「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

通夜前、葬儀後の弔問の基本マナー

親族あるいは特に親しい間柄の場合、訃報を受け取ったらすぐに自宅を弔問します。
また、葬儀などに参列できなかった場合には後日、弔問することになります。
いずれの場合も、遺族の悲しみや心労を思いやり、負担をかけないよう気を配りましょう。

服装は平服でかまいませんが、あまりカジュアルすぎるもの、派手なものは控えます。また、長居は禁物です。

通夜前の弔問のマナー

訃報に接した場合、親族や故人と親しい間柄であれば、できるだけ通夜の前に駆けつけたいものです。

お悔やみの言葉を伝えたら、弔問客への対応や食事の支度などの手伝いを申し出ます。手伝いが不要なときは「あらためてお通夜にうかがいます」と挨拶をして辞去します。
弔問時に長居は禁物です。死因などを聞いたり、長々と故人の思い出を話したりすることは控えます。遺族の心身の疲労を思いやりましょう。

服装は普段着でかまいませんが、あまりカジュアルなものは避けます。
また、香典や供物は通夜か葬儀・告別式のときに持参するので、弔問時には不要です。

故人との対面の作法

遺族から故人との対面を勧められたら、「ありがとうございます。お別れをさせていただきます」と挨拶し、対面させてもらうのがよいでしょう。
故人の枕もとに正座し、両手をついて一礼します。
遺族が故人の顔にかけた白布を外したら、両手を膝に置いたまま対面します。
深く一礼し、合掌して故人の冥福を祈ります。最後に、遺族に一礼してその場を離れます。

ただし、対面するのがつらい場合は「お目にかかるのはつらすぎますので……」と断ってもかまいません。

なお、遺族には故人の顔を見せたくない場合もあります。弔問する側から故人との対面を申し出るのは慎みましょう。

葬儀後の弔問のマナー

やむをえず通夜にも葬儀にも参列できなかった場合、あるいは後日訃報を知った場合は、葬儀後に自宅を弔問します。

まずは訪問しても大丈夫かどうかを確認しましょう。遺族は葬儀で疲れていたり葬儀後の手続きなどに追われていたりするので、無理そうなら日をおきます。

葬儀後、遺族は日常に戻ろうとしているので、喪服はもちろん葬儀を連想させる黒い服装は避けるのがマナーです。かといって派手な服装は避け、アクセサリーなども控えめにするのが無難です。

また、長居は禁物です。線香をあげたら、遺族を気遣いながら故人との思い出などを語らい、早めに引き上げましょう。

供花・供物は必ずしも必要でありませんが、持参してもかまいません。のしの表書きは「お供え」、水引(みずひき)は「二度と不幸がないように」との願いを込め、ほどくことのできない「結び切り」にします。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください