「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

火葬の流れ

火葬の流れのページです。

葬儀・告別式が終わり、火葬場に移動してから、火葬が行われるまで、どのような流れになるのかを、それぞれの項目ごとに説明します。

火葬の流れ

火葬場での対応

火葬場での対応

役所に死亡届を出した際に受け取った「死体火葬許可証」を火葬場に提出します。
火葬が済むと、火葬済証明印が押され、「埋葬許可証」となります。

埋葬許可証は、遺骨をお墓に納める際に必要な重要書類です。

分骨を希望する場合は、葬儀の前に葬儀社担当者に伝えておくと小さい骨壺や錦袋を準備できます。

炉前の読経、焼香

炉前の読経、焼香

火葬前に炉の前で、「納めの式」ともいわれるお別れの式を行います。

まずは、喪主、遺族が持参した位牌と遺影を祭壇の机に飾ります。

準備ができたら、僧侶が読経と焼香を行い、喪主、遺族、親族、親しい友人と順に焼香と合掌礼拝をします。
僧侶が同行しない場合は、喪主の焼香から始めます。

火葬

火葬

火葬には40分~2時間程度の時間がかかります。
同行者全員が火葬場の係員が誘導する控え室で待機します。

多くは、飲み物と茶菓が用意されています。喪主や遺族は僧侶や参列者のもてなしにも配慮しましょう。
お別れの場所なので大声は慎み、静かに故人の思い出などを話して待ちます。

収骨

収骨

火葬後は炉の前に戻り、「収骨」をします。

収骨とは、遺族や近しい人で骨上げをすることです。遺骨の足から順に頭部に向かって、箸で拾い、骨壺に入れていきます。
全部のお骨を骨壺に収める場合と、一部のみ拾う場合があります。

収骨が済むと、骨壺は白木の箱に納められ、布で包まれます。

>> 葬儀・告別式、火葬当日の準備、対応について知りたい方はこちら

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください