「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

弔電(お悔やみ電報)の送り方と文例

弔電は訃報に接したとき、やむをえない理由で、どうしても葬儀に参列できない場合に打ちます。
亡くなった方の冥福を祈り、遺族にお悔やみを伝えるために送ります。

故人があなたにとってお世話になった方の場合、弔電だけ送るのではなく、後日なるべく早いタイミングで弔問するようにしましょう。

しかし、初めて弔電を送る人は、どのような手続きを取ればいいのか迷ってしまいがちです。記事では「そもそも弔電とはなにか」、「弔電を送るにはどうすればよいのか」、「弔電の値段はいくらか」、「弔電の文例はあるのか」などの疑問について解説します。

弔電とは

葬儀の際に、お悔やみの言葉などを伝える電報を弔電といいます。電報とは、電気通信を利用した通信手段の一つで、符号や文字を伝えることができます。電報は、携帯電話やスマートフォンはおろか、家庭に電話すらなかった時代に、通信手段の一つとして利用されてきました。その電報を利用して弔辞を伝えることが、弔電なのです。

弔電の特徴は、メッセージが形として残る点にあります。実際には花束やぬいぐるみなどの品物と一緒に送ることが多いようです。内容は、独自の文面で作成してもよいですが、実際にはある程度のテンプレートに則って書かれたものが求められます。

基本的に弔電は、喪主あてに送ります。故人に宛てたメッセージではないので注意しましょう。送り先は、葬儀会場や自宅といった、通夜や告別式が行われる場所になります。 知人や友人、また仕事関係の方などが亡くなった際には、通夜や告別式に参列するのが一般的です。

しかし、健康上の理由で参列できなかったり、遠方にいるために参列できなかったりするケースがあります。さらに、訃報は突然訪れるものなので、どうしても駆けつけることができない場合に送るのが弔電です。

直接参列できる場合は、弔電を送ることはしません。そして、通夜や告別式に参列する際には香典を持参します。しかし、弔電をおくる場合、メッセージを送ることはできてもお金(香典)を送ることはできないので注意しましょう。弔電を送り、さらに香典も送る場合は、現金書留を利用してください。

直接持参せず郵便で現金を送る際には、現金書留にしなければならないという法律があります。また、弔電と現金書留の香典では、弔電を先に送ってください。香典は、後日お悔やみの手紙とともに送ると良いでしょう。

友人や知人に不幸が訪れた際、参列しなくてもお悔やみの気持ちを伝えることができる弔電は、告別式などで読み上げられます。けれども、多くの弔電が届いている場合は、そのすべてを読み上げることはしません。一部だけ抜粋して読み上げたり、送り主の名前だけを読み上げたりします。また、地域によっては、告別式、通夜、葬儀のどのタイミングで弔電を読み上げるか異なります。

弔電の送り方

弔電は電報、あるいは郵便局のレタックスなどが利用できます。電話で弔電を申し込む場合のNTTの番号は「115」番です。また、最近ではインターネットからも送ることもできます。

弔電は葬儀の前日までに故人の自宅か斎場に着くよう送ります。ケースバイケースで異なるので事前の確認が必要です。加えて、弔電を送る際には、受け取りにミスが起きないように、喪主へ事前に連絡を入れておきましょう。

なお、宛先は故人ではなく喪主となります。喪主の名前がわからない場合は「故○○様ご遺族様」とします。故人との間柄を遺族の方がわかりやすいように、名前だけでなく、住所、電話番号、会社名、部署などを入れておくと親切です。

弔電を作成するときの見本となる文例はいくつかあります。弔電ではお悔やみと励ましの気持ちを伝えてください。弔電の宛名は、喪主の名前を書きます。喪主とは、葬儀の時の当主のことです。例えば、夫婦のうち夫が亡くなった場合、妻が喪主をつとめていれば、弔電の宛名は妻の名前を書きます。斎場が混雑していることも考慮して、フルネームで書いてください。

また、個人で弔電を出す場合、差出人には自分の名前を書きます。しかし、複数人で弔電を出す場合には、連名にしてください。喪主や遺族にとって、差出人の名前に心当たりがないケースも考えられます。そのため、差出人と故人の関係を一言添えておくと親切でしょう。

「(亡くなった方)のご逝去をつつしみ、心よりお悔やみ申し上げます」のような文面が、弔電としては一般的です。さらに、弔電本文の内容は、亡くなった方の立場によって変えます。つまり亡くなった方が親の場合と、夫の場合では、それぞれ内容が異なるのです。

亡くなった人が喪主の父親の場合は「御尊父」、母親の場合は「御母堂様」といいます。そして、「ただただ驚愕しております」や「驚きと悲しみを禁じえません」などの言い回しを使い、突然の不幸に対して驚き哀しんでいる旨を伝えるのです。子供がいる妻が夫を亡くした場合、「奥様がお子様の道標となられますように」と付け加えることもあります。

他にも、遠方にいて葬儀に参列できない時には、弔電の中でそのことに触れておきましょう。その際は、「即座に別れの挨拶をしに駆けつけたいのですが、遠方の地からお悔やみ申し上げます」などが文例となります。また、仕事上の取引先の関係者が亡くなった際にも弔電を送ることがありますが、その際には、「御社におけるご功績に敬意を捧げます」などと付け加えることもあります。

弔電の文例

弔電を送るサービスにおいては、弔事にふさわしい台紙や例文が用意されています。
既存の例文を活用するものいいですし、自分の言葉で書くのもいいでしょう。

届けられた弔電のいくつかは、葬儀・告別式で読み上げられます。そのため、お悔やみのことばと同様に「忌み言葉」は避けるようにしてください。

  • ○○○○様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
  • ○○○○様のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます。
  • ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。安らかな旅立ちでありますよう、心よりお祈りいたします。
  • ご母堂様のご訃報に接し、心より哀悼の意を表します。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

弔電を送る際に気を付ける言葉

弔電を送る際には、気を付ける言葉があります。例えば、普段、生活の中で使うような言葉を、敬称に言い換えるケースがあるのです。

弔電を受け取る人の実父は、ご尊父(そんぷ)様やお父様、お父上と言い換えます。母親の場合は、ご岳母(がくぼ)やご丈母(じょうぼ)というのです。 受取人の妻の父親は、ご岳父(がくふ)様、妻の母親はご岳母(がくぼ)様、ご丈母(じょうぼ)様、ご外母(がいぼ)様といいます。両親が揃って亡くなった場合は、ご両親様、ご父母様と言い換えてください。

また、夫を亡くした妻が喪主を務める場合は、夫のことをご主人様やご夫君様と呼びます。亡くなったのが妻の場合は、ご令室(れいしつ)様やご令閨(れいけい)様、奥様と言い換えてください。喪主にとって祖父に当たる人が亡くなった場合は、お祖父様やご祖父様、祖母に当たる人が亡くなった場合は、お祖母様、ご祖母様とします。子供が亡くなった場合、男子はご子息様やご令息様、女子はご息女やご令嬢、お嬢様と呼んでください。

他には喪主の兄のことを、兄上様、ご令兄様、お兄様と呼び、姉のことを姉上様、ご令姉様、お姉さまと呼びます。さらに、弟のことはご令弟様、弟様と呼び、妹のことはご令妹様、妹様と呼ぶのです。ご家族揃って亡くなった場合は、ご家族様、皆様、御一同様と呼びます。

弔電の文面を作成する時には、忌み言葉を避けてください。忌み言葉とは、言葉自体がネガティブな意味を持っているとして、意識的に使用することを避ける言葉のことです。弔電における忌み言葉は様々あります。

例を挙げると、「またまた」「たびたび」「再び」など繰り返し言葉は、不幸が繰り返されてしまうことを暗示するため、弔電では使用しません。他にも、古来より不吉と言われている数字も、弔電では避ける忌み言葉です。

例えば苦しみに通じると言われる「九」、死に通じると言われる「四」などのことを指します。加えてあ、死者の成仏を阻害すると言われる言葉も忌み言葉です。例えば、「浮かばれない」「迷う」「苦しむ」などを指します。

このように弔電の内容を決める際には、残された遺族に対して気をつかうことはもちろん、亡くなった方に対しても気遣いを忘れないようにすることがマナーです。

なお、弔電はインターネットでも手配することができます。NTTの「D-MAIL」、ソフトバンクグループの「ほっと電報」、KDDIグループの「でんぽっぽ」、「ベリーカード」、「e-denpo」などがあります。自分で文面を作成する際には、忌み言葉を使わないように気をつけましょう。

弔電申し込みの流れ

弔電を手配するには、まず弔電で打つ文章を決めます。自分で考えても、サンプルを利用しても結構です。 一般的に弔電は、NTTに連絡をして手配する流れとなりますが、やり方は二通りあります。電話による手配と、インターネットによる手配です。

日程的に余裕があまりなかったり、オペレーターと相談しながら弔電の文面などを決めたりしたい人は、115番に電話をかけると良いでしょう。そして、弔電を打ちたい旨を伝えてください。オペレータと相談しながら内容を決められます。

その際、弔電で送るメッセージの文面が決まっている必要はありません。伝えたい気持ちのイメージをオペレーターに伝えることで、弔電の文章を作成してくれます。

一方、インターネットから申込をする場合手段は異なりますが、電話のときと同様にNTTが窓口となるので安心してください。インターネットから弔電を申し込む利点は、時間を問わず申し込める点にあります。24時間いつでも申込みフォームから申し込めるのです。

さらに、インターネットから申し込む場合、弔電のメッセージ内容がどのような形で送られるのか、完成イメージをプレビューとして確認できます。 なお、弔電は通夜、葬儀、告別式が行われる日にあわせて送ります。万が一、弔電の手配が間に合わない場合は、送らないほうがよいでしょう。

また、弔電を送る費用の内訳は、「メッセージ費用」「台紙の費用」「オプション費用」「消費税」「送料」です。料金の支払いは、毎月の電話料金から支払ったり、クレジットカードで支払ったりできます。弔電の費用に差が生じる理由は、主に文字数や台紙の種類によるものです。

例えば、文字数が25文字までの場合は660円、26文字から30文字までは750円という風に、文字数によって料金が設定されています。

加えて、台紙の種類も豊富で、プリザーブドフラワーやお線香が付いた台紙などがあり、数千円から数万円といった金額の幅があります。その他にも、NTT東日本では、別途料金によるオプション追加が可能です。

例えば、「受取人名連記」というオプションを利用すると、1名ごとに60円(税抜き)の追加料金で、受取人名を連名にできます。ただし、「受取人名連記」は宛先住所が同一の場合のみ利用できるオプションサービスです。なお、郵便局にもNTTと同じように弔電を送ることができるサービスがあります。

まとめ

身内や知人が亡くなった時、葬儀に参列できない状態であれば、弔電を送ることがあります。弔電はお悔やみの言葉などを電報として届ける方法です。メッセージと一緒に花束やぬいぐるみ、お線香などを一緒に送ることができます。

送った弔電の内容は、葬儀の場で読み上げられることもありますが、多くの弔電が寄せられた場合、名前のみが紹介されるケースもあるのです。弔電が読み上げられるタイミングはケースバイケースで異なるので、事前に確認しておきましょう。また、弔電は、喪主あてに送るのが一般的とされています。

弔電をどのように書けばよいのかわからない人は、文例を参考にするとスムーズに書けます。弔電には、宛先と送り主、それと本文を書いてください。なお、本文に亡くなった人のことを書く場合、敬称を用いますが、喪主を起点とした時に、亡くなった人がどのような立場であるかを考慮して、敬称を考えなくてはなりません。

例えば、喪主の父親がなくなった場合、敬称は御尊父です。母親の場合や子供の場合など、それぞれに敬称があるので注意しましょう。

さらに、弔電を書く時にはマナーに気をつけなければいけません。例えば、忌み言葉を避けます。「たびたび」や「またまた」などは不幸が重なることを暗示させるために、弔電には使いません。加えて、苦しむことや死ぬことを暗示させる「九」「四」などの数字も避けます。

忌み言葉は、気づかないうちに使ってしまうこともありえますが、弔電を作成する際にオペレーターに助言を求めれば、アドバイスを得られるので安心してください。

そして、弔電を手配するには、NTTや郵便局とコンタクトをとることが一般的です。主な手段は電話だったり、インターネットだったりします。自分の使いやすい方を選ぶと良いでしょう。電話ではオペレーターと話しながら弔電の内容を決めることができるので、はじめての人に向いています。

一方のインターネット申込みは、時間的な制限がないので、いつでも手配することが可能です。 また、弔電の費用は、文字数や台紙の種類などによって異なります。相手との関係性を考慮して、適切な価格の弔電を送るようにしましょう。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください