参列・葬儀マナー

弔問・葬儀に参列する際の服装のマナー・持ち物

通夜・葬儀では、参列者は略礼装が基本です。

男性であれば、ブラックスーツもしくはダークスーツに白シャツ、黒ネクタイとなります。
女性であれば、和装と洋装がありますが、いずれも地味な色無地が基本です。アクセサリーは控え、小物も派手なものは避けましょう。
子どもの場合は制服が礼装となります。制服がなければ地味な色合いの服装を選びます。

弔問の際は、基本的に平服です。通夜前には「とにかく駆けつけた」とわかるよう、葬儀後には遺族が日常に戻ろうとしていますから、カジュアルすぎない普段着を着用します。

男性の服装

略礼装(洋装)

ブラックスーツを着るのが一般的ですが、ダークスーツでもかまいません。

  • ブラックスーツもしくはダークスーツ
    スーツと同じ布であればベストを着用してもかまいません。濃紺や濃いグレーなどのダークスーツでもかまいません。
  • 白無地のシャツ
    白い無地のシャツに、黒無地のネクタイをします。ネクタイピンはつけません。
  • 足元はシンプルに
    靴下は黒無地、靴は光沢のない革靴を履きます。
  • 小物は控えめに
    派手な時計やアクセサリーは控えましょう。カフスボタンをつける場合は黒石のものをします。

女性の服装

略礼装(洋装)

一般の参列者として弔問する際や急な訃報で駆けつける際に着用するものです。

  • 地味な色のアンサンブルやスーツ
    黒や濃紺、濃いグレーなどの地味な色を着用します。黒のブラウスとスカート、あるいは黒のパンツスーツでもかまいません。ただし、カジュアルすぎるものは避けましょう。
  • 黒のパンプスが基本
    ブーツやサンダルは避け、シンプルな黒系のパンプスがよいでしょう。
    ストッキングは黒または肌色のものを着用します。

略礼装(和装)

洋装の略礼装と同様、参列者が着用するものです。

  • 地味な色無地が基本
    地味な色無地の一つ紋か三つ紋付きが基本です。または地味な小紋の着物に一つ紋付きの黒の羽織でもかまいません。地味な色であっても、めでたい柄のものは避けるよう気をつけましょう。
  • 帯まわりは黒で統一する
    無地か地紋付きの黒帯を合わせ、帯締め、帯揚げも黒で統一します。
    半襟は白、長襦袢は白あるいは淡色の無地のものにします。

子どもの服装

学校の制服

子どもであれば、性別・年齢を問わず、学校の制服を着れば大丈夫です。

靴下は白か黒を着用し、フリルなど装飾の目立たないものが無難です。
靴は黒で、運動靴は避けましょう。
髪が長い場合は、すっきりとまとめます。髪飾りはつけないほうがよいでしょう。

制服がない場合

学生でない場合、学生であっても制服がない場合には、地味な色合いの普段着でかまいません。
キャラクター付きのものは避け、ブレザーやベストにパンツやスカートが望ましいでしょう。

地味な色合いの上着
黒や紺、グレーなどの地味な色合いを選びましょう。
ボタンも地味な色に
もし上着のボタンが金や銀であれば、地味な色に付け替えたほうがよいでしょう。
シャツ・ブラウスは白
シャツやブラウスは白が基本です。シャツのボタンは上まで留めましょう。
ネクタイはしなくてもかまいません。

大学生などの場合は、大人と同様、男性ならブラックスーツやダークスーツ、女性なら地味な色のアンサンブルやスーツがよいでしょう。

持ち物・小物

数珠

数珠は本来、僧侶が読経を唱える回数を数えるために使っていた仏具です。
なるべく持参したほうがよいものですが、なくても失礼にはあたりません。

葬儀の際における数珠の持ち方(マナー)

数珠の正しい持ち方については、まず、左手の親指と人差し指のあいだに輪を通し、房を下にして持つのが基本となります。
本連数珠(煩悩の数に由来する108個の珠からなる正式な数珠。二輪数珠とも)の場合は二重にして持ちます。
合掌するときは合わせた両手にかけて親指で軽く押えるか、左手にかけて右手を添えるように合わせてもかまいません。
焼香の際は数珠を左手にかけ、右手で抹香をつまみ、焼香するようにしましょう。

アクセサリー

結婚指輪を除いては基本的につけません。
ただし「涙の象徴」とされるパールは例外で、つけることができます。その際も「不幸が重なる」ということを連想させる2連のものは避けるのがマナーです。
また、ネックレスかイヤリングなど、身につけるのはひとつがよいでしょう。

バッグ

シンプルなデザインの黒い布製が基本で、エナメルなど光沢のある素材は厳禁です。
また、大きな装飾や金具の付いたものは避けましょう。

ふくさ

葬儀には、ふくさに香典などの不祝儀袋を包んで持参します。
紫、緑、藍、グレーなどが不祝儀用の色とされています。

手袋

黒い布製のものを着用します。焼香をするときなどは必ず外します。

ハンカチ

白の無地が基本ですが、黒のフォーマル用でもかまいません。色物は避けます。

黒、紺、グレーなど地味な色合いのものを使います。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません