「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

香典の金額相場、マナー

「香典」とは故人の霊前に供える金品のことです。

もともとは死者に手向ける香の代金として贈るもので、昔は米や野菜が供えることもありました。
現在は、喪家の経済的負担を軽くするため、現金を包むのが通例です。

持参するのは通夜か葬儀・告別式のどちらかでかまいません。
両方に参列する場合には通夜で渡すのが一般的です。

香典は急に必要になることが多いですが、金額の相場や包み方、渡し方などマナーも複雑でとっさに思い出せないことがあります。

宗教や状況に応じてもルールが異なってくるため、普段からある程度調べておいた方がよいでしょう。そこで、こちらでは香典を渡すときの基本的なマナーや宗教別のルールなどについて見ていきます。

お香典をなぜ渡すのか?

葬儀等で渡す香典は、もともとお線香などを故人にお供えするための贈り物です。昔は米などの現物をお供えしていましたが、現在では金銭を包むのが一般化しています。身近な人が亡くなるときは突然のことが多く、葬儀に高額の費用もかかることから、葬儀費用の扶助的な意味合いもあります。

香典の渡し方は、不祝儀袋を袱紗に包んでから持参し、受付などで袱紗を外してから渡すという流れです。香典で使うことができる袱紗は緑やグレー、紫といった地味な色合いになります。台付の袱紗の場合、台や裏側が赤いものは使えないので注意しましょう。

包むときはひし形になるように広げた袱紗の上に不祝儀袋を表側に置き、右、下、上の順にたたんだ後で左側を折り、端を裏側に回します。爪がついているものは、爪を左側にして香典袋を置きましょう。

また、香典袋の書き方にもいくつかポイントがあります。お香典などの表書きは通常の墨で書きますが、下段の名前は薄墨を使ってフルネームで中央に書き、内袋は裏に金額と住所、氏名を記しておきます。

包み方は左、右、下、上の順で折りますが、これは故人と別れることになった悲しみの表現です。これを袱紗に包んで持参し、渡すときには相手の目の前で袱紗を外してから畳んで自分の側になるように香典袋を重ね、袱紗ごと180度回転させて先方に渡します。もし、辞退された場合には、無理に渡そうとせずに遺族の気持ちを尊重して控えましょう。

さらに、香典袋の水引の色は宗教によっても異なりますが、同じ仏式でも香典の額によって異なってきます。5,000円までであれば印刷された白黒の水引、3万円程度までなら白黒、あるいは双銀のものを、それ以上の額は和紙で作られた双銀のものが一般的です。香典の額は故人との関係によって相場が異なってきますので、額を決めてから水引を選ぶとよいでしょう。

その他に、通夜や葬儀、告別式などに参列できずに郵送する場合には、不祝儀袋に白い便せん一枚にお悔やみの言葉を添えたものを同封し、現金書留で喪主の自宅に送ります。葬儀の前後は慌ただしくなるため、葬儀が終わって一週間くらい経過した頃に届くように時期を調整しましょう。

宗教で注意!香典袋の選び方

通夜や葬儀などで持参する香典袋や表書きは、故人や喪主の宗教・宗派に合わせたものを選びます。また、香典の相場や自分の名前を薄墨で書くところは共通していますが、香典袋のデザインや表書き、水引などは宗教によって異なっています。

地域によっては世帯ごとに宗教が多様化しているところもありますので、遺族から連絡を受けた時には宗教や宗派を確認しておくと良いでしょう。先方の宗教を確認できなかった場合には、共通して用いることができる御霊前という表書きがついているものを選びます。ただし、蓮の絵柄がついている香典袋は仏教以外では用いることができないため注意が必要です。

仏式の中でも浄土真宗では、人は亡くなったらすぐに仏になると考えられていますので、表書きは御仏前が一般的です。ただ、宗派が分からない場合には無難に御霊前や御香典などにしておいた方が良いでしょう。

神式の場合には、御霊前の他に御玉串料や御榊料などの表書きも使えます。玉串や榊は神式の葬儀でしか用いないため、他の宗教の葬儀では持参しないように気を付けましょう。

キリスト教式では、プロテスタントやカトリックなどいくつかの宗派に分かれていますので、表書きにも注意が必要です。カトリックの場合には御ミサ料という表書きが使えますが、御花料ならばどちらでも使うことができます。

さらに、香典袋の絵柄に関しては、仏式ということが分かっていれば、蓮の花が入っている香典袋を使うことができます。一方、神式では絵柄が入っていない香典袋を用いますし、キリスト教では十字架や百合の花の絵柄が入っているものが使えます。もちろん、いずれの宗教でも絵柄が一切入っていないものならば共通して使用可能です。

他に、水引も宗教によってどれを用いるか、選び方が変わってきます。共通しているのは、一度限りにしたい、不幸を繰り返さないという意味合いを込めて結び切りのものを使うという点です。一般的には黒白、もしくは双銀のものを用いれば問題ありません。

黄白は法要の時に用いますが、地方によっては葬儀でもこれを使うため、前もって確認しておいた方がよいでしょう。なお、キリスト教式では水引は用いないのが一般的です。

不祝儀袋の書き方・包み方

香典は不祝儀(ぶしゅうぎ)袋に包んで渡します。

表書きは宗教によって異なります。
また、水引(みずひき)は「二度と不幸がないように」との願いを込め、ほどくことのできない「結び切り」にしますが、この色も宗教によって異なります。

自分の名前は「悲しみの涙で墨がにじんでいる」という意味から薄墨で書くのが正式です。
最近は市販の不祝儀袋を使用するのが一般的で、薄墨の筆ペンも市販されています。

中袋には金額・住所・氏名を書きます。
金額は訂正のできない漢数字(壱・弐など)を使うのが基本です。

上包みは、慶事とは逆に、上の折りを下の折りにかぶせます。

仏式の水引、表書き

  • 水引:黒白か双銀(銀一色)
  • 表書き:御霊前、御香典、御香料など

神式の水引、表書き

  • 水引:黒白か双白(白一色)、または双銀(銀一色)
  • 表書き:御玉串料、御榊料、御神前など

キリスト教式の水引、表書き

  • 水引:黒白、または白無地の封筒でもよい
  • 表書き:御弔慰料、御花料、御ミサ料(カトリックのみ)

香典の、お金(お札)の入れ方

お札の向きは揃えましょう

諸説あり、気にしなくても良いという人もいますが、二枚以上のお札を入れる際には、お金の向きは揃えるように入れましょう。

新札は絶対に避けましょう

新札は、不幸を見越して用意した印象を与えますので、新札は用いないのが一般的になります(地域によってもマナーが異なりますが新札は用いないのが無難。どうしても手持ちがない場合は、一度、2〜3回折ってから袋に入れるようにしましょう。
また、汚れたお札、破れたお札なども失礼にあたりますのでご注意ください。

香典の金額相場

香典金額の一般的な相場

香典金額は故人との付き合いの深さによって金額が異なってきます。故人との関係における一般的な香典金額の相場は下記の通りです。

  • 親・義理の親:5~10万円
  • 兄弟・姉妹:3~5万円
  • 祖父母:1~3万円
  • おじ・おば:1~3万円
  • 友人・その家族:5,000円~1万円
  • 職場関係:5,000円~1万円
  • 隣人:3,000円~5,000円

香典を包むときの金額の注意点

4は「死」、9は「苦」を連想させるため、4万円や9万円という金額は包まないのが通例です。「二度とないように」と2を避ける人もいるので、2万円も避けるのが無難でしょう。
また、新札は使いません。軽く折り目を付けてから包みます。

香典の金額に応じた不祝儀袋を選ぶ

なお、不祝儀袋は包む金額に見合った袋を選ぶのがよいでしょう。
5,000円以下であれば水引が印刷された略式のもの、金額が多い場合は双銀の水引で大判のものを使います。

葬儀社からの回答も参考に

葬儀の際の香典の金額については「教えて!葬儀レビ」にて、葬儀社の方が皆さんからのご質問にお答えさせていただいております。こちらもぜひご参考にされてみてください。

代理人として弔問する場合

訃報を聞いた本人がすぐに弔問に出向くことができない場合には、葬儀の数日後に訪問しても問題ありません。しかし、すぐにでもお悔やみを伝え体という場合には、配偶者や成人した子供などに代理人として弔問してもらうことも可能です。この場合、通夜や葬儀には代理人が参列し、後日に本人が遺族のもとにお悔やみを述べに行くという流れになります。

代理人として弔問する場合には、本人が弔問するときと同じように喪に服した服装で、香典袋を持参します。このとき、香典袋には弔問する予定であった本人の名前を書いておきます。遺族や受付で代理人としてお悔やみを述べますが、通常の弔問のように聞き取りにくい話し方ではなく、内容が分かる程度の音量で話しましょう。

故人や遺族と面識がなく、代理人という立場のみで弔問した場合には、来られなかった本人の名前と弔問できなかった事情、代理で訪れたことを簡潔に伝えた後にお悔やみを述べます。

香典の渡し方は通常の弔問客と同じ流れですが、受付で名前を書くときには自分ではなく、来られなかった本人の名前を記帳します。その下に「代理○○」と小さく自分の名前を書くことで、本人ではなく代理人が香典を持参したことが分かるようにしておきましょう。ちなみに、妻が夫の代理人として弔問した場合には、代理ではなく内と書きます。

一方、もともと自分自身も故人や遺族と顔見知りであり、本来参列する予定に加えて代理人としても弔問することになった場合には、その旨を簡潔に説明して、受付で代理を依頼された人数分の香典を手渡した後に自分の名前と香典を預かってきた人の名前をそれぞれ別欄に記帳します。

このように、代理人として弔問するときには、通常の場合とは別に遺族や受付での説明、特殊な記帳などがあります。遺族が後から分かるように、弔問予定だった本人や代理人としての自分の名前などをきちんと伝えておきましょう。

また、その場で香典返しを受け取ることもありますが、特に急いで本人に渡す必要はありません。この場合ではとりあえず自分が預かっておき、後日弔問予定だった本人に手渡せば大丈夫です。

香典のマナー

香典はそのまま持参してはいけません。ふくさか風呂敷に包んでいくのがマナーです。紫、緑、藍、グレーなど地味な色のものがよいでしょう。
包み方は、慶事とは逆に、右側からたたみます。

受付では、ふくさから香典を取り出して「ご霊前にお供えください」と挨拶をします。
このとき、表書きを相手に読める向きで差し出します。

通夜や葬儀に参列できない場合は郵送してもかまいません。
現金書留の封筒に入れ、速達で送ります。参列できないことを詫び、お悔やみの手紙を同封するとよいでしょう。

香典を連名で渡すときのマナー

職場の付き合いや友人など、香典を一人ずつではなく連名で渡すことがあります。この場合、連名の時ならではのマナーがいくつかありますので、あらかじめ確認しておきましょう。まず、香典袋に記入する名前は原則3人までです。

立場が異なる人と連名で香典を出すときには、右側に行くほど格が上になるような順番で名前を記入します。立場が同じ人が連名で出す場合は、五十音で記入するのが一般的です。また、それ以上の人数で香典を出す場合には、故人の名前は書かずに会社名や部署名、サークル名などを記入し、その下に一同とつけると良いでしょう。

会社として弔問に訪れるなど、グループや団体の代表として香典を渡す場合には、団体名が分かる名刺を添えておくと関係が分かりやすいです。その際、縦書きの名刺ならば右上、横書きでは下端に「弔」という文字を書き加えておき、「(団体名)の代表として会葬いたしました」と付け加えておくと、後で遺族が確認した時にもスムーズに伝わるでしょう。

さらに、家族ぐるみで付き合いのある相手のところに弔問するときには、世帯主のみの名前で香典を渡すのが一般的です。ただし、もともと夫婦共に故人や遺族と関わりがあり、夫婦で参列するような時には、連名で香典を包むこともあります。

連名で香典を出した場合には、遺族が香典返しをするときに分かりにくいという問題が出てきます。そのため、内袋に一人ひとりの情報を詳しく書いておく必要があります。住所氏名、連絡先、金額などを書いた紙を同封しておくと、遺族も後で整理しやすいでしょう。

人数が多すぎて香典返しの手間が煩雑になる場合には、「香典返し等のお気遣いは無用です」という旨を書いておけば遺族の負担を減らせます。

連名で香典を出すときは、金額面についても注意が必要です。香典は香典袋に対して相場が決まるわけではなく、一人ひとりに対して相場があります。二人で出すから一人当たりの金額が半分になるというものではありませんので、注意しましょう。ただし、合計額が4や9がつくような切りの悪い金額になった場合には、無難な金額に調整することは可能です。

まとめ

このように、一見誰もが知っているように思える香典に関するマナーは、状況に応じて非常に多様化しています。不幸ごとというのは特にマナーを重視すべきものですので、先方の宗教や状況などに応じて失礼のないように心がけましょう。

代理人として弔問する、連名で香典を渡すなどの特殊なケースを除いては、金額の相場や香典袋の選び方など、基本的な内容を知っていれば大体問題ありません。服装や持ち物などの葬儀におけるマナーは宗教に関係なくほぼ共通していますので、遺族より格上にならないように気を付ければ大丈夫です。

どうしてもわからないことがあった場合には、葬儀を担当する葬儀社に尋ねるのも良いでしょう。社会人になって葬儀の常識について質問するのは恥ずかしいと考える人もいますが、葬儀は宗教宗旨や遺族の考えによってずいぶん内容が異なってくるため、どのような状況にも対応できる人のほうが珍しいのです。

何もわからずにマナー違反をするよりも、分からないことは詳しい人に聞いておいて、今後同じことがあったときにスムーズに対応できるようになっておいたほうが後々自分にとっても役立ちます。

今や葬儀は大勢の関係者に声をかけて葬儀を行う一般葬だけでなく、家族葬や直葬などのシンプルなものも増えてきています。しかし、マナー自体はそれほど大きく変わることがありませんので、基本の部分はしっかり理解しておいて、状況に応じて対応することを心がければ良いでしょう。

今回ご紹介したケースのほかにも独自の葬儀などもありますので、その場合には事前に聞きたいことを確認しておいたり、葬儀の場では前の参列者が行った動作を見て覚えておいたりするだけでも、悪目立ちする可能性は減少します。

また、どのような葬儀の形態であっても、喪主や遺族が心を痛めており、葬儀の準備などで忙しい時に、できるだけ手を煩わせないようにすること、宗教面でのマナーをきちんと守ることを念頭に置いておくことなどは共通して大切な事項です。

基本的には、遺族の心労を増やさないようにそっとしておくこと、故人や喪主、遺族に敬意をもって接することを念頭に置いて行動しましょう。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください