知っておくべき葬儀の選び方のポイント

臨終を迎えてからの短い時間で、故人または遺族にとって納得のできる葬儀や、いい葬儀社を選べるでしょうか。

葬儀では、参列してもらう人数によって会場の規模や場所、費用などが大きく異なってきます。決めるべきことはたくさんあります。故人や遺族の希望に沿った葬儀を行うためにも、事前に葬儀社を選んでおくことには大きなメリットがあります。
早めに相談しておくことで、いざというときに落ち着いて行動することができるでしょう。

よりよい葬儀を行うために考えておくべきポイント

葬儀を選ぶ際、考えておくべきポイントはいくつもあります。
どのポイントを重視するかは、個人の価値観によって変わります。譲れないポイント、譲歩できるポイント。ポイントごとに優先順位をつけましょう。

葬儀の内容や形式を考える(それぞれの想いや要望を汲み取る)

日本人の約9割が仏式の葬儀を行うといわれます。
しかし、仏式でも宗派によって内容や形式に違いがあるため、確認が必要です。菩提寺がある場合は必ずききましょう。ない場合は葬儀社に相談します。

仏式以外には神式やキリスト教式があります。
また、近年は宗教にとらわれない「自由葬」が増えています。故人の好きだった音楽で葬送する「音楽葬」など、故人の想いを汲み取ったオリジナルな葬儀は、事前の準備があってこそ心に残るものになるでしょう。

葬儀の規模を決める(親族や交友関係を考える)

どれほどの人に見送ってもらいたいのか、その規模によって、会場や予算が変わってきます。

そのため、どの範囲までに葬儀をお知らせするのかを考える必要があります。
社会的地位や本人の遺志を考慮に入れることが大切です。家族、親戚やごく親しい友人、遠い親戚や知人、仕事の関係者など、範囲を決めたら、おおよその人数を把握しておきます。

葬儀にかける予算を決める(家族や親族と話しあう)

葬儀にかかる費用は、行う規模、参列者の人数によって大きく変わってきます。

経済状況も考慮に入れ、無理のない予算を立てることが大事です。
少なくない費用がかかるので、家族や親族とよく話し合うことも必要です。急な出費でもあるため、事前に準備ができると安心です。

>> 葬儀の費用について詳しく知りたい方はこちら

葬儀を行う場所を考える(集まる人、ゆかりの地を考える)

住宅事情などから特に都市部では、自宅で葬儀を行うことは年々少なくなっています。多くは斎場(セレモニーホール)や寺院、地域の集会所などで行うことになるでしょう。

場所を決めるには、どれほどの人数が集まるか、葬儀の規模や予算を決めておく必要があります。
また、故人の思い入れのある場所で行いたいなどといった場合は、特に事前準備が必要です。

葬儀までのあいだ遺体を安置する場所を考える

現代では多くの方が病院で息を引き取ります。その場合、病院から搬送し、火葬までのあいだ遺体を安置しなければなりません。

一般的には、自宅に連れ帰り、家族と最後の時間を過ごします。しかし、住宅事情などから自宅に安置できない場合は、葬儀社や斎場の遺体安置所に搬送することになります。

葬儀社選びは最重要

以上のように、葬儀を選ぶときには考えておくべきポイントが多くあります。

理想の葬儀のかたちを具体化させるとき最も重要なのは、信頼できる葬儀社を選ぶことです。
せっかく希望を出したのにも関わらず、それを実現させるかは葬儀社に腕にかかっています。

短時間で数ある葬儀社から選ぶのは難しいものです。突然のことで、何もわからないまま病院の出入り業者を選んでしまうケースが少なくありません。
事前に葬儀社の特徴を調べておけば、納得のいく業者を選ぶことができます。複数の葬儀社から見積もりをもらい、じっくりと比較検討することもできます。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積もりを取る手順で、最大5社のお見積りを比較する事ができます。時間のない中で、スピーディに比較することが出来るので、無駄な出費が省け、一般葬の平均費用が19万円安くなることがわかっています。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください