「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

香典の金額相場、マナー

「香典」とは故人の霊前に供える金品のことです。

もともとは死者に手向ける香の代金として贈るもので、昔は米や野菜が供えることもありました。
現在は、喪家の経済的負担を軽くするため、現金を包むのが通例です。

持参するのは通夜か葬儀・告別式のどちらかでかまいません。
両方に参列する場合には通夜で渡すのが一般的です。

不祝儀袋の書き方・包み方

香典は不祝儀(ぶしゅうぎ)袋に包んで渡します。

表書きは宗教によって異なります。
また、水引(みずひき)は「二度と不幸がないように」との願いを込め、ほどくことのできない「結び切り」にしますが、この色も宗教によって異なります。

自分の名前は「悲しみの涙で墨がにじんでいる」という意味から薄墨で書くのが正式です。
最近は市販の不祝儀袋を使用するのが一般的で、薄墨の筆ペンも市販されています。

中袋には金額・住所・氏名を書きます。
金額は訂正のできない漢数字(壱・弐など)を使うのが基本です。

上包みは、慶事とは逆に、上の折りを下の折りにかぶせます。

仏式の水引、表書き

  • 水引:黒白か双銀(銀一色)
  • 表書き:御霊前、御香典、御香料など

神式の水引、表書き

  • 水引:黒白か双白(白一色)、または双銀(銀一色)
  • 表書き:御玉串料、御榊料、御神前など

キリスト教式の水引、表書き

  • 水引:黒白、または白無地の封筒でもよい
  • 表書き:御弔慰料、御花料、御ミサ料(カトリックのみ)

香典の、お金(お札)の入れ方

お札の向きは揃えましょう

諸説あり、気にしなくても良いという人もいますが、二枚以上のお札を入れる際には、お金の向きは揃えるように入れましょう。

新札は絶対に避けましょう

新札は、不幸を見越して用意した印象を与えますので、新札は用いないのが一般的になります(地域によってもマナーが異なりますが新札は用いないのが無難。どうしても手持ちがない場合は、一度、2〜3回折ってから袋に入れるようにしましょう。
また、汚れたお札、破れたお札なども失礼にあたりますのでご注意ください。

香典の金額相場

香典金額の一般的な相場

香典金額は故人との付き合いの深さによって金額が異なってきます。故人との関係における一般的な香典金額の相場は下記の通りです。

  • 親・義理の親:5~10万円
  • 兄弟・姉妹:3~5万円
  • 祖父母:1~3万円
  • おじ・おば:1~3万円
  • 友人・その家族:5,000円~1万円
  • 職場関係:5,000円~1万円
  • 隣人:3,000円~5,000円

香典を包むときの金額の注意点

4は「死」、9は「苦」を連想させるため、4万円や9万円という金額は包まないのが通例です。「二度とないように」と2を避ける人もいるので、2万円も避けるのが無難でしょう。
また、新札は使いません。軽く折り目を付けてから包みます。

香典の金額に応じた不祝儀袋を選ぶ

なお、不祝儀袋は包む金額に見合った袋を選ぶのがよいでしょう。
5,000円以下であれば水引が印刷された略式のもの、金額が多い場合は双銀の水引で大判のものを使います。

葬儀社からの回答も参考に

葬儀の際の香典の金額については「教えて!葬儀レビ」にて、葬儀社の方が皆さんからのご質問にお答えさせていただいております。こちらもぜひご参考にされてみてください。

香典のマナー

香典はそのまま持参してはいけません。ふくさか風呂敷に包んでいくのがマナーです。紫、緑、藍、グレーなど地味な色のものがよいでしょう。
包み方は、慶事とは逆に、右側からたたみます。

受付では、ふくさから香典を取り出して「ご霊前にお供えください」と挨拶をします。
このとき、表書きを相手に読める向きで差し出します。

通夜や葬儀に参列できない場合は郵送してもかまいません。
現金書留の封筒に入れ、速達で送ります。参列できないことを詫び、お悔やみの手紙を同封するとよいでしょう。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください