「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

葬儀の事前準備 もしものときに備えて

死への備えは誰も考えたくないことかもしれません。
しかし、ある日突然、大切な人の死に直面したとき、多くの人は動揺し、冷静な判断ができなくなってしまうものです。

もしものときに備え、家族で話し合い、生前から葬儀の準備をしておくのは、けっして不謹慎なことではありません。それぞれの想いを反映させ、安らかな見送りをするためにも、事前準備をしておくことには多くのメリットがあるのです。

あらかじめ葬儀社を吟味し、よく相談しておくことは、トラブルを避けることにもつながります。

葬儀を終えたあと後悔しないために

葬儀の事前準備と聞くと「縁起でもない」「不謹慎じゃないか」と考える方がいるかもしれません。しかし、葬儀を体験する機会はそうありません。喪主を務める機会にいたっては一生に一度あるかないかでしょう。
大きな悲しみのなか、日常とはかけ離れた状況で、たくさんのことに対応しなければならないのが葬儀です。多くは急なことでもあるため、よくわからないまま終わってしまいます。

生前のうちにある程度の時間を使って考えておくことで、それぞれの想いを反映した葬儀を行うことができるようになります。
また、事前に信頼できる葬儀社に決めておけば、葬儀内容を充分に検討し、費用をあらかじめ知ることで金銭トラブルなどを避けることもできます。

葬儀を終えたあと、後悔をしないためにも、葬儀の選び方のポイントの記事を参考にしながら、事前準備を行うことをおすすめします。

<ポイント>エンディングノートの活用

家族であっても、交友関係や趣味、財産などをすべて把握しているわけではありません。
そうした項目をまとめておくことで、葬儀の内容を決める手がかりになったり、大切な友人・知人への訃報の漏れが防止できたり、たくさんのメリットがあります。

死に備えて自身の希望を書き留めておくのが「エンディングノート」。市販されているほか、自治体で無料配布されていることもあります。
遺言書と違って法的な拘束力はもちませんが、本人の遺志をはっきり伝えるために、ぜひ作成しておくとよいでしょう。

葬儀の事前準備には相談も大切です

葬儀について、本やインターネットで情報を得ることはできますが、実際には地域の風習や利用する会場によって、大きく違いがあります。
その地域にある葬儀社に事前に相談をしておくことで、より適切な葬儀内容を決めておくことができます。トラブルを防ぐことにもなるでしょう。
当日になってあわてることのないよう、充分に相談し、準備しておきたいものです。

葬儀レビでは、日本全国の葬儀社から、安心して相談のできる優良な葬儀社を無料で紹介しています。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください