「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

いつ払う?どうやって払う?葬儀費用の支払い方

葬儀全体にかかる費用は、日本消費者協会による調査結果では、156.1万円(全国平均)とあります。 それは、だれが、だれに、いつ、どのように、支払うものでしょうか?

葬儀費用はそれほどまでに高額でありながら、どう扱えばいいのかを学ぶ機会は多くありません。
ここでは、そんな高額な葬儀費用を支払う際に知っておきたい、「支払いにはどんな方法があるのか」「葬儀費用はだれがいつのタイミングに支払うのか」ということをご案内しましょう。

葬儀費用の支払い方法の種類

葬儀での出入金を考える際に、参列者からの香典を入金額として思い浮かべる方も多いでしょう。
香典の総額には差があり一概にはいえませんが、それで葬儀費用を賄えるとは考えないほうがいいでしょう。

葬儀費用は、葬儀の前後で全額支払うのが一般的です。156.1万円(全国平均)ともいわれる葬儀費用のために、まとまった金額を支払えるようにしなければなりません。お墓がない場合には葬儀費用のほかにお墓の費用もかかります。

しかし現在では多くの葬儀社で、現金一括払いのほかに、クレジットカード払いやローン(分割払い)の利用が可能です。葬儀社の支払いにクレジットカードを利用する場合でも、基本的には僧侶への支払いには現金が必要となります。

以下で葬儀社への支払い方法について、説明します。

現金振込み

葬儀費用の支払いは、現金一括の銀行振り込みか手渡しが一般的です。現金払い以外の方法を認めていない葬儀社もあるので、申し込み前に確認をしましょう。

まとまった現金をすぐに準備できるのであれば、現金払いはわかりやすく明確です。
しかし、葬儀社の支払い以外に必要となってくる費用が、けっこうあるものです。法要や墓の費用、病院への支払い、故人の荷物の整理、相続にまつわることなど、想定外の費用が発生する可能性もあると考慮のうえ選択しましょう。

現金手渡しで支払う際、特別な封筒などへ入れておく必要はありません。銀行の備え付けのものでかまいません。

クレジットカード

葬儀費用をクレジットカードで支払うことができる葬儀社も増えてきました。
通常のお買いものと同様に、クレジットカードを通して、一括払い、ボーナス払い、分割払いを選択できるほか、クレジットカードの利用ポイントを得られる点がメリットです。
大きな支払い額であり、分割払いにはそれなりの利息が発生することも理解して選択しましょう。

葬儀費用がクレジットカードの利用限度枠を超える場合、「利用限度枠の一時引き上げ」サービスが利用できることも多いので各クレジットカード会社に確認してみましょう。

ローン

現金一括の支払いが難しい、クレジットカードを持っていない・使えないという場合には、葬儀社とオリコなどの信販会社が提携して提供している「葬儀ローン」を利用するという手段もあります。
ローンの審査がありますが、多くは即日審査も可能なので、検討するとよいでしょう。

たとえば、「オリコWEBクレジット」の分割払いは、「1回・6回・12回・18回・24回・36回」に分割回数が選べます。当然ながら利息が発生しますので、返済計画を考えたうえで利用しましょう。

コンビニエンスストア

最近ではコンビニ決済にも対応している葬儀社も出てきています。

インターネットでも申し込むことができる「シンプルなお葬式」は、30万円までの葬儀プランに対し、コンビニ後払いが可能です。

請求書到着後、一定期間の支払い猶予期間(通常1~2週間程度)があるため、時間的余裕を持ってお金の準備ができる。
全国のコンビニで、夜間や休日など日時を問わず手軽に支払うことができる。以上のようなメリットがコンビニ決済にはあります。

葬儀費用を支払う一般的なタイミング

一般的に葬儀費用は、喪主が、葬儀社に、葬儀終了後に支払いをします。
葬儀費用の支払期限は、葬儀社によっても異なりますが、多くは「葬儀終了後1週間以内」となっています。なかには、葬儀を依頼するときに前金として半金を支払うケースもあるようです。
葬儀社やプランによっては、葬儀終了後即日が期限となっている場合もあり、契約する際に注意して確認しましょう。

高額な費用をすぐに工面するのは大変だと葬儀社も理解しています。
事前の相談次第でありますが、支払いを少し待ってもらえることもあります。
身近な人を失い平常心でいられないタイミングではありますが、身の丈に合った葬儀費用額となるか、支払いはどのようにしていくか、冷静に考えなくてはなりません。

経済的な理由でどうしても葬儀費用が支払えない場合

お葬式は出してあげたいけれど、経済的な理由で葬儀費用を出すことができない場合、生活保護葬とも呼ばれる、葬祭扶助制度を利用した葬儀をあげる方法もあります。

葬祭扶助は、生活保護法に基づき支給されます。そのため、扶助を受けることができる条件を満たしている必要があります。

詳しくは「生活保護葬 どうしても費用が払えない人のための葬祭扶助制度」の記事をご覧ください。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください