「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

葬儀費用の仕組み・内訳 トラブル防止に理解は重要!

国民生活センターの発表によると、全国の消費生活センターへの葬儀のサービスに関する相談が増えており、特に「高価格・料金」についての相談が多くなっています。

不透明な葬儀費用のため、トラブルが多発している表れでしょう。
トラブルを避けるためにも、葬儀費用の仕組み・内訳を知るのは大切なことです。

葬儀にかかる費用:4つの項目

葬儀費用の内訳

葬儀にかかる費用は「施設にかかる費用」「葬儀の施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」「宗教者へのお礼、心づけ」の4つの項目の総額です。

葬儀会場などへ支払う費用が「施設にかかる費用」、祭壇やお棺などの葬儀の儀式に必要な費用が「葬儀の施行にかかる費用」です。参列者に対する飲食費や返礼品の費用が「参列者のおもてなしの費用」、そして葬儀にお呼びした僧侶へのお布施などが「宗教者へのお礼、心づけ」にあたります。

「葬儀一式」の金額が葬儀にかかる費用の一部にしか過ぎないかも!?

たとえば、ある葬儀社のサイトに掲載されているプランの金額が「葬儀一式:○○円」と表記されていたとします。

この金額を見て、○○円を葬儀社に支払いさえすれば、葬儀ができると思うのはとても危険です。
なぜなら、葬儀社によっては、上の項目のうち「葬儀の施行にかかる費用」のみを「葬儀一式」の金額とする場合もあるのです。

そのため想定していなかった追加金額がかかってしまい、葬儀後にトラブルになることも多く起きています。

葬儀費用の仕組み・内訳を知る意味

このように葬儀社によっては葬儀のプランや見積りに書かれている金額が、最終的に支払わなければいけない金額ではない場合があるのです。

事前のお見積りや相談の際に、どの項目が含まれているのか、すべて含んだ金額はどれくらいになるのかを、常に確認することでトラブルを防ぐことができます。決して提示された金額が安いからといって、内訳の確認を怠らないようにしましょう。

それでは、それぞれの項目について、具体的にどのような内容が含まれているのか見てみましょう。葬儀社からの見積りに何が含まれているのか、何が含まれていないのか、また自分にとって必要ではないものが入っているのかなどを、より細かくチェックすることができます。

とはいえ内容が多すぎて、ひとりで判断するのが難しいとお考えの方もいらっしゃると思います。その場合は、葬儀レビの無料相談窓口に気軽にご相談ください。

葬儀レビ経由でご提示する金額は、すべて「施設にかかる費用」「葬儀の施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」を含んでいます。そのため、複数の葬儀社による一括見積りをご依頼いただいた場合も、それぞれの見積りをわかりやすく比較することができるので、葬儀レビの一括見積りサービスもあわせてご活用ください。

施設にかかる費用

「施設にかかる費用」とは、葬儀を行うにあたって必要な会場に支払う実費のことです。
どれほどの規模で葬儀を行うかによって大きく変動します。

安置料金

病院で亡くなった場合、まず考えなければならないのが、葬儀までのあいだ、遺体をどこに安置するかです。

自宅へ搬送して安置する場合には安置料金はかかりません。遺体を斎場や火葬場などの安置室で預かってもらう場合には葬儀社に依頼し、料金が発生します。現在は遺体安置専用の施設もあります。

場所にもよりますが、1日あたり1~3万円が平均です。

式場使用料

葬儀は、葬祭会館や斎場などの専門式場、寺院などの宗教施設、自宅などで行います。
式場を利用する場合には控室や待合室などの使用料がかかりますが、自宅で通夜、告別式を行う場合には式場使用料は不要です。

近年は「セレモニーホール」などと呼ばれる民間の斎場を利用することがほとんどです。参列者の人数や利便性に合わせて選ぶことができます。
寺院や教会などの宗教施設を利用する場合には、相場がないケースが多いので、相談が必要です。
また、地域によっては公営の斎場を利用できることもあります。民間に比べて安価ですが、その地域の住民であることなど利用制限が厳しい場合もあります。

平均的に民間のセレモニーホールは10~30万円、公営の斎場は数万円です。

火葬料

遺体の火葬にかかる費用は、どんな葬儀の形式を選んでも必要です。
火葬場によっては控室や待合室などの使用料が別途必要になります。

火葬料は民間の火葬場は5万円程度~となっています。公営の場合は、その火葬場が属する地域に住んでいるか、地域外に住んでいるかによって値段設定がかなり違うことが多いです。地域内の料金は無料~数万円程度です。

葬儀の施行にかかる費用

「葬儀の施行にかかる費用」とは、通夜、告別式を行うために必要な費用です。
祭壇やお棺には価格に大きな幅があり、どのような葬儀を行いたいかによって変動します。

祭壇の費用

通夜、告別式では、仏式と神式の場合、白木祭壇が昔から一般的に用いられてきました。白木祭壇の価格は大きさや材質、彫刻などのデザインによって大きく変わってきます。
キリスト教式の場合は教会などによって異なります。

近年、白木祭壇よりも人気なのが生花祭壇です。宗旨を問わずに利用することができます。また白木祭壇は基本的に使いまわしとなるので、使いまわしできないからという理由で、生花祭壇を選ぶ方もいらっしゃいます。白木祭壇は使われる花の量や、花の種類(質)によって価格に幅がでてきます。

また、遺体や遺骨を安置する際に、枕飾り祭壇、後飾り祭壇が必要です。御供物、水引幕などの祭壇まわりのもの、仏式の葬儀であれば白木位牌も必要になってきます。

白木祭壇は20~100万円、生花祭壇は飾られる花の種類にもよりますが、白木祭壇の2~3割増になります。

お棺(棺桶)の費用

遺体を入れるお棺にはさまざまな種類があります。
お棺の費用は材質と大きさによって変わります。

木製のお棺は、素材や施される彫刻によって格安なものから高級なものまで種類が豊富です。
布張のお棺は、基本的に費用はかかりませんが、刺繍を施した高級なものもあります。
また最近ではエコ棺と呼ばれる段ボール製の棺や、簡単に組み立てることのできる保管場所に困らない組立式の棺も登場しています。

棺のサイズは6尺(約180cm)が一般的なサイズといわれ、そのほかに6.25尺(約190cm)、6.5尺(約195cm)の棺があります。それ以上のサイズになると特注品となることが多いです。また、子ども用のサイズもあります。
遺体は足のつま先が伸びて背伸びをした状態になるため、棺を選ぶ際は身長より10~15cm大きいものを選ぶことになります。

一般的なお棺は5~30万円、高級なものは数百万円になるものもあります。

遺影写真に関する費用

生前に用意されていない場合は、スナップ写真などから引き伸ばし、背景などに加工を施します。また、額装の費用がかかります。

ドライアイスの費用

遺体の保存処置に使用します。
お亡くなりになってから葬儀まで数日かかることがあるので、日数分が必要となります。

ドライアイスは1日あたり1万円程度です。

車両費

病院から安置場所への搬送や安置場所から式場への搬送のための寝台車、火葬場までの搬送のための霊柩車が必要です。走行距離や車のランクによって価格は異なります。
また、火葬場まで距離がある場合には参列者のために送迎用バスも手配します。

骨壷・骨箱の費用

火葬後、遺骨は骨壷に収めます。陶器製、木製、石製、ガラス製などさまざまな素材があり、デザインやサイズによっても価格が異なります。
また、骨壺を入れる桐箱も必要です。

火葬の際、東京都の大部分の火葬場など、火葬場が指定する骨壺しか持ち込めない場合もありますので、ご注意ください。

一般的な陶器の骨壺は1万円前後します。

看板・テント類の費用

参列者を式場に案内するための看板や、式場入口に据え付ける故人名の看板を立てます。また、式場に参列者のためのスペースが充分にない場合にはテントを設営することがあります。
冬場にはストーブなどもあったほうがよいでしょう。

受付セット

受付に必要な芳名帳、筆記用具、香典受、名刺受などの備品が必要です。
受け取った香典を入れておく貴重品袋もあったほうがよいでしょう。

焼香具セット

線香、蝋燭など焼香に必要な一式をそろえます。

人件費

司会進行係や、参列者が多い場合には会場での交通整理などが必要になるため、運営スタッフが必要となります。

その他

故人に死装束を着せたり、化粧を施したりする納棺師を呼ぶ場合には費用がかかります。

また、遺体を消毒して保存処理をするエンバーミング、湯灌を希望する場合にも別途費用が発生します。ただし、これらは納棺師が行う場合もあります。

参列者のおもてなしの費用

「参列者のおもてなしの費用」とは、葬儀に参列した方に対する接待費用のことです。
会葬礼状、返礼品、そして飲食費からなります。

参列者の人数、料理や品物のランクによって料金は大きく変動します。

会葬礼状

参列者への礼状です。
もともとは葬儀後に出すものでしたが、現在では通夜・告別式の際に手渡すのが一般的です。

返礼品

会葬のお礼として、香典とはかかわりなく一律に渡す粗品です。「会葬御礼」ともいいます。
香典返しとは異なります(香典返しは香典の金額に見合う品を贈るのが一般的)。

現在では通夜、告別式の際に会葬礼状と一緒に手渡す「即日返し」がほとんどです。
即日返しの返礼品は1~3千円が目安です。

飲食費

通夜のあとに「通夜ぶるまい」、告別式のあとに「精進おとし」(本来は四十九日など忌明け法要のあとに行われるが、現在では火葬後や告別式後に会食の席を設けるケースが多い)を行います。

参列者の人数や料理のランクによって大きく変動します。また、火葬場の待合室での茶菓子なども必要です。

1食あたり2~5千円が目安です。 

宗教者へのお礼、心づけ

「宗教者へのお礼、心づけ」は、あくまでも謝礼になります。葬儀社への支払いには基本的に含まれません。
自分で手配するものですが、誰に渡せばよいかわからない場合などは葬儀社に相談するとよいでしょう。

お布施

お布施とは、俗に「読経料」「戒名料」と呼ばれるものですが、本来は読経や戒名をいただいた謝礼として僧侶に渡すもの、あるいは本尊へ供えるものです。したがって、定価はありません。宗派や地域、寺との関係性によっても異なるので、金額を直接、尋ねても失礼にはあたりません。

神式では「ご神饌料」、キリスト教式では「献金」となります。

>> 宗教者へのお礼について詳しく知りたい方はこちら

心づけ

葬儀社の担当者や霊柩車の運転手などに渡す、いわゆる「チップ」です。
本来は故人を大切に扱ってくれたことへの感謝の気持ちを表すもので、金額はお世話になった度合いや関係性によって異なります。

なお、火葬場などの公営施設の職員は公務員扱いのため、心づけは禁止されています。

3000円~1万円を目安に渡すのがいいでしょう。

>> 葬儀の種類ごとの費用について詳しく知りたい方は

葬儀の費用でお悩み、お困りの方葬儀レビにおまかせください!
葬儀レビなら葬儀の費用についてのどんなお悩みも承ります。専門スタッフが親身に対応いたします
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください