので覚えておきましょう。

供花は、 1つを一基(いっき)、2つで一対(いっつい)と数えます。訃報の連絡を受けた際に、専門業者や、葬儀社に直接依頼しましょう。

>>供花を送りたい方はこちら

供花の全国配達サービス
①ご依頼の当日に配達可能
②全国どこでも対応
③立て札無料
④クレジットカードカード払い可能

鮮度の高い美しい供花を全国どこでもスピーディーにお届けします。

●「花輪」との違いは?
供花には、生花と花輪があり、生花では、主にゆりなどの白い花が用いられますが、故人が若かったり、好きだったりした場合には、赤やピンクの花を一部用いることもあります。
かつては、供花を個人で贈る場合は生花、会社や団体が贈る場合には花輪が選ばれることが多かったのですが、最近では、外観の問題から花輪を禁止する斎場も増えており、生花の供花が多くなっています。

>>供花の料金一覧

他の葬儀用語を探す

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

葬儀専門の相談員が24時間365日ご相談をお受けしています

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください
↑ページの先頭に戻る