葬儀の流れ

ご臨終から納棺までの流れ

ご臨終から、通夜前に行われる納棺までの一連の流れのページです。

ご臨終から通夜前の納棺までには、おおよそ決まった一連の流れがあります。しかし、病院でご臨終を迎えても、どのように納棺まで進めればよいのかとまどう場合もあるでしょう。自宅や斎場に故人のご遺体が安置され、棺に納められるまでの流れや手順について知っておくと、いざというときに慌てずに済みます。どのような流れや手順で進められるのか、わかりやすく解説させていただきます。

ご臨終から遺体安置までの流れ

 医師の死亡判定を受ける

医師の死亡判定

ご臨終を迎えると、医師による死亡判定が下され、遺族に宣告がなされます。

その後医師によって死亡診断書が出されます。死亡診断書は死亡届を提出するのに必要になります。

(ご自宅で亡くなった場合には必ずかかりつけの医師に連絡しましょう)。

 死亡診断書ってなに?

死亡診断書(死体検案書)とは人の死亡を医学的・法律的に証明し、死亡者本人の死亡に至るまでの過程を可能な限り詳細に論理的に書面で表すものです。死亡診断書が無いと火葬や埋葬ができないばかりか、故人への課税や年金受給などが継続して発生し、社会的に混乱を招くことになります。
なお、死亡診断書の提出期限は基本的に7日以内で、提出を怠りますと罰金刑や過料に処されることもあります。

末期の水

末期の水

「末期(まつご)の水」とは、死者があの世で渇きに苦しまないようにとの願いを込めた風習です。
「死に水」ともいいます。

茶碗に水を用意し、割り箸の先に挟んだ新しい脱脂綿やガーゼ(あるいは新しい筆の穂先)に水を含ませ、故人の唇を潤します。故人と関係が深かった順番に行います。

清拭・着替え

清拭・着替え

遺体をアルコール(または湯)で丁寧に拭き、身を清めます。その後、口、耳、鼻、肛門に脱脂綿を詰める処置をします。
これらの処置を「清拭」といい、看護師などが死後措置の一環として行ってくれます。

遺体を清めたら、病衣から、遺族が用意した浴衣や、故人が好んでいた衣類に着替えさせます。

死化粧(エンゼルメイク)

死化粧

「死化粧(エンゼルメイク)」とは髪を整え、爪を切り、薄化粧を施すことです。男性の場合は髭剃りも必要です。
生前の面影に近づけるよう、顔にやつれがあれば含み綿などを施します。

病院によっては死化粧をしないので、その場合は納棺の前までに、遺族で行うか、葬儀社に依頼しましょう。

遺体安置(病院)

遺体の一時安置(病院)

ご臨終後の処置が終わったら、遺体はストレッチャーなどで病室から病院の霊安室に移され、一時的に安置されます。

この後は看護師などの手を離れ、遺族がさまざま手配などを行うことになります。
まずは親族へ逝去の一報を入れるようにしましょう。

霊安室では遺体を長い期間置くことができないので、ご注意ください。

遺体搬送先の決定、葬儀社の手配

遺体搬送先の決定、葬儀社の手配

まず遺体の搬送先を決めます。

近年では遺体を自宅に連れ帰らずにそのまま斎場に搬送するケースも増えています。
搬送先が決まったら、葬儀を執り仕切る葬儀社の選定をし、手配をします。

遺体搬送だけを葬儀社に頼むことも可能です。その場合は搬送後にあらためて葬儀社を選びましょう。

遺体搬送、遺体安置

遺体搬送

葬儀社によって病院から搬送された遺体が、自宅あるいは斎場の安置室に着いたら、すぐに納棺はせず、遺体を布団に安置します。

遺体は頭を北に向ける「北枕」にします。
これは釈迦が入滅の際に北の方角に頭を置いて横になったことが由来とされています。

枕飾り

枕飾り

「枕飾り」では、白木の台に、香炉、線香、燭台を用意します。花立てにはしきみなどの1輪の花を供えます。また、枕飯、枕団子を供えます。

遺体の胸の上または枕元には「守り刀」を置いたり、枕元に逆さにした屏風を置いたりもします。

これらは多くの場合、葬儀社で用意してくれます。

枕勤め

枕勤め

枕飾りを整えたら、僧侶を呼んで「枕勤め」を依頼します。
遺体のそばで「枕経」を読む儀式です。

このときの遺族の服装は平服でかまいません。
亡くなったあとの最初の仏事となりますが、近年は省略し、通夜の読経とあわせて行うケースが増えています。

現在は臨終後に行うのが一般的ですが、もともと枕経は死を見取りながらお経をあげることをいいます。

葬儀の準備・手続き

葬儀の準備・手続き

通夜、葬儀・告別式がはじまるまでに、必要な準備や手続きを行います。

葬儀内容の決定、葬儀の告知をはじめ、僧侶への連絡など、しなければいけないことはたくさんあります。

心身の負担が大きい時期ですが、葬儀社のサポートを受けながら、行っていきましょう。

>> ご逝去から遺体安置までの準備、対応について知りたい方はこちら
>> 通夜前の準備、対応について知りたい方はこちら

納棺の流れ

湯灌

湯灌

「湯灌(ゆかん)」と亡くなった方を風呂に入れる儀式で、故人の体を洗い清める意味があります。

現在は専門業者が給排水装置を備えた専用設備を持ち込んで行いますが、最近では「清拭(せいしき)」で済ませるケースも増えています。

湯灌を希望する場合は葬儀社に依頼しましょう。

死装束

死装束

納棺にあたっては故人に死装束を着せます。

死装束とは旅立ちの装いです。本来は白の巡礼姿ですが、三角布や経帷子(きょうかたびら)に代表される昔ながらの死装束は近年ではあまり見られません。

故人の愛用していた服を着せることもあります。

納棺

納棺

納棺は本来、遺族の手で行うものでしたが、近年は葬儀社や「納棺師」と呼ばれる専門業者の手を借りて行います。
故人の旅立ちの支度をする大切な儀式です。

遺族の手で遺体を棺に納め、合掌をしたあと、ふたを閉めます。

納棺の際には故人の愛用品を副葬品として入れることができます。

>> 通夜当日の準備、対応について知りたい方はこちら

葬儀の日程を決めるための3つの重要ポイント

葬儀日程の決め方は、葬儀の形式に影響を受けます。葬儀形式は代々受け継がれてきたものがあるかもしれませんし、故人や遺族の特別な意向があるかもしれません。いずれにせよ、よく相談した上で葬儀の形式と日程を決めることが大切です。葬儀の形式は、予算にも関係します。その点も含めて、葬儀日程の決め方を紹介しましょう。ポイントは、3つあります。

1.葬儀の形式と葬儀場の空き状況を確認する

葬儀の形式は、大きく分けて3種類です。1つは一般葬や家族葬で、一般的なお通夜や告別式・火葬を行う形式を指します。2つめは、火葬式や直葬です。この形式では、お通夜や告別式などの儀式を行いません。3つめは一日葬で、告別式と火葬を1日で終えます。告別式と火葬を1日で終えることは一般葬や家族葬でもよくありますが、一日葬ではお通夜もしないのが特徴です。どの形式で葬儀を行うかが決まれば、葬儀場の空き状況と相談を始められます。

2.火葬場の空き状況

葬儀日程を大きく左右するものに、火葬場の空き状況があります。火葬場が決まらない限り、葬儀は行えません。従って、葬儀会場を予約する場合も火葬する日時を決めてから逆算する必要があります。火葬場が混雑していて、すぐには葬儀を出せないケースも少なくありません。亡くなる方がある時期に集中していたり、火葬場の休業日明けに混雑したりすることもあります。特に、友引の日や年末年始には混雑を見込んでおいた方が良いでしょう。

地方自治体などが運営する公営の火葬場では、営業日が役所と同じということも珍しくありません。ただし、中にはほぼ無休で運営している公営の火葬場もあります。民営に比べれば、公営の火葬場の方が料金が割安です。休業が少ない上に料金が割安となると、その分混み合う可能性も高くなります。ご臨終を迎えたら、早めに火葬場の空き状況を確認するのが優先事項です。

3.僧侶や親族の都合を考慮する

仏教式の葬儀を行う場合、菩提寺があればその住職を葬儀に呼ぶことになります。通夜の前に遺体のそばで枕経を読む儀式を行うのであれば、枕勤めを僧侶に依頼しなければなりません。その場合は、ご臨終の後すぐに僧侶に連絡を入れる必要があります。法事や供養など、僧侶の予定が詰まっていることもあり、スムーズに依頼できない可能性もあるでしょう。同時に、親族や三親等以内の人の予定も確認して葬儀の日程を決めていくことが大切です。

臨終から葬儀までの日数で最短は2日

ご臨終から葬儀までは、最短でも2日間を要します。というのも、埋葬や火葬には厚生労働省によって定められた24時間ルールがあるからです。法律によって、ご臨終から24時間経過するまでは埋葬や火葬をしてはならないと決められています。死亡判断ミスを防ぐために決められた法律で、このルールも考慮した上で葬儀日程を決める必要があります。過去には仮死状態を死亡と判断した後に蘇生するケースがあったため、医療技術が発達した現代でも念のための24時間ルールが設けられているのです。

ご臨終を迎えてから24時間経つまでの間に、火葬場の予約がスムーズに取れれば最短2日間で葬儀を行えます。しかし、火葬場の混雑状況に加えて、ご臨終を迎える場所によって葬儀までの流れが変わることも考慮しておかなければなりません。ご臨終は、病院などの医療施設で迎える場合と医療施設以外の場所で迎える場合の2パターンがあります。

どちらのパターンになるかで、手間も時間も違ってくるのです。医療施設でご臨終を迎えた場合は、医療機関から連絡を受けた後に親族に連絡を入れて葬儀社の手配をします。霊柩車の手配をする必要もありますが、こちらは葬儀社が兼ねているケースも多数です。ご遺体の搬送や安置は、医療施設内では看護師などが担当しています。医療機関を出てからは葬儀社のスタッフが行いますが、親族が手伝うこともあります。

ご臨終を迎えるのが病院などの医療施設以外の場合、まずかかりつけの医師あるいは警察に連絡します。死亡診断書を発行できるのは、医師と歯科医師のみです。死亡確認をしなければ死亡診断書を作成できないため、例外以外は死亡確認に医師の立ち合いを要します。例外とは、最後の診察から24時間以内の死亡か、確実に生前診療していた傷病による死因かなどです。

また、かかりつけの医師がなく警察に連絡した場合は、事件性があれば解剖施設で死因の特定が行われます。事件性がなければ解剖の必要はありませんが、ご遺体の搬送や安置は警察医によって死因が特定されて死体検案書が出た後です。これらの流れの違いによって、葬儀の日程に影響が出てきます。

葬儀がすぐにできない場合

火葬場の混雑や警察で死体検案書を出してもらうまでに時間がかかった場合、葬儀がすぐにできないことがあります。特に、死体解剖の必要が出た場合などは、見込み以上に葬儀までの期間が延びてしまうかもしれません。警察で解剖が行われている間は問題ないとしても、火葬場の混雑によって葬儀日程が延びてしまうのはご遺体の安置場所も心配になるでしょう。ご遺体の安置場所によって、費用も違ってきます。葬儀をスムーズに出せないだけでも気がかりになるでしょうが、費用についても考えておかなければなりません。

葬儀社でも自宅などでも、ご遺体の腐敗を防ぐためにドライアイスを使用することになります。このドライアイスにかかる費用は、1日5,000円~10,000円が相場です。また、葬儀社でご遺体を預かってもらうこともできますが、その場合はドライアイス代に加えて安置のための施設使用料も必要になってきます。葬儀社に葬儀を依頼するとドライアイス代やご遺体安置代が含まれていることもありますが、その場合でも基本期間を超えたら追加料金が請求されるかどうか確認しておいた方が良いでしょう。なお、ご遺体の安置施設使用料は、1日5,000円~30,000円が相場です。

ドライアイスを使っていても、ご遺体の安置期間が4日を超えると腐敗が進んできます。ドライアイスは最も安価な方法ですので、故人の容貌をできるだけ保ちたいときはエンバーミングを検討してみるのも一案です。エンバーミングはもともと遺体の保存や保全といった衛生面が主目的でしたが、日本では生前のような表情を保つ目的が主眼とされる傾向があります。加えて、日本では遺体の99%以上が火葬されているため、感染症など衛生面での心配はあまりないからです。

けれども、エンバーミングは日本でも普及し始め、葬儀社が整えてくれる死装束や死化粧とは格別の技術も発達しています。相場は150,000円~200,000円程ですから、予算が許せば検討する価値があるでしょう。このように、予想外に葬儀までの日程が延びて費用負担がかさんでくることもあります。ご遺体安置の方法についても、遺族でよく相談して決めることが大切です。

お葬式の日程が延びる場合に知っておきたいこと

葬儀の日程が延びる場合、心配になることは主に2つ考えられます。1つはご遺体の保存状態、もう1つは葬儀に参列する親族の予定です。自宅でご遺体を安置する場合も葬儀社で預かってもらう場合でも、基本的にはドライアイスでの保存となります。使用するドライアイスは同じでも、扱いに慣れていない人が自宅でご遺体を保存するのは大変です。効果的に保存されていても、4日も経過すれば腐敗が進行してきます。その上、葬儀を行うまでの棺守りをしなければなりません。

これは、灯明と線香の火を絶やさずに、お棺に付き添う儀式です。一般的にはご遺体が自宅に安置されて通夜から葬儀までの間、夜通し棺守りをします。葬儀までの期間が長くなればなるほど、棺守りをする人の負担が重くなってしまうでしょう。

例えば、エンバーミングを施せば、ドライアイスなしでも5~7日間ほどご遺体の状態を保つことができます。夏場で5日間ほど、冬場で7日間ほどといったところです。ただし、エンバーミングをする期間がかかることも考慮しておかなければなりません。

また、葬儀社でドライアイスや保冷庫を利用してご遺体を安置してもらう場合でも、ドライアイスの量や置き方によってはご遺体の損傷につながる可能性があります。遺体安置に用いるドライアイスは、1個が約2.5kgもする重量です。一般的にはこれを4個、位置は内臓のある腹部の上に置かれています。4個セットで、1日1回は交換するのが通常です。ドライアイスは時間の経過で気化するといっても、重みで腹部が変形したり密着不足で冷却効果が十分に出なかったりすることもあるでしょう。だからこそ、ドライアイスの正しい扱いに慣れている葬儀社を選ぶことも重要になってきます。

葬儀の日程が延びると心配になるもう1点は、親族の予定です。大事な親族とのお別れとはいえ、日常の生活もある身にとっては葬儀の日程がなかなか決まらないのは困るでしょう。場合によっては、葬儀の采配をする人の手際を指摘されるかもしれません。多くの人が故人を安らかに見送るためにも、評判の良い葬儀社を調べておいたりご臨終から葬儀までの手順を把握しておいたりすることが役立ちます。

まとめ

ご臨終から葬儀までの日程を決め、滞りなく葬儀を負えるまでは誰でも緊張するものです。その上、予想外のどうにもならない状況に葬儀日程がなかなか決まらないということもあります。そんなときでも、ストレスを溜め込まずに葬儀を終えるまでの日程を過ごすには、頼りになるサポーターの存在が必要です。葬儀のプロである専門家なら安心して頼ることができ、しっかり支えになってくれるでしょう。信頼できる葬儀社を選ぶことは、故人のためだけでなく遺族の安らぎのためにも役立つはずです。

ここまでお話した火葬場の混雑状況や死亡判断の場所については、親族がご臨終を迎えて初めてとまどうことになるケースがよくあります。2~3日であれば、ご臨終から葬儀まで待つことになっても想定内と思えるかもしれません。しかし、さらに葬儀までが延期になってしまうと、ご遺体の安置にも親族の予定にも気がかりが増えてくるでしょう。葬儀に参列する人にとっては、少なくとも葬儀の日程が決まれば安心できます。速やかに葬儀の日程を決めるためには、ご臨終から葬儀まで期間がかかることを想定した上で手際の良い葬儀社に依頼した方が良いでしょう。

また、火葬場の予約も、葬儀社の采配にかかってきます。仕事が速い葬儀社であれば、混雑している中でも最速の予約を取れることでしょう。ご遺体の安置の仕方や予算に見合った提案なども、葬儀社次第です。葬儀までの日程が長くなり、葬儀そのものへの費用を減らさなければならなくなることもあるかもしれません。故人や遺族の希望に沿った葬儀をするためにも、スムーズに葬儀にこぎつけることが大切です。

また、いざ葬儀を迎えたときに、安らかな表情のご遺体を確認したいのは誰にも共通でしょう。どのようなご遺体の保存方法が最善か、知識も技術も知り尽くした葬儀社には安心してご遺体を預けることができます。最寄りというだけでなく、複数の葬儀社を比較して総合的に信頼できる葬儀社を探してみるのがおすすめです。頼りになる葬儀社のサポートを受けることができれば、親族一同で安心して故人を見送ることができるでしょう。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置

心に残るお見送りをお手伝い
信頼の葬儀社

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません