「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

通夜・葬儀での喪主・遺族の挨拶と挨拶文例

葬儀において、遺族は参列した方に対して、ご挨拶をするタイミングがいくつかあります。
通夜ぶるまい、出棺時、精進落としでは、それぞれどのような挨拶をすればいいのか、挨拶の文例とあわせて紹介します。

通夜ぶるまいの挨拶


「通夜ぶるまい」とは、通夜のあと、喪主が酒や食事で弔問客をもてなすものです。
清めと供養の意味合いがあります。

通夜ぶるまいの前に、喪主は通夜への参列のお礼を述べます。
基本的に挨拶に立つのは喪主ですが、未成年者であったり事情があったりする場合は親族代表などが代わりに行ってもかまいません。

お礼に続き、死去の報告をし、最期の様子や生前の思い出などを語ります(不慮の事故死や突然死などの場合は触れなくてもかまいません)。
故人がお世話になったことへの感謝を述べ、会食の席へのお誘い、葬儀・告別式の日程の案内で結びます。

通夜ぶるまいでの挨拶文例


本日はご多忙のなか、お集まりいただき、ありがとうございます。
亡き父も喜んでいると存じます。
生前は皆様方にたいへんお世話になり、心より厚くお礼を申し上げます。
ささやかではございますが、あちらにおもてなしの用意をさせていただきました。
故人の供養のためにも、どうぞお召し上がりください。
なお、葬儀・告別式は明日の○時より、△△斎場にて執り行います。
何卒よろしくお願いいたします。
本日はまことにありがとうございました。

出棺時の挨拶


出棺時の挨拶は、喪主または遺族代表が行います。
霊柩車が火葬場へ出発する前に、会葬者に挨拶をします。
会葬者を立たせたままになるので、お礼の気持ちを簡潔に伝えましょう。

出棺の見送りまで残っていただいたことへの感謝、故人が生前にお世話になったことへの感謝、今後も変わらぬ遺族とのお付き合いのお願い、この3つの要素を伝えます。
長くならなければ、最期の様子や遺族の心情などを加えてもかまいません。

出棺時の挨拶文例


本日はお忙しいなか、亡き母、○○○○の葬儀にご会葬いただき、ありがとうございます。
おかげをもちまして、滞りなく葬儀を執り行うことができました。
生前は故人にひとかたならぬご厚情をたまわりましたこと、深く感謝いたします。
残された私どもに対しましても、生前と変わらぬご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。
本日はまことにありがとうございました。

精進落としの挨拶


「精進落とし」とは、喪主・遺族が僧侶や関係者をもてなす会食の席のことを指します。
「お斎(おとき)」などとも呼ばれます。

火葬場から戻り、葬儀すべてを終えたところで行うのが一般的です。

喪主が、葬儀が無事に終了したことを報告し、お世話になったことへの感謝を述べます。
そして、精進落としの膳を勧めます。

精進落としの挨拶文例


本日はたいへんお世話になりました。
おかげさまで、父、○○○○の葬儀を滞りなく終えることができました。厚くお礼を申し上げます。
ささやかながら精進落としのお膳を用意いたしました。ごゆっくりお召し上がりください。
ありがとうございました。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください