参列・葬儀マナー

葬儀における受付係の役割

葬儀の手伝いとして受付係を任された場合、どうすればいいでしょうか。

受付係にはさまざまな役割があります。遺族に代わって応対することを忘れずに、常に遺族の立場に立ち、言葉遣いやふるまいには気を配りましょう。

受付係は、遺族と同じ立場になるなので、必ず喪服を着用します。

受付係の役割

準備

芳名帳、筆記用具、香典受、名刺受などの備品を用意し、返礼品を渡しやすい場所に配置しておきます。

また、受付係は会葬者から質問を受けることが多いので、トイレの位置など会場の配置や式の流れを頭に入れておくことが大切です。

葬儀がはじまると焼香の機会がなくなるので、会葬者が少ないうちに交替で行っておくとよいでしょう。

会葬者に応対する

受付に会葬者が訪れたら「本日はお忙しいなか、お越しいただき、ありがとうございます」などと弔問へのお礼を述べます。
雨天の場合は「本日は足下のお悪いなかをお越しいただき、ありがとうございます」などと言います。

芳名帳に記帳してもらう

次に、芳名帳への記帳をお願いします。
「恐れ入りますが、ご住所とお名前をご記入ください」などと言います。
芳名帳にはフルネームだけでなく住所と会社名も記入してもらいます。

香典を受け取る

会葬者が香典を差し出したら「お預かりいたします」と言い、必ず両手で受け取り一礼します。

会計係が別にいる場合は、会葬者が目の前を立ち去ってから香典を渡します。
現金が入っているので、取り扱いには充分に注意しましょう。

返礼品を渡す

芳名帳への記帳が終わり、香典を受け取ったら、「ありがとうございます」と礼を言い、会葬礼状と返礼品(香典返し)を渡します。
香典が連名の場合は全員に行きわたるよう数を確認しましょう。

式場へ案内する

最後に「告別式はあちらで行います」などと声をかけ、会葬者を式場へ誘導します。

斎場などでは案内係が別にいる場合もありますが、受付係が案内係を兼ねる場合が多く、会葬者から尋ねられることも多いので、事前に会場を確認しておきましょう。
また、コートなどを預かる場合は引き換えの番号札を渡します。貴重品はトラブルを避けるため預からないのが無難です。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません