「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

【葬儀費用】直葬/火葬式の費用がわかる 相場、仕組みなどをわかりやすく解説

近年、直葬や火葬式と呼ばれる親しい身内のみの葬儀の形式が増えています。通夜や告別式といった儀式を行わず、ごく近しい身内の方だけで火葬だけを行う葬儀を「直葬」または「火葬式」と呼びます。基本的に読経も行いませんが、火葬時に僧侶を呼んで読経してもらうこともできます。

今回はこの直葬や火葬式にスポットを当てて、その相場や仕組みなどを解説していきます。直葬や火葬式の全体像が分かりますので、理解を深めたい方はぜひ最後までご覧ください。

直葬/火葬式とは

直葬とは通常は葬儀で行われるお通夜や告別式を省き、親族などのごく親しい少人数で火葬のみを行う葬儀の形式を指します。近年は従来の葬儀の形に拘らない人が増えたため、このような葬儀形式が確立されました。

小規模で従来に比べて短時間で行えるために、現代人の価値観や生活に合った葬儀ともいえます。また、直葬はこのような比較的新しい葬儀形式の為に、従来のものとは流れが違う部分もあります。

最初にここを理解していないと、いざという時に困ってしまうことになるので注意が必要です。そのため、直葬の流れについてまずは解説します。

一般的な葬儀と直葬の一番の違い

前述の通り、お通夜と告別式の扱いにあります。一般的な葬儀ではお通夜と告別式を行ってから、出棺をして火葬しますが、直葬の場合はお通夜と告別式を省き、納棺から直接に出棺、そして火葬の流れとなります。この流れを最初から最後まで詳しく説明すると、まずはご臨終されてから葬儀社などに連絡してご遺体のお迎えに来てもらいます。

その後、逝去から24時間は火葬できない決まりになっているため、葬儀社の安置場所や可能なら自宅で安置します。この時に葬儀担当者と火葬場所など今後のことを打合せしておきましょう。

逝去後24時間が経過したら納棺と出棺になります。故人を棺に納め、花などと一緒に好きだったものなどを入れてあげます。又、この時間が故人とのお別れの時間となります。

納棺が終わったら火葬場へ出棺し火葬を行います。この時は僧侶を読んで、火葬場でお経を読んで貰うことも出来ます。火葬は通常一時間程度で終了し、最後に遺骨を骨壷に納める骨上げを行い、葬儀の方も終わりとなります。この一連の流れが直葬の基本的な流れです。

全体の流れを見て頂ければ分かりますが、通常の葬儀と比べても色々な意味で負担の少ないものとなっています。ただ、しっかりと考えたうえで行わないと、告別式やお通夜も開けば良かったなどと後悔することも考えられます。本当に自分たちは直葬で良いのか、あとで後悔しないのかなどを熟考したうえで、家族みんなで決めることが大切なのです。 

直葬/火葬式の相場(全国平均費用)

>> ほかの種類の費用相場について知りたい方はこちらへ
一般葬 家族葬 一日葬

葬儀レビの直葬/火葬式の全国平均費用は「190,167円」です。火葬のみを執り行うので、一般葬(平均費用90.3万円)、家族葬(平均費用57.9万円)、一日葬(平均費用44.8万円)のなかでもっとも費用がかかりません。

最も多い金額帯は10万円台で、10~20万円台の葬儀がほとんどと金額帯の幅が狭くなっています。

直葬/火葬式の葬儀費用の仕組み

葬儀費用の内訳

葬儀費用は大きく分けて4つの項目、「施設にかかる費用」、「葬儀の施行にかかる費用」、「参列者のおもてなしの費用」、「宗教者へのお礼、心づけ」の合計金額になります。

>> 葬儀費用の仕組みを詳しくしりたい方はこちら

直葬/火葬式の施設にかかる費用

主に葬儀を行う会場に支払うのが「施設にかかる費用」ですが、どちらも行わないため、式場利用料はかかりません。火葬料のみが必要です。また、遺体安置施設を利用する場合には費用が発生します。

>> 施設にかかる費用について詳しく知りたい方はこちら

直葬/火葬式の施行にかかる費用

通夜・告別式を行うために必要なのが「葬儀の施行にかかる費用」ですが、どちらも行わないため、ほとんどかかりません。最低限必要なのはお棺や骨壷・骨箱などです。

>> 葬儀の施行にかかる費用について詳しく知りたい方はこちら

直葬/火葬式の参列者のおもてなしの費用

会葬礼状、返礼品、そして飲食接待費が「参列者のおもてなしの費用」ですが、儀式を行わず、身内のみが参列するため、ほとんどかからないと考えてよいでしょう。

>> 参列者へのおもてなし費用について詳しく知りたい方はこちら

直葬/火葬式の宗教者へのお礼

宗教的儀式を行わない場合は、お布施などの宗教者のお礼はかかりません。ただし、火葬時に僧侶を呼んで読経を希望する場合にはお布施が必要となります。

>> 宗教者へのお礼、心づけについて詳しく知りたい方はこちら

直葬/火葬式だと費用が抑えられるの?

直葬の全体的な流れが分かったところで、次に気になるのがその費用ではないでしょうか。費用と一言でいっても地域によって違ってきますし、近年では葬儀の後に散骨をする人も多くなっています。

そのため、ここでは地域別の直葬費用と散骨費用、直葬をする際の注意点を合わせて紹介していきます。まずは、散骨費用の解説です。ご存知の方も多いでしょうが散骨は納骨の代わりに、文字通り骨を特定の場所に撒いたりする方法になります。

気になる直葬後の散骨の費用ですが、その種類によっても変わります。樹木葬と呼ばれる特定の樹木と共に散骨する方法では、10万円から80万円が相場です。

一方、海洋散骨による方法では、遺族のみの個別で散骨する場合には20万から30万円、複数の遺族が合同でする散骨の場合は10万円前後、遺族が立ち会わないで会社に全てを委託する散骨が5万円前後となっています。更に近年行われているのが宇宙空間に飛ばして散骨する方法で、こちらは20万から50万円が相場となっているようです。

直葬をする際の注意点

こちらは通常の葬儀と流れが違うからこそ覚えておいた方がいい部分です。代表的なものとしては、直接火葬場へ行くために、僧侶を呼ぶ必要があるかどうかを迷う人がいます。結論からいうと呼んで貰って問題ありません。呼ばないで済ませることも出来ますが、僧侶の方を呼ぶことで、相談すれば戒名を付けてもらうことも出来るからです。

また、香典の扱いもどうすれば良いか疑問に持つ人がいますが、これは受け取っても辞退してもどちらでも構いません。大切なのはどちらにしろ、参加者の方にしっかりと意志表示をして考えを理解してもらうことです。尚、直葬は通常の葬儀社でも相談すれば行ってもらえるので、その旨を最初にしっかりと伝えるようにしましょう。

最後に、地域別の直葬費用になりますが、東京都の場合は10万から20万円、京都市や札幌市が5万から15万円、神戸市が5万から20万円、福岡市が10万から30万円が相場となっています。この相場を見ると東京都と福岡市が平均して高いことが分かります。一つのデータとして参考にしてみると良いでしょう。 

直葬/火葬式にかかる追加費用

直葬を行う中で注意しなければいけないのが、思わぬ追加費用の発生です。事前に確認しておかないと、予想以上の費用がかかってしまう場合もあります。そこで、費用を少しでも安く抑える方法と注意点についてお伝えしていきます。

まず、前提条件として、東京などの物価の高い地域は火葬料も同様に高いということを覚えておく必要があります。火葬料は直葬の費用でも大きな割合を占めるため、必然的に葬儀の費用も上がります。

東京23区内の火葬料を例にあげると、9つある火葬場のうち民間企業運営のものが7つで、公営の火葬場のものが2つしかないために、火葬費用の平均が高くなっています。公営も他の地域と比べると、高めの値段設定なのも平均価格を押し上げる原因です。

では、どのようにしたらその費用を抑えることが出来るのでしょうか。一つの方法は料金が無料の火葬場を選ぶというやり方です。東京でも23区外なら例えば、八王子市には市民であれば無料で使える火葬場があります。そのような火葬場が近くにないか探してみるのです。無料は難しくても、相場より安い場所なら少し探せば見つかる可能性が高いです。

次に、葬儀社そのものへの実費費用を抑えるという方法です。実費費用とは具体的に霊柩車や斎場代などを指しますが、これらは曖昧になっていることも多く、後から追加費用として加算されることも少なくありません。そんため、事前に葬儀会社にしっかりと確認を行い、思わぬ金額を請求されないようにしましょう。

これらに加えて、直葬を葬儀会社に頼む場合に注意する点があります。まず、矛盾するようですが、金額だけで安易に葬儀会社を選ばないようにするということです。安くて質も高くてしっかりしていれば最高ですが、中には粗雑な葬儀会社も混じっています。

金額と共にサービス内容や従業員の質も確認することが大切です。また、これも同じく葬儀社の質に関係してきますが、遺体安置所がしっかりしているかも確認しておくと良いでしょう。最後は親族みんなの意見を出し合い、菩提寺がある場合には、お寺の僧侶にも忘れずに相談しておくことが大切です。 

直葬/火葬式の葬儀費用のまとめ

基本的に、直葬/火葬式は、宗教的儀式を行わず、火葬のみを行うものであるため、最低限の出費で済みます。

ただし、葬儀は支出だけではありません。給付金や保険料で負担を軽減したり、参列者からの香典も葬儀費用にあてたりすることができます。直葬/火葬式はごく近しい身内の方のみが参列するため、香典収入があまり見込めないぶん、負担する実質的な金額が想定より大きくなることもあります。

また、直葬/火葬式はお別れの時間が充分にとれなかったりするなど、デメリットもあります。

本当に直葬/火葬式を選んだほうがいいのか、それとも他の種類の葬儀を考えたほうがいいのかと、お悩みの場合は、葬儀レビの無料相談にお気軽にご相談ください。24時間、年中無休で受け付けております。みなさまの葬儀をよりよいものにするべく、われわれは、どんな些細な悩みでも親身になって解決のサポートをいたします。

また、葬儀レビがお出しするお見積りは、すべて「施設にかかる費用」、「葬儀の施行にかかる費用」、「参列者のおもてなしの費用」を含んでいます。そのため、複数の葬儀社による一括見積りをご依頼いただいた場合も、それぞれの見積りをわかりやすく比較できるのでご活用ください。

直葬/火葬式のメリット、デメリット

実際のお客さまの声をもとにした、直葬/火葬式のメリット、デメリットをご紹介します。

メリット

費用を大幅に抑えることができる

通夜、告別式がない火葬だけの式なので、ほかの種類の葬儀に比べて、費用を大幅に抑えることができます。

同居の家族だけで静かに送ることができる

たとえば故人が高齢で、身内以外に呼べる人がいない場合、簡素なかたちで静かに故人を送ることができます。

デメリット

お別れの時間が充分にとれない

火葬のみの式のため、お別れの時間を充分にとることができません。また通夜、告別式といった儀式を行わなかったため、きちんと見送れなかったかもしれないと、葬儀後に後悔される方もいます。

費用が大きくかかる

通夜、告別式を行わない直葬/火葬式は宗教者の理解が得られない場合もあります。菩提寺からお墓への納骨を拒否されるトラブルも出ておりますので、菩提寺への事前の確認が必要です。

直葬/火葬式の「ここが良かった」と「ここが困った」

直葬に対する考え方は人それぞれであり、実際に経験した人の中には賛否両論色々な意見があるようです。ここでは、そんな多様な意見を紹介しながら、直葬の良い点と困った点を整理していきます。

直送のここが良かった点

こちらで最も多いのは、金銭的に通常の葬儀よりも安い金額で行うことが出来て良かったという意見です。前項では費用について解説しましたが、一般的な葬儀よりも費用を抑えられることは事実であり、それが経済的に余裕のない人を中心に肯定的な意見となっています。

これに関連して、従来の形式や世間体に拘る葬儀より、自分たち家族や故人の意思を尊重して、本当にやりたい葬儀をすることが出来て良かったという意見も多数あります。お通夜や告別式は精神的にも時間的にも負担があると感じる人もいるようで、そのような形式よりも故人を思う気持ちがあれば簡易的な直葬でも充分であり、その希望通りに行えたということで満足しているという感想です。

直葬のここが困った点

これは人それぞれですが、葬儀の担当者に直葬でお願いしたいと相談したら、急に態度が変わって不愉快だったというものがあります。葬儀会社や担当者によって様々なので一概には言えないでしょうが、中にはこのようなお客にランク付けするような態度のところもあるようです。

また、直葬はお通夜や告別式を行わないで直接火葬場へ行くので、僧侶も予め手配しないと来ません。このような宗教的な儀式が簡略化されていることに、不安を感じたという意見もありました。

他に、困った意見で多かったのが、菩提寺に黙って直葬を行ったらお墓に遺骨を収められないと言われたケースです。似たようなもので自分は良くても、親族に苦言を呈されたケースもあります。これはいずれも事前のコミュニケーション不足が原因ともいえるので、直葬を行う場合は自分だけで判断せず、周りの人とも葬儀に対する意見の交換はしておくようにしましょう。

いずれにせよ、最終的にどうするか決めるのは、故人の意思や残された家族の判断です。人々の賛否両論の声もそのための判断材料にしてみてください。

直葬/火葬式のまとめ

これまで直葬について様々な観点から見てきました。直葬は通常の葬儀よりも費用が安く、一般的に経済的にも精神的にも負担が少ないと言われていますが、しっかりと納得できる葬儀をしようと考えているなら、考慮するべきことはたくさんあります。

全体を通していえることは、まずは家族を含めた親族とどのような葬儀にしたいのかをしっかりと話し合うことです。そのうえで直葬にすると決めたのならば、費用や各葬儀会社の特徴を把握して、しっかりと段取りを踏んで進めていく必要があるということです。

そのためには、事前にある程度の情報収集も大切であり、直葬のメリットやデメリット、各地域による火葬場の相場、葬儀会社に各種費用の確認をする必要性、お通夜と告別式を省いた独特の流れなどを理解することが求められます。

これらを理解しないで、ただ安易に費用などにのみ着目して直葬を行ってしまうと、あとから自分たちの考えている葬儀との違いを感じたりして、後悔することにもなる恐れもあるからです。

確かに細かい部分まで考慮していくと複雑な面もあり、負担に感じるかもしれませんが、葬儀は故人の冥福を祈る大切な儀式でもあるので、妥協しないで行いましょう。簡略化された直葬とはいえ、僧侶を呼ぶことも出来ますし、棺に故人の思い出の品を入れて別れを惜しむのは変わりません。

これらをしっかりと行ったうえで直葬に臨めば、故人にとっても、親族みんなにとっても、納得のできるよい葬儀になるでしょう。そしてそれは、いつまでも心に残ることになり、それこそが形式に関わらず、ある種の理想的な葬儀の一つなのです。

今回の記事もそんな納得できる葬儀を行うための、一つの参考として使ってみてください。事前に知識がないとその場限りの行動となってしまいがちですが、前もって知識を得ることでその選択肢は増えていきます。

直葬はある意味、現代人の価値観や生活様式に合っているものでもあるので、これからも増えていくことが予想されます。そんな新しい葬儀の形式と上手く向き合い、個々人に合った形で多くの人が活用されていくと良いのではないでしょうか。

直葬/火葬式の実例(実際のご請求書事例)

火葬式のイメージ画像
葬儀レビにご相談いただき、ご紹介した直葬/火葬式の事例です。相談にいたった経緯、どういうポイントで葬儀社を選んだのか。さらに実際に行った葬儀の請求書も公開。直葬/火葬式選びの参考にしてください。
できるだけ簡素で費用を抑えた直葬/火葬式の事例
京都府京都市伏見区 宮城様(仮名) 叔母様のご葬儀
総額費用105,000
  • 形式火葬式
  • 人数3名
  • 宗教無宗教
故人が高齢で内々で直葬/火葬式を行った事例
神奈川県川崎市川崎区 秋口様(仮名) お母様のご葬儀
総額費用203,025
  • 形式火葬式
  • 人数10名
  • 宗教無宗教
直葬/火葬式の費用でお悩み、お困りの方葬儀レビにおまかせください!

葬儀レビなら直葬/火葬式の費用についてのどんなお悩みも承ります。専門スタッフが親身に対応いたします

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください