葬儀の流れ

通夜の流れ

通夜の流れのページです。

「通夜」とは、告別式の前に弔問客を招いて1時間から2時間程度の短時間で行われる儀式ですが、近年では通夜のみに参列する人が増えつつあります。突然通夜へ参列する時に慌てないように、事前に基本知識を持っておくと便利です。このコラムでは、仏式で行われる通夜の一般的な流れや、知っておきたいマナーを紹介するので参考にしてください。

一般的な通夜の流れ

通夜の準備

通夜の準備

葬儀社が斎場設営を行い、遺体を納めた棺を安置します。

供花は斎場での配列を相談・指示し、だれから贈られたかを記録します。

事前の打ち合わせどおりに、参列者に渡す礼状・返礼品を葬儀社が準備しているか、案内・受付・会計・返礼を渡す係など世話役がそろっているか、確認をしましょう。

当日受付

当日受付

世話役は分担に従い、それぞれの配置につきます。

受付前列には芳名カードと香典を参列者から預かる受付係を配し、後列には芳名カードと香典を照合し現金管理をする会計係が控えます。
季節や会場により参列者の手荷物を預かる必要もあるでしょう。

通夜開始時刻の30分前から受付ができるようにします。

一同着席、僧侶入場

一同着席、僧侶入場

遺族は喪服を着用し、着席します。喪主を筆頭に、故人との血縁の近さと家族単位で席順を決めましょう。

一般的に、祭壇に向かい右側に遺族が、左側に葬儀委員長や職場関係者、親しい友人などが座ります。

通夜開始時刻になると葬儀社担当者の呼び込みにより僧侶が入場、通夜が始まります。

読経、焼香

読経、焼香

僧侶による読経は30分程度行われます。

斎場によっては、長時間の正座が必要な場合があります。足を少しずらすなど工夫してしびれを逃がしましょう。

僧侶もしくは葬儀社担当者の誘導により、焼香が始まります。席順通りに、喪主、親族、参列者と焼香を続けます。
喪主は一般参列者に黙礼をしましょう。

法話

法話

読経、焼香のあと、僧侶から法話や説教がある場合があります。遺族や着席の参列者はそのまま耳を傾けましょう。

世話役は、焼香の済んだ参列者を通夜ぶるまいの会場に誘導したり、騒いでいる子どもを控室に案内したりなど、参列者への心配りが必要です。

僧侶退場、喪主挨拶

僧侶退場、喪主挨拶

僧侶は読経、法話を終えると退席します。遺族はその場でお辞儀をして見送りましょう。

僧侶が退場したら、喪主は参列者に挨拶を行います。参列への感謝、故人の生前や病気療養中の厚情に対するお礼を伝え、通夜ぶるまいの席に誘導しましょう。

翌日の葬儀の時間も合わせて案内します。

通夜ぶるまい

通夜ぶるまい

多くは通夜のあと1時間ほど、喪主から参列者への感謝を伝える接待「通夜ぶるまい」を設けます。

参列者は故人をしのび、遺族は酒や料理で参列者をもてなします。
参加者数をおおよそで予測し、葬儀社を通して飲み物と盛り合わせ料理などを準備しておきます。

喪主は時間を見計らい、閉めの挨拶を行います。

棺守り

棺守り

参列者や世話役が退出し、遺族だけになり、本来の意味での「通夜」となります。
夜を通して、灯明と線香の火を絶やさず、お棺に付き添う「棺守り」です。体力、余力のある遺族で行います。

翌日に葬儀も控えていますので、心身を消耗している遺族は無理をせず、体を休めることを優先しましょう。

>> 通夜当日の準備、対応について知りたい方はこちら

お通夜における全体の時間はどれくらい?

現代では、半通夜と呼ばれる短時間で終了する通夜のスタイルが一般的になっています。このため、通夜にかかる時間は短くて1時間、長めで2時間前後が一般的です。だいたい18時ごろから通夜は執り行われるケースが多いですが、開始時間よりも1時間程度早く受付をする弔問客もいます。この時、香典を持参した人は受付に渡し、名前や住所を記帳してから会場へ入りましょう。

通夜の開始時刻よりも早めに訪れればその分会場にいる時間も長くなりますが、仕事や交通などの点から開始時刻に遅れて参列する人も少なくはありません。 通夜の開始時刻より約15分前に親族が着席し、その5分後に弔問客が着席するように案内されますので、通夜の開始時刻に遅れたくない場合は、早めに会場に訪れると良いでしょう。

僧侶が開始時刻になって入場し、司会者による案内の後にだいたい30分から40分程度の読経が開始され、その間に弔問客は焼香を順番に行います。読経修了後は僧侶による法話がされます。

そして、僧侶が退場した後に喪主からの挨拶があり、通夜が閉会するのがだいたいの流れです。弔問客の数などによって通夜全体にかかる時間は異なりますが、通夜の後に行われる通夜振る舞いを含めれば3時間前後が一般的とされます。

通夜振る舞いとは、弔問客へ喪家が料理や飲み物を振舞って故人を偲ぶことです。通夜に訪れた人の数が多ければ焼香を終了した弔問客へ順番に席を促す場合もありますが、多くは喪主の挨拶を終了してから通夜振る舞いは行われます。通夜振る舞い自体は1時間から2時間程度と言われますが、弔問客ごとに随時散会するケースがほとんどです。

通夜振る舞いの席では、普段会えない人と再会し会話する機会もありますが、あまりにも長居をしたり、大きな声で歓談したりするのはマナー違反になるので注意してください。また、通夜振る舞いに関しては行わない地域も存在しますので、そうした地域での通夜ではその分全体にかかる時間は短くなります。通夜の流れには様々なしきたりや現在のマナーがありますが、故人の冥福を祈り、遺族の気持ちを汲むことが弔問客のすべきことです。

お通夜の知識

もともと通夜は夜通し行われた儀式でした。遺族が故人との別れを悼む最後の夜となり、一晩中遺体の側で過ごすため夜伽とも言われます。通夜の起源は釈迦が入滅した際に、その死を嘆いた弟子達が釈迦の説いた説法について夜通し語り合ったものです。現在でも、故人や故人との思い出について語り合ったり思いをはせたりしながら、冥福を祈る大切な儀式となっています。

かつては葬儀を執り行うのは故人が住んでいた地域であり、遺族だけでなく親類や故人とゆかりのある人々が集まって行うものでした。香や蝋燭を炊き続け一晩中見守るのは遺体に邪気が入らないようにと言う意味がありましたが、遺体に野生生物を近寄らせないためや、遺体の腐敗による臭い消しの目的もあったのです。

現在では、葬儀は喪家が行うものであり、故人の関係者もそれぞれが遠い地域に住んでいる場合が多いため告別式に参列するのが難しくなっています。このため、遺族やごく親しい関係者のみが告別式に参列し、一般の弔問客は通夜にのみ訪れる場合も少なくはありません。しかし、現在の通夜では、遺体の保存技術が進化しているほか、野生生物に襲われる心配もないため夜通し儀式を行わないのが一般的です。簡素化した半通夜と呼ばれるスタイルで行われる場合が多く1時間から2時間程度の短時間で終了します。

また、現代の通夜は告別式が本来持つ追悼の意味を持つようになった他、告別式は日中に行われるのが一般的なため、時間的にも参列するのは困難と言う人が増えています。告別式に出席しないのはマナー違反だろうかと悩む人もいますが、前述したように近年では通夜にのみ参列するケースが多く、一般的にマナー違反ではありません。

逆に、故人と親しく告別式のみ参列したいケースもありますが、告別式に出るなら通夜にも参列すべきかと言えば、どちらでも良いと言うのが結論です。両方に参列しても、どちらか片方に参列しても良く、スケジュールに無理なく訪れるケースが増えています。ただし、葬儀のスタイルや宗派、喪家などによって考え方は違うので不安であれば事前に確認するとよいでしょう。

恥をかかないためのお通夜の服装

故人の急な逝去によって行われる通夜は平服で良いと言うのが本来のマナーでしたが、現代では喪服の着用が一般的とされています。とは言え、訃報を知って駆けつけると言う意味では今も昔も変わりがなく、基本的に略式喪服であればマナー違反にはなりません。遺族は喪服か準喪服を着用するのがマナーですが、参列者の場合は冠婚葬祭用として売られているブラックフォーマルかスーツを着用すれば恥をかくような失敗はせずに済みます。加えて、小物類もブラックで統一するのを忘れないようにしてください。ネクタイや靴下、女性ならストッキングやバッグなども黒一色で揃えるのが一般的です。ただし、光沢のあるマテリアルが使われている小物類や金属は避けてください。

通夜や告別式の場では故人の死を悼むべきであって、自己アピールをせずに慎ましい行動を心掛けるのが常識です。このため、目立つ服装は避けなければなりません。また、パンプスには金具や装飾が付属していないデザインを選ぶのがマナーです。飾り気がないシンプルな黒のパンプスであれば間違いはありません。現代では、通夜のみに参列する人が多くなり、故人と最後に分かれる場となっています。したがって、略式でも喪服を着用するのが望ましいとされますが、通夜が一般的に夕方から開始されるために喪服を着るのが難しいケースも少なくはありません。仕事先から駆けつける場合もあるので、このような人は平服でも構わないとされています。けれども、可能な限りカラーリングが落ち着いた服装を心掛けるべきですので、事前にブラックやグレーなどの服を選んでおきましょう。

さらに、和装で通夜に出かけたい人もいるでしょうが、避けるべきと言えます。和装は正式喪服になりますが、参列者の場合、遺族よりも格式が高い喪服は葬儀でも法事でも着用しないのがマナーです。着物が好きだからと言う理由で通夜に和装の正式喪服ででかけて、遺族が一般的なブラックフォーマルを着用していたら失礼に当たります。前述しましたが、通夜や告別式は自己アピールの場ではありません。参列者はなるべく地味な服装を心掛けるべきと知っておけば通夜の服装で悩まずに済みます。

喪服の基本ルール

通夜のマナーとして基本的なのは喪服のルールです。参列者は目立つ服装は避けて自己アピールをしないようにします。また、平服で通夜に参加するのが避けられないため、喪服のかわりに喪章をつけるべきと考える人もいますが間違ったマナーです。出先で訃報を知って駆けつける場合は、その旨を遺族に伝えて平服である理由を知ってもらうと失礼がありません。喪章は遺族がつけるものであって、参列者の平服を喪服にするものではないので絶対に身に着けないでください。更に、身に着けるのがマナー違反なのは、毛皮です。派手な服装を避けるべきであるのと殺生をイメージさせるため、男女ともに着用すべきではありません。毛皮のコートは勿論、部分的に毛皮が使われているデザインのものやマフラーなどの小物類も着用しないでください。

また、女性の場合はメイクやヘアスタイルもなるべく地味でナチュラルな雰囲気にするのが基本です。マナー違反になりますので、ネイルや香水も避けましょう。肌の露出も少なくするのが望ましいので、胸元が広く見えるデザインのブラウスを着用したり、素足のまま参列したりするのは失礼になります。特に、スカートの場合は肌色のストッキングは選ばずに黒色を着用してください。素足ではありませんが素足に見えるのを避けるためにあえて黒いストッキングを選ぶのが基本です。

金属も避けるべきですので、アクセサリーは結婚指輪のみにしましょう。しかし、女性の場合は真珠のアクセサリーを着用するのが一般的になっています。ただし、真珠のネックレスは1連のデザインに限って着用するのがルールで、2連のものは重なると言う意味があるため通夜や告別式では着用すべきではありません。真珠は涙をイメージすると言われ、現代の通夜や葬儀で着用するのはマナー違反にはならないとされています。

喪服の基本ルールを覚えたら、通夜での流れを知って慌てずに行動するのを心掛けましょう。まず、通夜に必要な基本的な物は略式喪服と香典です。数珠は絶対に必要なものではないので、持っている人は持参してください。香典にするお札は新札でないものを用意して香典袋に包み、更に会場へ持参する際には袱紗に包んでおきます。会場に着いたら受付でお悔やみを述べて係の人に袱紗から取り出した香典を渡しましょう。記帳をしてから会場に入り、焼香が始まっていたら順番を待って焼香を行います。

焼香は遺族や親族に一礼してから更に祭壇へ一礼し合掌してから始めてください。まず、右側にある抹香を親指・人差し指・中指を使ってつまみ上げ、手を裏返して目と同じ高さに持ち上げます。次に、指先を擦りながら抹香を香炉へ落とします。これらの動作を3回繰り返してその場で合掌し、祭壇と遺族に一礼して席に戻るか退場してください。

遺族との対面ではお悔やみの言葉を伝える必要もあります。「ご愁傷さまです」などはよく聞きますが、緊張した場で言いにくい場合には、「○○さんの生前には大変よくして頂きました」などで構いません。できれば「お力落としのないように」などの遺族を思いやる言葉を添えられるとより良いです。通夜の終了後は通夜振る舞いの席に呼ばれるケースが多いですが、供養のために行われるので一口でも料理や飲料を頂くのがマナーです。

まとめ

通夜のあり方は時代と共に変わっています。古い時代には遺族だけでなく地域住民などと共に通夜を執り行い、一晩中故人の死を悼みながら遺体を守るスタイルでした。現代では、通夜と告別式の意味合いは同じものになりつつあり、告別式に参列せずに通夜のみに参列する傾向にあります。

通夜も一晩をかけて行うものではなく、数時間で行われる儀式が一般的となっていますが、略式となっても遺族や関係者が故人を悼む気持ちには変わりありません。参列者が故人の冥福を祈っていると遺族へ伝えるには、通夜や告別式で慎ましく行動し、失礼のないようにマナーを守ることだとも言えます。通夜でのマナーはしきたりや宗派、地域などで異なる面もありますが、基本的な部分では大差ありません。

特に、喪服については間違いたくない人も少なくありません。喪服は略式でも良いですが、光って見える素材やアクセサリーなどは避け、黒一色であれば恥をかくようなマナー違反にはならず安心です。ただし、女性の場合は足元やメイクなどで配慮する部分が多いため、迷った場合にはとにかく地味とシンプルを心掛ければ間違いは少なくなるでしょう。

また、真珠のネックレスは日本での葬儀に本来なかった文化ですが、現代では広く着用されているアイテムですので身に着けても問題ありません。ですが、喪を繰り返すと言うイメージにつながらないシンプルなデザインを選ぶ必要があるので注意してください。

さらに、喪服を用意できなかったケースでは、平服で通夜に参列しても構わないと言う考え方があるにせよ、遺族が受ける印象を考える必要があります。家族の死を悲しむ遺族が平服の参列者を見た時に故人を軽んじていると思えば失礼にあたります。平服でも駆けつけたかったなどの思いを伝える言葉を遺族にかけると良いでしょう。

その他にも、お悔やみの言葉は無理をせずに、シンプルな言葉で伝えます。形式ばかりを考慮するよりも、故人の逝去が何よりも残念であり、遺族を気にかけていることなどが伝わるようにすると良いです。通夜に参列する時には、何よりも故人と遺族のことを考えて行動し、自分の主張は控え目にしておけば大きな間違いはありません。それでも分からないことがあった場合は、事前に喪家へ連絡したり、他の参列者に合わせたりするなどの対策をしましょう。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置

心に残るお見送りをお手伝い
信頼の葬儀社

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません