「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

【葬儀費用】宗教者へのお礼(お布施、ご神饌料、献金)の相場、渡し方

葬儀社の葬儀プランにある葬儀費用には多くの場合で含まれていないためわかりにくく、葬儀にまつわる悩みのひとつとしてあげられるのが、「お布施」でしょう。
相場はもちろん、どのように渡したらいいのか、慣れていないだけに、迷うことばかりです。

葬儀は宗教儀式であり、儀式を執り行う宗教者にお礼が必要となります。
宗教者へのお礼は、仏教では「お布施」、神道では「ご神饌料」、キリスト教では「献金」と、宗教によって呼び方も異なります。
ここでは、日本の葬儀の9割を占める仏教でのお礼「お布施」を中心に学んでいきましょう。

宗教者のお礼とは

宗教者へのお礼は、基本的に、葬儀社のプランには含まれません。すなわち葬儀社に支払うものではなく、葬儀社で利用できるクレジットカード払いやローンとは別に、現金を用意しなくてはなりません。

地域社会に密接に暮らしてきた時代には、菩提寺とのお付き合いも日ごろからあり、どのように葬儀を行いお布施をお支払いするかなどの風習も、地域や家族で受け継がれてきました。
しかし核家族化が進んだ現在では、菩提寺がわからない方も増え、だれに教えてもらえばいいか困る方も多いでしょう。

お布施は、本来金額は決まっておらず、いくらでも構わないものです。故人の成仏を祈り、法要や仏様の教えへの感謝を込めて、僧侶・お坊さんを通して御本尊に供えるのが、お布施です。
だからこそ、相場を理解してお渡ししたいところでもあります。

お布施の平均相場

全国のお布施(葬儀、戒名)平均額

上の図は2014年に日本消費者協会が実施したアンケートに基づく「全国のお布施平均額」をあらわしたものです。お布施の全国平均は44万6千円となっていますが、これは法要のお礼の「お布施」と「戒名料」を足した金額です。

ただし、お布施の目安は地域、宗派によって異なります。お布施の目安を、直接僧侶・お坊さんにきいてみるのも、それほど失礼なことではありません。なにより相場がわからず困っているのは理解くださるでしょう。
「みなさんはおいくらぐらいお布施を包まれていますか?」と聞いてみましょう。明確なお答えをいただける場合もいただけない場合もあるとは思います。

菩提寺がなく葬儀社が寺を紹介してくれたときなどは、葬儀社に相談するといいでしょう。地域の葬儀に多く関わっていますので、最近の状況をよく知っているはずです。

葬儀にかかるお布施

一般的な仏教の葬儀をあげる際多くは、僧侶・お坊さんに斎場や自宅に2日間来てもらい、通夜、葬儀・告別式、繰り上げ初七日法要までの法要をお願いすることとなります。
1名の僧侶もしくはお坊さんに通夜・告別式と2日間にわたった法要を依頼する場合、関東圏では20~35万円、関西圏では20万円前後といったところでお布施を包むことが多いようです。

「戒名料」という言葉を聞くこともあるでしょうが、「戒名料」と法要を執り行ってもらったお礼としての「お布施」は別に考えましょう。

戒名にかかるお布施

それでは「戒名料」の相場は、いくらぐらいになるものでしょうか。
葬儀でのお布施の全国平均44万6千円から法要のお礼としてのお布施相場額を引くと、およそ20万円と考えられます。

しかしながら、戒名料は法要のお礼のお布施以上に、金額を考えるのが難しいといえるでしょう。

戒名には階級があり、「信士・信女」が一般的で最も多くの人が授かる戒名です。それより上は「居士・大姉」、「院居士・院大姉」、そのほか各宗派で異なった戒名があります。

戒名料次第で階級が変わると思われがちですが、本来、仏教徒としてどのように修行をして生きてきたかを表すものであり、一概に相場を出すことは難しいのです。

普段檀家としてお付き合いをしていない場合、「信士・信女」で15~30万円程度、「居士・大姉」で30~50万円程度、「院居士・院大姉」で100万円程度が一般的な相場のようです。

法事・法要にかかるお布施

通夜・葬儀が終わっても、法事や法要があります。どこまで法事を行うかは家庭により異なりますが、法事・法要の際にはその度ごとにお布施を準備しましょう。
初盆、お彼岸、四十九日目、納骨法要、1年目(一周忌)、2年目(三回忌)、6年目(七回忌)、12年目(十三回忌)までは法事を設ける家庭が多いでしょう。

毎月の祥月命日法要を行う場合は5千~1万円程度、四十九日法要や一周忌など重要とされている法事法要のお布施は3~5万円程度が相場となるでしょう。
お寺に伺うのではなく、自宅などに来ていただく場合は、お布施とは別にお車代を渡すこともあります。

定額サービスの紹介

「お布施」の額をどう思われるかなど僧侶・お坊さんとの付き合い方に不安を感じる方には、必要なときにだけ僧侶もしくはお坊さんを定額で手配してもらえるサービスもあります。

定額サービスでお布施の額に悩まなくて済むのはもちろん、「忙しく毎月の祥月命日法要をする余裕なんてないのに、お寺との付き合いでせざるを得ない」などというようなこともなく、必要と思えるときにのみ気軽にお願いできます。

「お坊さん便」では、新盆や四十九日法要、一周忌などの年忌法要は、税込定額が4万5千円です。これまで近隣のお寺とお付き合いがなくても、心のこもった法事が可能となりました。菩提寺など寺にお墓がすでにある方はトラブルを避けるために、お寺の事前許可をもらってから利用しましょう。

お布施の包み方、渡し方

葬儀や法事のお布施をお渡しするには、白い封筒と小さなお盆、もしくはふくさを準備しましょう。
白い封筒は、郵便番号欄や水引のない、市販の白い無地のものを用います。紙が二重になった封筒は「不幸ごとが重なる」といわれますので避けましょう。

封筒には表書きを書きます。香典の表書きには薄墨の筆を用いますが、お布施など宗教者へ包む場合には表書きに薄墨は使いません。通常の黒い筆ペンを使いましょう。

入れる現金は、葬儀の際は古札、一回忌など予定がわかっている法要では新札を準備するとよいでしょう。いずれの場合もお札の向きは揃えておきます。

お布施の表書き

上半分に、表書きを書きます。
仏教では、「お布施」「御礼」「読経料」「御回向料」などと書きます。神道では「御祭祀料」「御礼」「御神饌料」「御榊料」、キリスト教では「献金」「御礼」などと記載します。

下半分には喪主のフルネーム、もしくは「〇〇家」と書きます。初めてお付き合いする僧侶・お坊さんの場合は、裏に住所・電話番号を記入します。
表書きに〇〇家と書いた場合は裏面にフルネームも必要です。金額は裏面にも記入しません。

お布施の渡し方、タイミング

僧侶・お坊さんへのお布施は、読経終了後、もしくは僧侶・お坊さんが法要後の会食に同席される場合には会食の後に、挨拶やお礼を述べてから、渡しましょう。
お布施は直接手渡すのではなく、切手盆と呼ばれる小さなお盆にのせるか、ふくさの上に置いて渡します。渡す際は、宗教者から見て、表書きが正面になるようにしましょう。

お布施の包み方

自宅ではなくお盆を準備できない場合はふくさに乗せて渡しますが、その際は事前に封筒をふくさで包んでおきましょう。

僧侶・お坊さんにお布施をお渡しするときにふくさから封筒を取り出し、ふくさをたたみ、ふくさの上に封筒を載せて差し出します。

紫色のふくさを1つ用意しておけば、慶弔どちらにも使えます。最近は、ケースタイプのふくさが主流で、折って包む必要がありません。簡易ではありますが、すぐに封筒を取り出せる、また、その形のままお布施の封筒を載せられるという使い勝手の良さが特長です。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください