葬儀費用がわかる 相場、仕組みなどをわかりやすく解説

このページでは

  • 「葬儀費用っていくらくらいかかるんだろう?」
  • 「葬儀費用の相場や平均費用ってどうなってるの?」
  • 「葬儀費用が払えない場合に助成金はあるの?相続税はかかるの?」

といったみなさんの疑問や悩み、心配を解消できるよう、葬儀の費用についてわかりやすく解説していきます。

全国の葬儀平均費用

全国の葬儀平均費用

日本消費者協会2014年調べ
葬儀一式費用と通夜からの飲食接待費の合計
※沖縄県のデータはありません。

上の図は「葬儀の全国平均費用、地域ごとの平均費用」をあらわしたものです。

2014年の日本消費者協会による調査では、葬儀の全国平均費用は「156.1万円」。地域別にみると、最も費用が高い地域は「関東A」(茨城・栃木・群馬・千葉)の200.5万円でした。一方、最も費用が低い地域は「中国」(鳥取・島根・岡山・広島・山口)の92.6万円となっています。なお、人口が最も多い「関東B」(埼玉・東京・神奈川)は152.7万円でした。

ただし、あとで詳しく述べますが、葬儀費用はどんな葬儀の種類を選ぶかによって大きく変わってきます。また、この調査自体、各地域の回答数が少ないため、あくまでも参考程度にしてください。

それでは、葬儀費用の仕組みや種類、支払い方を具体的に見ていきましょう。

葬儀費用を考えるとき、まず知っておきたい3つのこと

種類ごとの平均費用

[その1]どんな種類の葬儀を選ぶかで費用感が大きく変わる

上の図は「葬儀種類ごとの平均費用」をあらわした図です。図を見ると、どのような葬儀をするかによって平均費用が大きく変わることがわかります。

葬儀の種類は、参列者の規模と、お通夜、告別式、火葬のうちどれを行うかによって決まります。つまり、葬儀は「行う儀式の内容」と「呼ぶ人数」によって費用感が変わってきます。

>> それぞれの種類の葬儀費用の相場や仕組みを詳しく知りたい方はこちら。

[その2]葬儀費用は4つの項目にわけられる

葬儀の総額費用は4つの項目で決まります

葬儀費用は大きくわけて4つの項目にわけられます。「行う儀式の内容」と「呼ぶ人数」が変動すると、費用感が大きく変わるカギはこの仕組みにあります。

お通夜、告別式、火葬のどれを行うかは「施設にかかる費用」と「葬儀の施工にかかる費用」に大きく関わり、参列者の規模が大きくなると「参列者のおもてなしの費用」が人数に比例して大きくなります。

そのため、種類によって項目ごとに違いが出ることで費用感も変わるのです。

>> 葬儀費用の仕組みを詳しく知りたい方はこちら

[その3]葬儀全体の相場や平均費用は参考程度に  

葬儀の平均費用はあくまで参考に。ご遺族で話し合って決めましょう

このように、どの葬儀の種類を選ぶかによって相場や費用感は大きく変わってきます。費用を考えるときに平均費用は気になるところですが、葬儀の種類にかかわらず、それをひとつにまとめた平均費用という考え方は、参考程度と考えるのがいいでしょう。

大切なのは、どんな葬儀を、どのくらいの規模で行いたいのかを考えることです。本来、葬儀に標準や平均といったものはありません。亡くなった方やご遺族の想いをどう具体的なかたちにするのかが重要なのです。

とはいえ、どう具体的に考えればいいのかわからない部分も出てくるでしょう。そのときには、われわれ葬儀レビをはじめとする専門家への相談が役立ちます。また、具体的な内容や予算が決まっているのであれば、複数社に見積もりをとることで費用を抑えることもできます。

葬儀費用がわかるページ 記事一覧

「お葬式をあげるには、どのくらいのお金がかかるの?」、「葬儀費用の仕組みがよくわからない……」。葬儀費用に関する疑問や悩み、心配はこのページで解決。もしものときは突然やってきます。そんなときにあわててしまわないよう、知識をしっかり身につけましょう。

葬儀の種類ごとの費用相場や仕組み

葬儀の種類によって費用の考え方が大きく変わってきます。それぞれの葬儀の種類ごとの費用相場や仕組みについてみていきましょう。

葬儀費用の仕組み

葬儀費用を考えるうえで重要なのは、葬儀費用の仕組みを知ることです。トラブル防止のためにもきちんと理解することが大切です。

葬儀費用を安くする

葬儀費用を抑えたい方、安くしたいと考えている方、必見のお役立ち記事です。

葬儀費用の支払い方

葬儀費用の支払いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

葬儀費用と相続税

相続税の申告の際、葬儀費用は控除対象になります。こちらでは相続財産から控除できる葬儀費用について説明します。

葬儀費用のトラブル

葬儀にかかる費用は決して安いものではありません。そのため失敗しないようにしたいものです。葬儀のトラブルを、その傾向や事例をとおして回避方法を学びましょう。

 

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください