「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀に参列いただいた人へのおもてなしのマナー

人生でそう何度も喪主を務めることはありません。多くの方にとって初めての経験で、不安があるのは当然です。しかし、通夜・葬儀でやるべきことは葬儀社が教えてくれますし、喪主の挨拶には定型文があるので、難しく考える必要はありません。

また、大切な方を亡くした悲しみのなかにあることは弔問客・参列者もよく理解しています。
おもてなしは無理のない範囲でかまいません。葬儀を手伝ってくれた人、弔問・参列していただいた方への感謝の気持ちを忘れず、ていねいな応対をしましょう。

弔問客へのおもてなし

弔問とは、故人の遺族を訪ねてお悔やみを述べることです。
故人と親しかった方が訃報を聞いて通夜前に駆けつけてくれる場合や、葬儀に参列できなかった方が自宅に訪ねてくる場合があります。

弔問客が訪ねてきたら、自宅に迎え入れ、「どうぞ、お線香をあげてください」と案内します。見送りに立つ必要はありません。
特に喪主は故人に付き添うものですから、見送りは親族や世話役に任せます。

喪主・遺族は悲しみに暮れ、葬儀の手配などであわただしくしていることでしょう。
おもてなしは無理のない範囲でかまいません。弔問客の気持ちに感謝し、ていねいな応対を心がけましょう。お礼は手短な礼やおじぎだけでかまいません。

参列者へのおもてなし

通夜・葬儀はあわただしく、特に喪主はまわりに気を配る余裕がないかもしれません。しかし最低限、参列していただいた人への感謝の気持ちは忘れないようにしたいものです。

通夜ぶるまいや精進落としの料理、会葬礼状、返礼品は、事前に家族と相談し、葬儀社に手配しておきます。
通夜ぶるまい、精進落としには、故人の供養とともに参列者の労をねぎらう意味もあります。
精進落としでは一人ひとりに感謝の言葉を伝えましょう。

通夜ぶるまい

通夜の読経と焼香が終わったら、参列者にお酒や食事をふるまいます。これが「通夜ぶるまい」です。
参列者へのお礼や清め、故人の供養の意味があります。集まった方々が故人を偲ぶ時間でもあります。

喪主は、弔問客にお礼の言葉を述べ、通夜ぶるまいの席へと案内し、軽い食事やお酒でもてなします。
翌日には葬儀があるので、あまり長い時間は行わないほうがよいでしょう。
最後に、あらためて翌日の葬儀の時間などを伝え、喪主が挨拶をして終わります。

精進落とし

本来、四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すことを「精進落とし」といいます。
現代では火葬後すぐに初七日法要が行うことがほとんどで、葬儀後に参列者を料理でもてなすことを「精進落とし」と呼びます。「お斎(おとき、おとぎ)」「精進上げ」ともいいます。

僧侶や参列者の労をねぎらう意味があるため、喪主・遺族は末席に座ります。
喪主が挨拶をし、故人に杯を捧げる「献杯」(弔事では「乾杯」とはいいません)を行います。
会食時には、喪主・遺族は席をまわって参列者一人ひとりに感謝の言葉を述べます。

会葬礼状

会葬者へのお礼の挨拶状が「会葬礼状」です。
本来は葬儀のあとに郵送するものでしたが、現在では通夜などの受付で返礼品とともに手渡すことが多くなっています。

あらたまった場合は、句読点を省いて一字ぶん空け、行頭をそろえて書くのが一般的です。

会葬礼状文例

本日は故○○○○の葬儀および告別式に際しましては ご多忙のなか御会葬を賜り 誠にありがとうございました
そのうえ お心のこもった御厚志を賜りまして 誠にありがたく 厚く御礼申し上げます
さっそく拝趨のうえ御礼申し上げるべきところ 略儀ながら書中をもちまして御挨拶申し上げます

 平成○○年○○月○○日
 東京都○○区○○町○-○-○
 喪主 ○○○○
 親族一同

返礼品

通夜や葬儀の参列者に、お礼の気持ちとして渡すのが「返礼品」です。
香典の有無にかかわらず会葬者すべてに渡す「会葬返礼品」、通夜ぶるまいに出席しない人への「通夜返礼品」、忌明け法要後に香典のお返しとして送る「香典返し」があります。

香典返しは、近年、香典の額にかかわらず葬儀当日に渡す「当日返し(即日返し)」が増えています。忌明け後の返礼のわずらわしさや渡し漏れを防ぐためです。
持ち帰っていただくので、あまりかさばらないものがよいでしょう。

僧侶へのおもてなし

僧侶が到着したら、控え室に案内し、茶菓でもてなします。
喪主は僧侶の送迎を行いませんが、通夜・葬儀の前に挨拶し、葬儀社を交えて打ち合わせをしましょう。読経や説教法話など、進行の段取りを確認しておきます。

読経後も、いったん控え室に案内し、茶菓でねぎらいます。

通夜ぶるまい、精進おとしには僧侶も同席してもらうのが原則です。僧侶をねぎらう意味もあるので、上座に座ってもらいます。
もし僧侶の都合で同席しない場合は、料理を箱詰めにして渡すか、現金を「お膳料」として包みます。また、このときに「お車代」も渡します。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください