「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

弔電(お悔やみ電報)の送り方と文例

弔電は訃報に接したとき、やむをえない理由で、どうしても葬儀に参列できない場合に打ちます。
亡くなった方の冥福を祈り、遺族にお悔やみを伝えるために送ります。

故人があなたにとってお世話になった方の場合、弔電だけ送るのではなく、後日なるべく早いタイミングで弔問するようにしましょう。

弔電の送り方

弔電は電報、あるいは郵便局のレタックスなどが利用できます。電話で弔電を申し込む場合のNTTの番号は「115」番です。また、最近ではインターネットからも送ることもできます。

弔電は葬儀の前日までに故人の自宅か斎場に着くよう送ります。
なお、宛先は故人ではなく喪主となります。喪主の名前がわからない場合は「故○○様ご遺族様」とします。

故人との間柄を遺族の方がわかりやすいように、名前だけでなく、住所、電話番号、会社名、部署などを入れておくと親切です。

弔電の文例

弔電を送るサービスにおいては、弔事にふさわしい台紙や例文が用意されています。
既存の例文を活用するものいいですし、自分の言葉で書くのもいいでしょう。

届けられた弔電のいくつかは、葬儀・告別式で読み上げられます。そのため、お悔やみのことばと同様に「忌み言葉」は避けるようにしてください。

  • ○○○○様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
  • ○○○○様のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈り申し上げます。
  • ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。安らかな旅立ちでありますよう、心よりお祈りいたします。
  • ご母堂様のご訃報に接し、心より哀悼の意を表します。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください