「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

通夜・葬儀での焼香のやり方、作法

焼香は、心と身体を清め、故人の冥福を祈るために行われます。

使用する香には線香と粉末状にした抹香がありますが、多くの場合、抹香が使われます。左手に数珠を持ち、右手の親指・人差し指・中指の3本の指でつまむのが基本です。

立礼焼香の作法

遺族や参列者が遺影の前に立った状態で順に焼香をしていくのが「立礼焼香」です。椅子式の斎場などで用いられます。

  1. 順番がまわってきたら、次の人に軽く会釈し、祭壇に向かいます。
  2. 祭壇の手前で遺族と僧侶に一礼し、祭壇の前に進みます。
  3. 遺影に一礼します。
  4. 香をつまみ、目の高さまで押しいただいたあと、香炉にくべます。※宗派によって複数回、繰り返します。
  5. 焼香後、遺影に向かって合掌します。
  6. 遺族と僧侶に一礼し、席に戻ります。

座礼焼香の作法

座って焼香を行うのが「座礼焼香」です。畳敷きの場合に用いられます。

  1. 順番がまわってきたら、次の人に軽く会釈し、中腰で祭壇に向かいます。
  2. 祭壇の手前で座り、両手をついて遺族と僧侶に一礼します。
  3. 膝行(両手で身体を支えて膝をついたまま進む)で座布団に上がり、正座します。
  4. 遺影に向かって一礼します。
  5. 香をつまみ、目の高さまで押しいただいたあと、香炉にくべます。※宗派によって複数回、繰り返します。
  6. 焼香後、遺影に向かって合掌します。
  7. 座ったまま遺族と僧侶に一礼し、中腰で席に戻ります。

回し焼香の作法

香炉と抹香が盆にのって回され、座ったまま焼香をするのが「回し焼香」です。自宅や狭いスペースで葬儀や法要を行う場合に用いられます。

  1. 盆が回ってきたら、前の人に軽く会釈し、自分の膝の前に盆を置きます。
  2. 遺影に向かって一礼します。
  3. 香をつまみ、目の高さまで押しいただいたあと、香炉にくべます。※宗派によって複数回、繰り返します。
  4. 焼香後、遺影に向かって合掌します。
  5. 盆を両手で持って次の人に回します。

宗派による焼香回数の違い

焼香の回数は宗派や地域によって違いがあり、宗派によっては香をおしいただかない場合もあります。 個人を弔う気持ちが大切であるため、焼香回数や線香の本数にこだわる必要はありません。 参列者が多いときには焼香回数は1回、線香なら1本で済ませる方も多くいらっしゃいます。 前の参列者に習って行うのも良いでしょう。

宗派 焼香回数
浄土宗 1〜3回(※特に決まりはない)
浄土真宗 1〜2回(※お香はおしいただかない)
日蓮宗 1回、または3回
曹洞宗 2回(※1回目だけおしいただく)
真言宗 3回

※「おしいただく」とは、お香を指先につまみ額の前へ持っていく行為のことを言います。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください