「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

神式葬儀の費用を考えるために知っておきたいこと

神道は日本古来の民俗信仰と自然信仰に基づいたものです。
神式の葬儀の費用を考えるために知っておきたい、神式ならではの葬儀の特徴や葬儀に必要なもの、費用感のイメージ、さらには安心して任せることができる葬儀社の選び方について、株式会社ゆいまーるの竹林さんに伺いました。

>> 神式葬儀の流れを知りたい方はこちら

(写真提供:株式会社ゆいまーる)

神官によって式内容は変わってくる

――神式の葬儀はよく行われているのでしょうか。

現在は仏式や無宗教の葬儀が大半で、神式の葬儀自体はものすごく少ないんです。われわれの会社だと1年に数回あるかないかです。

神式の葬儀を希望されるのは、もともと神道を信仰されていて、先祖代々お葬式を神式で執り行っているという方や、信仰はしていないけれども、故人が生前、神社によく行かれてお祈りしていたから、家にある神棚を拝まれていたからといって選ばれる方もいらっしゃいます。

――神式の葬儀はどのような特徴がありますか。

神式の葬儀の特徴は、仏式の葬儀とは大きく違います。式の進行はもちろんのこと、祭壇やご用意する道具もまったく違ったものになります。

通夜祭、葬場祭は入場後の修祓(しゅうばつ)の儀からはじまり、いくつもの儀式が執り行われます。ひとつひとつの儀式にある程度の時間を要するため、全体としてものすごく時間がかかるんですね。
仏式の葬儀の場合は、参列者が多いので、本当はお焼香の時間じゃないけれども、お急ぎの方は先にお焼香を済ますことができるのですが、玉串奉奠(たまぐしほうてん)の場合はこのタイミングで行わなければいけないということがきっちり決まっています。ですので時間の都合で、途中で退席しなければいけない方は、玉串奉奠ができないまま、ご挨拶だけしてお帰りになることもありえます。

――場所はどこでもできますか。

場所ですが、斎場やご自宅で行うことができます。ただし神社では一般的に行うことができません。神社では悼みごとの儀式ができないという理由からです。

また、神官さまによって儀式についての考えはそれぞれで、お葬式ですべての儀式を行うという方や、主な儀式だけをお残しになって進行する神官さまもいらっしゃるので、どういう考えの神官さまがお勤めになるかで、式の内容は変わってきます。ちなみに神官さまの許可がおりれば一日葬も可能です。

シンプルな白木祭壇にお供えものを祀る

――どのような祭壇が使われるのでしょうか。

神式の葬儀で使われる祭壇は、神式祭壇と呼ばれるもので、装飾がほとんど施されていないシンプルな白木の祭壇になります。仏式の白木祭壇とは全然別のものです。
最近では生花祭壇でやりたいという方もいらっしゃいます。神官さまの許可が下りれば、生花祭壇でもお葬式をあげることは可能になってきました。これは仏式の葬儀で使われる生花祭壇と同じものです。

また、海のもの、山のものの食材をお供えものとして祭壇に祀ります。代表的なお供えものは、鯛、昆布などの乾物。くだもの、お野菜、生卵やおもちなどです。そのほかにお神酒やお米、お塩などを必ず用意しなければいけません。

――ほかにどのようなものを用意する必要がありますか。

玉串奉奠のときに使用する玉串や、神官さまが儀式の際にお使いになる大幣(おおぬさ)も用意する必要がなります。

葬儀のあいだに流す雅楽は、本来は雅楽の演奏者を呼び、実際に演奏してもらっていたのですが、最近ではCDを用意し、それを流すこともあります。

葬儀に必要なものが多いため、ある程度費用はかかる

――神式の葬儀では費用感はどうなりますか。

用意しなければいけないものも多いので、仏式の一般的な葬儀に比べて、ある程度費用はかかるイメージは持たれた方がいいと思います。先祖代々お付き合いされている神官さまがいらっしゃって、その方のお考えが、きちんとした祭壇やお供えものを全部用意し、雅楽も生で演奏しなければいけないということになると、どうしても費用がかかってしまいますね。

ちなみに、お供えものの内容も神官さまによっていろいろな考え方があります。
先ほどあげた一般的なものを用意してほしいという神官さまがいらっしゃれば、故人が好きなものをお供えすればいいんですよとおっしゃる神官さまもいらっしゃいます。サンプルのおもちを用意したり、高価な鯛ではなく、鮎やマスといった魚でも大丈夫という神官さんもいらっしゃいます。
ですので、われわれはお式の前に必ず連絡をとって、お供え物に関して、必ず確認させていただいております。

――費用を抑えるためにできることはありますか。

祭壇は一番小さいものにして、お供えものも最低限のものだけでいいということであれば、費用は抑えることはできるのですが、式を取り仕切る神官さま次第ということになります。

また、玉串の量も費用のポイントになります。基本的に玉串は参列者分を用意する必要があります。ただどうしても費用を抑えたいという場合は、一度奉奠された玉串はお祓いすることで、新たに使うことができますので、用意する数を抑えるということも可能です。

神官とのコミュニケーションが重要

――神官さまがどのようなお考えを持ってらっしゃるかが重要なんですね。

はい。ですので、どういうかたちの葬儀にするかを、神官さまに確認し、許可を必ず取るということが大きなポイントになります。
たとえば生花祭壇を希望していた方が、神官さまの許可なくすすめたところ、神官さまが「生花祭壇なんてとんでもない」とおっしゃられた。また話が振り出しに戻ってしまい、余計な費用もかかってしまったというトラブルもあったそうです。

ですので、われわれも神式の葬儀を希望されている方にまず伺うのは、先祖代々からの氏神さまがいらっしゃるのか。いらっしゃる場合はそこの神官さまに斎主をお願いするのかということです。

――最初の段階でそういう話がでないのは危ない葬儀社さんですよね。

そうですね。その方をお呼びしますか? とまず確認してから、具体的な話を進めるというのがすごく大事になってきますね。ちゃんとした葬儀社かどうかを見極めるポイントになりますね。

――神官さまとのやり取りで気をつけなければいけないのはどのようなことでしょう。

氏神さまがいらっしゃる場合は、まずはじめにご遺族が電話をしてご予定をきいたほうがいいでしょう。
いきなり葬儀社が葬儀社の立場で連絡してしまった場合に、気分を害される神官さまもいらっしゃるので、きちんと筋道を立ててご連絡していただくよう、われわれはお客さまに必ずお話しするようにいたします。勝手に葬儀社が話を進めてしまったがために、ご遺族と神官さまとのあいだで溝ができてしまい、やりづらくなってしまったということもありますので。

それ以降の具体的な話は葬儀社に任せていただいて大丈夫です。また、特定の氏神さまがいらっしゃらない場合は葬儀社で紹介することもできます。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください