「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀・告別式の流れ

葬儀・告別式の流れのページです。

死者を弔う「葬儀」と故人に別れを告げる「告別式」は、本来は別々の儀式です。もともと「葬儀」は人の死を弔うために行われる祭儀・儀式のことで、「告別式」は友人や知人が焼香をして、故人にお別れをする儀式を指します。ただ、現代では「お葬式」として一緒に執り行うのが一般的になっています。葬儀、告別式の流れは地方や宗派によっても多少異なりますが、大まかな流れはだいたい決まっています。ここでは、一般的な葬儀、告別式の流れについてご紹介していきますので、今後の参考にしてみてください。

一般的な葬儀・告別式の流れ

葬儀・告別式の準備

葬儀・告別式の準備

斎場の多くの部分は、前日の通夜のものを引き継ぎます。

通夜を自宅などで行って葬儀・告別式は斎場などで行う場合には、当日の午前中に設営が必要になります。
喪主、親族は、告別式後すぐ火葬場に移動することを念頭に置き準備しましょう。

通夜と同様、葬儀社担当者、世話役との事前確認が重要です。

当日受付

当日受付

世話役は分担に従い、それぞれの配置につきます。
世話役は葬儀開始時刻の30分前から受付ができるようにしましょう。

会計係は信頼できる親族や会社関係者などに頼みます。集計された現金と記帳がトラブルなく当日喪主に渡るように、管理や段取りが必要です。

一同着席、僧侶入場、開式

一同着席、僧侶入場、開式

遺族、参列者は、定刻前に着席します。

一般的に、祭壇に向かい右側に遺族、親族が、左側に葬儀委員長や職場関係者、親しい友人などが座ります。

定刻になると葬儀社担当者の呼び込みにより僧侶が入場します。遺族、参列者は、合掌し、黙礼で迎えます。

葬儀社担当者が開式の辞を述べます。

読経、引導

読経、引導

僧侶による読経が始まります。
宗派によって異なりますが、浄土真宗・浄土宗で40分、真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗の場合は60分程度が目安となります。

読経のなかで、故人に戒名が授けられ、故人は浄土に導かれます(引導)。

遺族、参列者もともに、故人の冥福をお祈りしましょう。

弔辞・弔電

弔辞・弔電

葬儀社担当者が弔辞を述べる人を紹介します。

弔辞者は壇上など指定された席に立ち弔辞を述べ、奉読後の弔辞を祭壇に供えます。
故人の親友、会社の上司など、しかるべき人に喪主からお願いをしておきましょう。

弔電は、葬儀社担当者が数通奉読、残りはお名前だけ読み上げ、祭壇に供えます。

読経、焼香

読経、焼香

弔辞、弔電が終わると、僧侶はふたたび読経を行います。

僧侶からの指示のタイミングで、喪主、遺族、親族、参列者の順で焼香します。

一般的に、開式から親族の焼香までが「葬儀」、一般参列者の焼香になった時点から閉式までが「告別式」となります。

僧侶退場、閉式、一同退場

僧侶退場、閉式、一同退場

僧侶は、焼香が終わると退場します。遺族、親族、参列者は合掌し、黙礼でお見送りしましょう。

葬儀社担当者が閉式の辞を述べます。一般参列者は斎場の外に出て、指示に従い、出棺を待ちます。

遺族、親族、親しい友人は、斎場にとどまり、「お別れの儀」に参列します。

>> 葬儀・告別式、火葬当日の準備、対応について知りたい方はこちら

出棺の流れ

お別れの儀(別れ花、釘打ち)

お別れの儀

告別式から遺族、親族、親しい友人で行う「お別れの儀」に移ります。

祭壇の前におろされた棺を囲み、葬儀社担当者が準備した花を棺のなかに入れ、遺体を飾ります(別れ花)。写経や手紙など棺に入れる場合も、このタイミングになるでしょう。

省略されることありますが、釘を石で打って棺のふたを閉じます(釘打ち)。

棺の搬出

棺の搬出

親族、親しい友人などから男性6人ほどで、棺を斎場から霊柩車へ運びます。
地域や宗派によって異なりますが、故人の足が先になるようにします。

棺の後に、位牌を持った喪主、遺影を持った遺族が続きます。

火葬場に隣接した斎場では、霊柩車ではなくストレッチャーの場合もあります。

遺族代表挨拶

遺族代表挨拶

喪主と遺族は位牌と遺影を参列者に向けて持ち、喪主から参列者に挨拶します。

挨拶は喪主が行うのが一般的ですが、喪主が妻で挨拶が子息であったりする場合もあります。

挨拶では、故人と自分との関係、参列弔問のお礼、故人生前のご厚情へのお礼、遺族への支援のお願いを、素直に伝えましょう。

出棺

出棺

挨拶が終わったら、喪主、遺族が一礼し、出棺となります。

火葬場へ向かう遺族、親族、親しい友人の人数、車の分乗方法などは事前に把握し打ち合わせをしておいて、スムーズに行うことが肝心です。

霊柩車が鳴らす長いクラクションとともに、火葬場へと出発します。

>> 葬儀・告別式、火葬当日の準備、対応について知りたい方はこちら

宗教・宗派ごとの葬儀

葬儀や告別式では、遺族が心得ておかなければならないマナーがいくつかあります。例えば、葬儀では弔電を読み上げる順番や紹介の仕方などを、ひととおり確認しておく必要がでてくるでしょう。弔電を紹介できる時間は、葬儀の予定時間や進行状況によっても変わってきます。葬儀社の担当者と相談をしながら、その都度失礼がないようにアレンジするのがベストでしょう。

また、焼香の順番も十分な確認が必要です。葬儀の焼香は家族や親族などの近親者から行っていきますが、細かい順番を間違えるともめ事が発生する元です。年長者の意見を聞くなどの方法で、慎重に決定するのが理想と言えます。

また、葬儀では、一般的に祭壇の右側が遺族の席です。友人や知人、会社の関係者の席を設けるときには、祭壇の左側に設置します。遺族や喪主は、葬儀の際にもやや早めに会場に入るのがベスト。遅くても開式の10分前には、自分の席に着席できるようにしましょう。

僧侶が入場するときには、遺族も参列者と一緒に立ち上がり、礼をして迎えます。遺族は、僧侶や参列者の焼香の際にも黙礼をして感謝の意を示すのがマナーです。葬儀がひととおり終わり、参列者が帰るときには受付で返礼品を渡します。返礼品は、四十九日が過ぎてから渡すのが本来のしきたりです。ただ、現代では葬儀の当日に渡すスタイルが増えています。

さらに、葬儀のスタイルやマナーは、宗教や宗派によっても少し変わります。焼香を行うのは、主に仏式の葬儀です。仏教の葬儀の場合は、宗派によって焼香のマナーなどに違いがあります。例えば、仏教の多くの宗派では、抹香を額に押しいただいて焼香を行いますが、浄土真宗では手に取った抹香をそのまま香炉にくべるのがマナーです。

神式の葬儀の場合は、焼香の代わりに玉串奉奠の儀式を行って死者を弔います。神式の儀式の際にたびたび使われる玉串は、榊の枝に紙垂などをつけたものです。玉串奉奠の儀式では、この玉串を祭壇の前に捧げます。

他に、キリスト教式の葬儀では、献花の儀式が行われます。献花は、祭壇に花を手向けて死者の冥福を祈る儀式です。キリスト教式の葬儀では、このような儀式のために献花台が設けられます。なお、無宗教の葬儀の場合は、いろいろなスタイルがあります。焼香や献花などを取り入れるケースも多く、さまざまなスタイルで故人とのお別れが行われるのが無宗教の葬儀です。

参列者のマナー

告別式などに参列する場合、参列者側もマナーを知っておく必要があります。通夜や葬儀、告別式は、基本的に喪主の家のしきたりにしたがって行われます。そのため、細かい決まり事などはそれぞれ異なる可能性がありますが、常識を踏まえた行動をすれば大きな恥をかく心配はないでしょう。参列者がまず知っておきたいのが、服装に関するマナーです。

通夜には、安置してすぐに行われる仮通夜と、僧侶を読んで行う正式な通夜式の2つのスタイルがあります。仮通夜に出席するときには、黒やグレーなどの控えめな色の平服で臨むのがマナーです。一方、通夜式の場合は、黒の礼服を着用します。

お葬式には、男性は黒の礼服に黒いネクタイ、女性は黒の礼服で参列します。靴やバッグ、靴下などもすべて黒に統一するのがベストですが、適当な品がないときにはグレーなどの地味な色のアイテムで代用することも可能です。通夜やお葬式では、結婚指輪以外のアクセサリーは身につけないのがルールです。ただ、女性の場合はパールのネックレスとイヤリングはお葬式の席でも許されています。ちなみに、ネックレスは一連のデザインを選ぶのがマナーです。二連のネックレスは、不幸が重なるとして通夜やお葬式の席ではタブーになっています。

また、子供を連れていくときも、服装は黒や白、グレーなどのアイテムで統一しましょう。ただし、小中学生や高校生は、制服を身につけて参列しても問題ありません。さらに、女性はメイクをできるだけ控えめにし、派手なネイルや匂いの強い香水などは避けます。なお、ファー素材のバッグや小物などは、殺生をイメージさせることから弔事には不向きです。このような席では、本物と見分けがつかないフェイクファーなどもできるだけ身につけないほうがよいでしょう。

その他にも、通夜やお葬式に参列する際には、香典を持参するのがマナーになっています。香典の金額は、それぞれの立場や故人との関係などによってだいたい相場があります。香典を包む袋は、その家の宗教や宗派に合ったものを選ぶことが大切です。仏式のお葬式では「御霊前」と書かれた香典袋を使用するのが一般的ですが、浄土真宗のみはお葬式の時点から「御仏前」の香典袋を使用します。

告別式で受付を頼まれたら

告別式では、遺族から受付などの係を頼まれることもあるでしょう。このような係を引き受けるときは、あくまでも「遺族の立場」で対応することが必要です。参列者は、受付の人を遺族の1人として見るため、失礼がないようにマナーや基本的な作業の流れをチェックしておきましょう。

告別式の受付係は、まず受付場所にやってきた参列者に遺族に代わって挨拶をします。「お忙しいところありがとうございます」などの弔問のお礼を述べて、香典を受け取り、芳名帳に参列者の名前を記帳してもらうのが最初の作業です。香典袋と芳名帳に番号を書いておけば、後から確認がしやすくなります。香典帳を別に用意しているときは、誰の香典かがわかるように名前や金額などを記録しておくとよいでしょう。

大勢の人が集まる会場では、受け取った香典をしっかりと管理する必要がでてきます。防犯のためにも、参列者が立ち去った後には会計専門の係にすぐにお金を引き渡したほうが安心です。また、受付係は、参列者に告別式の会場や時間の案内を行います。さらに、弔問の受付の際には、受付係がお礼である会葬礼状と返礼品を参列者に手渡すケースも少なくありません。ただ、実際に返礼品を渡すタイミングは式のスタイルによっても変わります。

具体的な流れは、葬儀社のスタッフや遺族と打ち合わせをして決めておく必要があるでしょう。告別式が終わった後は、芳名帳や香典帳、参列者から受け取った品などを遺族や葬儀者のスタッフなどに渡して作業を引き継ぎます。

なお、告別式では、受付係が注意しておきたい3つのポイントがあります。1つめのポイントは、仕事を遺族の立場で行うことです。係を引き受けた以上は、遺族の気持ちになって対応をするのが基本です。遺族に恥をかかせるような服装や言葉遣いなどは避けましょう。

また、2つ目のポイントは、告別式が始まる前に葬儀社や遺族とミーティングをしておくことです。いったん告別式が始まってしまうと、葬儀社のスタッフや遺族ともなかなか話すチャンスが得られないかもしれません。十分に打ち合わせをするためにも、受付係は開式の1時間前には会場に到着していたいところです。そして、同じ係を担当する人と仕事の割り振りについて相談したり、芳名帳やペンなどがそろっているかどうかを確認したりするのも、必要な準備になるでしょう。

3つ目のポイントは、受付係自身の焼香について葬儀社に相談しておくことです。告別式では受付係も焼香を行いますが、タイミングは葬儀社の指示にしたがう必要があります。

まとめ

ご紹介したように、通夜やお葬式などの弔事の儀式は、流れがだいたい決まっています。葬儀社を利用する場合は、具体的な段取りもすべて担当者に依頼ができますので、遺族が楽に儀式が行えるようになっています。このような儀式をスムーズに行うためには、スケジュールをきちんと組むことがまずは大切です。儀式の大まかな流れが決まれば、細かい点は随時調整しながら対応していくこともできます。通夜やお葬式は、寺の都合や火葬場の空き状況なども考える必要がありますので、完全に遺族の都合で行うわけにはいかないのが現実です。

実際、菩提寺などから僧侶を迎えるときには、僧侶のスケジュールに合わせて予定を組む必要がでてきます。希望する時間に僧侶の都合がつかない場合は、式の流れを少し変更することも必要になるでしょう。法事などが増えるお盆やお彼岸のシーズンは、僧侶も忙しいことが多いです。希望するスケジュールがあるときには、早めに菩提寺に相談するのがよい方法になってきます。

さらに、火葬場の空き状況も確認が必要です。火葬場は土日祝日も利用できることが多いですが、年末年始や友引の日は休みになるケースがあります。このような時期にぶつかってしまうと、スケジュールの調整にも少し工夫が必要になるかもしれません。

また、地方によっては、お葬式の日取りにも細かいルールがあります。例えば、全国的に忌み嫌われているのが友引の日のお葬式です。友引の日のお葬式は「友を引く」として、地域を問わず敬遠される傾向があります。他にも、寅や丑、酉の日などを避ける習慣も、一部の地域に見られます。

こういった細かいルールがあると、通夜やお葬式のスケジュールをたてるときにその都度調整をしなければなりません。間違いを避けるには、地域の風習に詳しい葬儀社などに相談をするのが1つの方法になるでしょう。

全国の葬儀社では、喪主の希望に合わせて最適なプランを紹介しています。葬儀社は弔事のマナーについても詳しく、困ったときに頼れる相談先になってくれます。お葬式はいつ何時発生するかわかりませんので、日頃から予備知識を蓄えておくと安心です。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください