「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀費用に関する公的な補助金 給付金制度

ある一定の条件を満たすと、国や行政機関から葬儀に関する費用を負担してもらえる制度があります。その制度を「給付金制度」といいます。

給付金制度が適用される条件、給付金の種類について解説します。

給付金制度とは

故人が国民健康保険、後期高齢者医療制度、国民健康保険以外の医療保険(健康保険組合、全国健康保険協会、共済協会などの健康保険)に加入した場合に給付される制度です。

申請に不備がなければ、2~3週間程度で申請者の銀行口座に振り込まれます。

申請しなければ支給されないので、忘れないように申請しましょう。

>> 葬儀が終わってから必要な手続き一覧はこちら

給付金の種類

故人が国民健康保険もしくは後期高齢者医療制度に加入していたときは葬祭費が給付されます。

故人が国民健康保険以外の医療保険に加入していたときは、受け取る方によって給付内容は変わります。

  • 被扶養者または被保険者が給付を受ける場合は埋葬料が給付されます
  • 埋葬料の申請ができる人がいない場合は、実際の葬儀施行者に埋葬費が給付されます

葬祭費

葬祭費給付金制度とは、被保険者が死亡したとき葬儀を行った方に対して、費用が支給される制度のことです。
国民健康保険加入者の被扶養者は、被保険者が亡くなったとき保険証の返却・変更の手続きを行います。
その際に葬祭を行った方を対象に葬祭費の受給が受けられます。

申請期限 故人の死亡日から2年以内
支給金額  1万円~7万円(自治体によって異なる)
(東京都新宿区の支給金額は7万円、大阪府大阪市の支給金額は5万円)

埋葬料

埋葬料給付金制度とは、被保険者本人またはその被扶養者が死亡した場合に、被扶養者など(被保険者本人が死亡した場合)や被保険者(被扶養者が死亡した場合)に支給されるものをいいます。

申請期限 故人の死亡日から2年以内
支給金額 5万円

埋葬費

埋葬費給付金制度とは、被保険者本人が死亡した場合で、被扶養者など埋葬料の申請ができる人(埋葬料支給の対象者)がいないとき、実際に埋葬を行った人に支給される埋葬にかかった費用をいいます。

申請期限 故人の死亡日から2年以内
支給金額 5万円
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください