参列・葬儀マナー

供物、供花の贈り方

供物、供花は故人の霊を慰めるための品物、花のことです。

贈る場合は宗教によって贈る供物、供花が違ってくるので、このページで何が贈れるのか、何を贈れないのか確認しましょう。

供物、供花とは

「供物(くもつ)」は故人の霊を慰めるために飾る品物、「供花(きょうか)」は故人の霊を慰めるためにたむけるの花のことです。
供物、供花は通夜や葬儀・告別式、法要で贈られるものです。

香典と同じ意味合いがあるので、香典を贈った場合は供物、供花は必要ありません。

近年は「飾るスペースがない」「処分に困る」といった理由から喪家が辞退するケースが増えてきました。事前に喪家や世話役代表の意向を確認しましょう。

宗教ごとの供物、供花

供物、供花は、宗教や地域によってしきたりが異なります。

仏式では不殺生の戒律から肉や魚といった生もの、神道では仏教で用いる線香がタブーです。喪家の宗旨を考慮しましょう。
供花は、派手なものを避けるのが原則。白を基調にするとよいでしょう。

仏式の供物、供花

  • 供物:線香、ろうそく、果物、菓子など
  • 供花:白菊、百合、カーネーション、黄菊など

神式の供物、供花

  • 供物:魚などの海産物、酒、五穀、果物、菓子など
  • 供花:白菊、百合、カーネーション、黄菊など

キリスト教式の供物、供花

  • 供物:不要
  • 供花:白い花

心に残るお見送りをお手伝い
信頼の葬儀社

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません