「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

お悔やみの言葉 気をつけなければいけない忌み言葉

通夜前の弔問や、通夜や葬儀・告別式のとき、悲しみにくれる遺族の方にどのように声をかけるのがよいでしょうか。

お悔やみの言葉はできるだけ簡潔に伝えるようにしましょう。
その際、不幸なことを連想させる「忌み言葉」を使わないように注意してください。

お悔やみの言葉

訃報を聞いて、通夜前に弔問に行った際、また通夜、葬儀・告別式に参列した際、遺族の方にかける言葉がお悔やみの言葉です。

お悔やみの言葉は、悲報に接した驚きや遺族へのいたわりの気持ちを簡潔に伝えるのがよいでしょう。
長々と思い出話などをすることは、かえって遺族の悲しみを深めることにもなりかねません。故人の病状などを詮索することも慎みましょう。

お悔やみの言葉の例

  • このたびはご愁傷さまでございます。心よりお悔やみ申し上げます。
  • このたびは思いがけないことで、ご心中を察すると、慰めの言葉もありません。心よりご冥福をお祈りいたします。

忌み言葉

お悔やみの言葉や弔電、弔辞などでは、不幸が続くことを避けたい願いから「たびたび」「重ね重ね」といった「忌み言葉」を避けます。
「死ぬ」「亡くなる」などの直接的な表現を避けることもマナーです。

忌み言葉の例

  • 重ね言葉(不幸なことが重なるのを連想させる)
    たびたび、重ね重ね、ますます、返す返すも、重々、いよいよ
  • 不幸なことが続く、繰り返すことを連想させる言葉
    つづく、追って、繰り返す
  • 直接的な表現
    死ぬ、亡くなる(「ご逝去」に言い換える)
  • 縁起が悪いといわれる数字
    四、九
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください