「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

火葬の流れ

火葬の流れのページです。

葬儀に参列した経験はあっても、実際に喪主として葬儀を行う立場にならないと分からない流れがあります。葬儀・告別式後の火葬に関しても同様に言えるでしょう。火葬の際は近親者のみで行うことがほとんどですが、親族が多く集まる場では粗相のないよう気を遣うものです。火葬の流れを知っておけば、スムーズに火葬を執り行えるでしょう。ここでは、出棺時のマナーも含めた火葬の流れについて紹介します。

火葬の流れ

火葬場での対応

火葬場での対応

出棺の後、火葬場へと移動します。同行するのは遺族、近親者などの故人とごく親しい人が一般的です。火葬場へ移動する際は、霊柩車を先頭にします。霊柩車には棺と葬儀業者が乗り、位牌を持つ喪主、遺影を持つ遺族代表は霊柩車に続く車(ハイヤー)に乗ることが多いようです。

役所に死亡届を出した際に受け取った「死体火葬許可証」を火葬場に提出します。
火葬が済むと、火葬済証明印が押され、「埋葬許可証」となります。

埋葬許可証は、遺骨をお墓に納める際に必要な重要書類です。

分骨を希望する場合は、葬儀の前に葬儀社担当者に伝えておくと小さい骨壺や錦袋を準備できます。

炉前の読経、焼香

炉前の読経、焼香

火葬前に炉の前で、「納めの式」ともいわれるお別れの式を行います。

まずは、喪主、遺族が持参した位牌と遺影を祭壇の机に飾ります。

準備ができたら、僧侶が読経と焼香を行い、喪主、遺族、親族、親しい友人と順に焼香と合掌礼拝をします。
僧侶が同行しない場合は、喪主の焼香から始めます。

納めの式が終わると、棺は火葬炉の中に納められます。

火葬

火葬

火葬には40分~2時間程度の時間がかかります。
同行者全員が火葬場の係員が誘導する控え室で待機します。

多くは、飲み物と茶菓が用意されています。喪主や遺族は僧侶や参列者のもてなしにも配慮しましょう。
お別れの場所なので大声は慎み、静かに故人の思い出などを話して待ちます。

収骨

収骨

火葬後は炉の前に戻り、遺骨を骨壺に入れる骨上げ「収骨」を行います。

収骨とは、遺族や近しい人で骨上げをすることです。遺骨の足から順に頭部に向かって、箸で拾い、骨壺に入れていきます。
全部のお骨を骨壺に収める場合と、一部のみ拾う場合があります。この儀式には、この世からあの世に橋渡しするという意味があるようです。遺骨を拾い上げる際、基本的にはまず歯を納め、それから足から頭に向かって順番に拾い上げ、最後に故人と最も縁の深かった人が喉仏を納めます。

収骨が済むと、骨壺は白木の箱に納められ、布で包まれます。

>> 葬儀・告別式、火葬当日の準備、対応について知りたい方はこちら

出棺時のマナー

火葬式の流れを把握した上で、葬儀におけるマナーも知っておく必要があるでしょう。出棺時のマナーにおいて、参列者側と遺族側それぞれの注意点を紹介します。まず、参列者側の出棺時のマナーとしては、出棺は故人とお別れをする最後の儀式となるため、必ず最後まで見送ることが挙げられるでしょう。式に参列しない場合でも出棺には立会い、最後のお見送りだけでもできると良いでしょう。

また、寒い時期ではコートを着用しますが、出棺の儀式の際はコートを脱ぎます。出棺の儀式は建物の外で行われるため、待機中はコートを着用していて問題ありませんが、儀式中はコートを脱ぎ、礼装で見送りましょう。出棺の際はコートを手で持ち、棺の方を向きます。出棺後、見送る際は合掌か黙礼しましょう。霊柩車が見えなくなってもあまり大声で話したり笑い声を立てたりしないよう、慎むことが重要です。

一方、遺族側の出棺時の注意点としては、喪主や遺族代表として参列者に挨拶をする場合、感謝の気持ちを込めた挨拶をするのがマナーです。その際、「故人が生前お世話になったこと」、「葬儀・告別式への参列に対する感謝」を述べます。参列者への挨拶をしない遺族も、位牌や遺影などを持ち、葬儀業者の指示に従い整列しましょう。出棺時だけでなく葬儀全体に対して言えることですが、遺族が常に棺のそばにいることが、スムーズな進行には欠かせません。

次に、出棺後、参列者が火葬に同行する際に気をつけることを紹介します。本来、火葬場へは遺族と近親者のみが向かうものです。遺族から火葬場への同行を依頼された場合でない限り、同行したい場合は遺族に許可をもらう必要があります。なぜなら、火葬場への交通手段や精進落としの料理に影響するからです。一般的には火葬後に精進落としの席を設けるため、火葬場へ同行する人数で準備が行われます。そのため、出棺の際に突然火葬に同行したいと伝えても、料理などの準備が間に合わず遺族に迷惑をかけるなど、遺族側の負担となりかねません。

もし火葬に同行したいのであれば、通夜の時など事前に遺族に相談しましょう。また、火葬場に向かう場合は移動手段としてマイクロバスを手配していることがあるため、その場合は自家用車を葬儀場に置かせてもらい、利用します。火葬場に同行した場合は、喪主や遺族が火葬炉の近くに立てるよう、後方で控えると良いでしょう。

精進落としの流れ

斎場へ戻る

収骨まで終わったら、斎場へ戻り遺骨を安置し、初七日法要を行います。

繰り上げ初七日法要

仏教では亡くなってから7日ごとに浄土へ行けるかの裁きが行われていると考えられており、7日ごとに追善供養を行います。そのため、仏式では亡くなってから7日目に初七日、14日目に二七日などの法要がありますが、中には遠方に住んでいて頻繁に集まれなかったり、仕事などで予定を調整できなかったりする人もいるでしょう。そうした経緯から、最近では葬儀当日に繰り上げて初七日法要を行うことが一般的となってきました。火葬後に初七日を繰り上げる「繰り上げ初七日法要」だけでなく、火葬前に繰り上げる「繰り込み初七日法要」も増えています。

精進落とし

本来、四十九日法要後の忌明けの食事会を「精進落とし」と呼んでいましたが、現在では初七日法要後に振る舞われることが一般的です。葬儀後は喪に服すため、四十九日の忌明けまでは肉や魚などを使用しない精進料理を食べて過ごし、忌明けに精進落としとしてお清めの意味が込められた食事会が開かれます。

葬儀の流れを締めくくる食事会として、僧侶や参列した親族をもてなす会席の言い合いもあります。 精進落としで振る舞われる料理は精進料理ではなく、仕出し弁当や会席料理、寿司などが一般的でしょう。ただし、あくまで弔事の席であるため、鯛や海老などお祝いの席で口にする食材は適切ではないため、注意が必要です。精進落としの席では喪主がお礼を述べ、お酌をして回ります。

一日の日程が終了

精進落しが終わり、参列者への返礼品を渡し全員を見送ったら、葬儀、火葬、初七日法要を含めた1日の日程が終了です。

遺骨は自宅へ

遺骨は収骨後に白木の箱に入れられ、白い布に包まれ手渡されます。当日に納骨・埋骨も可能ですが、1度自宅に持ち帰り、後日納骨することが多いでしょう。

葬儀後、必要な手続きを確認しておく

葬儀社への支払いを始め、香典の整理などを確認しておきます。また、年金や相続税などの手続きは、死後10日以内など期限が早めのものがあるため、優先度を決めておくとスムーズでしょう。

まとめ

葬儀はそれほど参列する機会がないため、流れが分からず戸惑ってしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか。遺族として火葬場に同行する場合も、参列者として同行を希望する場合も、火葬の流れを知っておくことで、どう振る舞うべきか不安になることも少なくなるでしょう。ただし、葬儀はその土地の風習にも深く関わっているため、地域によって火葬の流れもさまざまです。

例えば、ここでは出棺時、棺を霊柩車に納める際の進行方向は遺体の足側と紹介しました。この向きに関しては頭が前という地域もあり、どちらが正しいということはありません。足から入れる場合には、故人が家に帰ってこないように、という意味があると言われていますが、諸説さまざまです。

葬儀業者の指示に従えば問題ありませんが、葬儀に関しては「絶対にこうでなければならない」という全国的に一致した風習があるとは限らないため、地域性を考慮して柔軟な対応が重要であり、気になる点は事前に調べたり葬儀業者に相談したりしましょう。

故人との最後のお別れ、お見送りである出棺、火葬は1日がかりで行うことがほとんどです。葬儀当日に初七日法要や精進落としを行うなど、忙しい現代人のライフスタイルの変化に応じて葬儀も変化しつつあります。

火葬場への移動や火葬後の初七日、精進落としなど、長時間ともに過ごす中で、故人を悼みながら親族と故人の思い出話に花が咲くこともあるでしょう。久しぶりに会う親族と1日をともにすることで、改めて親族の絆が深まる機会ともなります。火葬式は故人との最後のお別れであると同時に、故人を中心とした親族と会い、語らい、食事をする場でもあるのです。

一方、親族としてでなく参列者として葬儀に行く場合も、故人の死を悼みながらも出棺時のマナーを守ることが重要です。出棺時のマナーと言っても、冬にコートを着たまま出棺を見送らないなど、特別意識しなければならないマナーではありません。故人を亡くした親族の悲しみに寄り添う気持ちを忘れないことが重要でしょう。

また、参列者として火葬場に同行する場合は、あくまでも親族が中心であるため、火葬場でも後方に控えるなど気遣いが大切です。火葬式では親族が中心ではありますが、故人と親しくしていたからこそ最後を見送りたい気持ちは、親族にとっても嬉しいものでしょう。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください