「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

キリスト教式(カトリック式、プロテスタント式)の葬儀の流れ

葬儀は亡くなった方の信仰に合わせて行うのが通例です。キリスト教を信仰する方が亡くなれば、キリスト教式の葬儀を執り行うことになります。キリスト教(カトリック、プロテスタント)の葬儀は、仏式の葬儀に比べいろいろな違いを持っています。

しかし、日本ではキリスト教式葬儀は数が少ないため、喪主や遺族に知識がないケースも珍しくありません。キリスト教では、通夜や葬儀の流れは宗派や教会によって違います。キリスト教の教えでは、死は終わりではなく、永遠の命の始まりと考えられているため、お悔やみのことばは言いません。

ここでは、その詳細について解説しています。

キリスト教式の葬儀の流れ

キリスト教には「カトリック」と「プロテスタント」という宗派があり、それによって葬儀の流れも異なります。同じキリスト教であっても違いがあるのは、葬儀を行う意義の部分に違いがあるからです。カトリックは、故人は神に委ねられ、キリストが再臨した際に死者は復活すると教えられます。そのため、葬儀では亡くなった人が生前に行った罪を神に詫び、許しを得ることで永遠の命を得ることができるよう祈りを捧げるのです。

一方、プロテスタントでは、亡くなった人は神の元で安らかに眠ると考えられています。そのため、葬儀は神に祈りを捧げることが中心となって進んでいくのです。

宗派による葬儀の流れは、できるだけ細かく知っておく方が安心です。

カトリックの葬儀の流れ

はじめに、聖歌と共に神父が入場します。参列者は起立して神父を迎えます。棺は一旦入り口で安置され、神父が聖水を注ぎ祈りを捧げます。その後、神父に続いて棺が運び込まれ、遺族が入場する形になります。

仏式の葬儀の場合、棺は葬儀が始まる前に葬儀場に運び入れられていますが、キリスト教では葬儀が始まってから棺が入場することを覚えておきましょう。運び入れられた棺は祭壇に安置されます。

神父は棺に聖水を注ぎ、献香します。その後、開式の辞があり、葬儀が始まります。カトリックの葬儀では「言葉の典礼」と「感謝の典礼」が行われることになります。言葉の典礼とは神父による聖書の朗読と説教のことで、参列者全員でこれを聞き祈りを捧げます。

感謝の典礼は、遺族が祭壇にパンと葡萄酒を捧げ、信徒が祭壇の前に出て神父から聖体(パン)を受け取るという儀式です。聖体拝領といい、故人が復活の神秘を得、永遠の命を得られるよう祈る意味があります。

プロテスタントの葬儀の流れ

葬儀を執り行うのは神父ではなく牧師です。まず、オルガン演奏の中、牧師を先頭にして棺、喪主、遺族が入場します。参列者はそれを起立して迎え入れ、棺が祭壇に安置され、遺族が着席してから参列者も着席します。葬儀が始まったら、最初に牧師による聖書朗読、祈祷が捧げられます。

参列者は黙祷し、その後賛美歌斉唱を行います。次に、牧師が故人の略歴や人柄を紹介し、その後牧師による説教が行われます。そして、弔辞や弔電を紹介することになりますが、弔いの言葉ではなく、思い出を語るような形を取ることが多いです。

オルガン奏楽を黙祷しながら聞いた後、牧師による告別の祈りがあり、全員で賛美歌を斉唱します。その後、牧師、喪主、遺族、親族、一般会葬者の順番で献花を行い、最後に遺族あいさつが行われる流れとなります。

臨終から通夜まで

キリスト教の場合、臨終の儀式は、死後ではなく死に臨んで行われます。そのため臨終が近づいたら神父または牧師を呼びます。
(聖職者のことをカトリックでは神父、プロテスタントでは牧師といいます)。

臨終後の遺体の安置や枕飾りには特に決まりはありません。一般的に白布をかけたテーブルの上に、燭台、生花、聖書を置きます。

キリスト教では通夜の習慣はもともとありませんが、日本では慣習に従い通夜が執り行われることが多いです。教会や自宅、斎場で行われます。

カトリック(通夜の集い、通夜の祈り)

危篤になったら神父を呼びます。
神父によって本人の額に聖油を塗る「病者の塗油」という儀式が行われ、臨終を迎えたら「臨終の祈り」が捧げられます。

納棺時には、遺族で祈りを捧げ、聖書を朗読し、聖歌を歌います。
遺体の手にはロザリオを持たせ、白い花で遺体の周囲を覆います。棺には黒布をかぶせます。

「通夜の集い(通夜の祈り)」では聖歌斉唱と聖書の朗読、神父による説教や祈り、そして献香と焼香(または献花)などが行われます。
通夜の集いをどこで行うかで、儀式の中身が変わる場合もあります。

通夜の集いが終わると「茶話会」が行われます。
仏式での通夜ぶるまいとは違い、宴席ではないので、お酒は出ません。お茶やお菓子で故人の思い出を話す機会となります。

プロテスタント(前夜式)

危篤になったら牧師が呼ばれ、祈りが奉げられます。
臨終前に本人にパンとぶどう酒を与える「聖餐式」と呼ばれる儀式が行われます。
臨終後も聖書の言葉による支えと神の導きを祈ります。

死後、できるだけ早く牧師立会いのもと、納棺を行います。
納棺の際は遺族で祈り、聖書を朗読し、賛美歌を歌います。遺体を白い布で覆い、そのまわりには白い花でかざります。そして、棺全体を黒い布で覆います。

プロテスタントではいわゆる通夜は「前夜式」と呼ばれます。
賛美歌の斉唱と聖書朗読、牧師による説教や祈り、そして献香と焼香(または献花)などが行われます。

前夜式が終わるとカトリックと同じく「茶話会」が行われます。

葬儀から火葬まで

キリスト教の葬儀は、主に教会で行われます。
葬儀のために棺を自宅から教会に移動させるとき、神父、牧師を呼び、出棺式を行います。

キリスト教では、もともと土葬を前提にしているため、葬儀後の火葬のための儀式に決まりはありません。
火葬の前に炉前で、神父、牧師によるお別れの儀式を執り行われる場合、聖書の朗読や聖歌、賛美歌の斉唱が行われます。

カトリック(葬儀ミサ)

カトリックの葬儀は、死が復活につながるものであることを表現したものです。

「葬儀ミサ」では「ことばの典礼」(聖書朗読、聖歌斉唱、神父の説教)と「感謝の典礼」(パンとぶどう酒を故人に捧げ、故人の復活を祈る儀式)などが行われます。
その後告別式が行われ、弔辞が読まれたり、献花などが行われたりします。

カトリック信者でない人の葬儀や、参列者のほとんどが信者でないなどの場合、葬儀ミサから感謝の典礼を除いた「ことばの祭儀」という形式で葬儀が行われます。

プロテスタント

プロテスタントの葬儀は遺体との別れが中心におかれません。故人の慰霊の場ではなく、遺体を前にして行う礼拝という意味があります。

葬儀では聖書朗読、賛美歌斉唱、牧師の説教などが行われます。プロテスタントは多くの宗派に分かれているため、葬儀の内容もそれぞれ異なります。
葬儀と告別式を分けずに、一連の儀式として進行される場合もあります。

キリスト教の葬儀にかかる費用

キリスト教の葬儀は、どの程度の費用がかかるものなのでしょうか。一般的に、キリスト教葬儀は仏式葬儀と比べて費用が安いと言われています。お坊さんに読経してもらったり、戒名を書いてもらったりする必要がないからというのがその理由です。もちろん神父や牧師に対して謝礼を渡さなければなりませんが、その額もそこまで高額ではありません。

キリスト教式葬儀の相場は、70~80万円と言われています。神父や牧師に対する謝礼の他に、式場の利用料や教会への献金、生花代、埋葬代、オルガン奏者などへの御礼などが含まれます。教会の場所にこだわったり、演出を工夫したりしても100万円前後で葬儀を行うことが可能です。また、参列者を呼ばず家族だけで密葬する場合、20万円ほどで葬儀を行うことができます。

神父や牧師への謝礼は平均数万円ですが、しっかりした決まりがない教会もあるため、事情に詳しい人に直接確認するのが一番です。教会の使用料や生花代が全て含まれている場合や別途必要な場合など様々なので、その点も確認しておくといいでしょう。

当然ですが、お礼は現金をそのまま渡すのではなく、無地の白い封筒を使用します。のしはなしで、水引も付けません。白い封筒でも蓮の花が描かれたものは仏教用です。教会への御礼を包むには不適当なので、使用しないよう気を付けましょう。

表書きは、カトリックであれば「御ミサ料」、プロテスタントであれば「御礼」とします。プロテスタントの場合、表書きを「御礼」にしておけば献金、記念献金どちらにも使うことが可能です。喪主の氏名もやや小さめに書いておきましょう。封筒に書く表書きや喪主の氏名は、毛筆か筆ペンを使って書きます。

葬儀と聞くとつい薄墨を使わなければならないように思いますが、この場合は普通の墨を使いましょう。葬儀で薄墨を使うのは「お別れの悲しみで涙がこぼれ、墨が薄くなってしまった」という意味が込められているからです。教会への御礼の場合、教会に何か不幸があったわけではないので、薄墨を使う必要はないのです。その他にも、オルガンを弾いてくれた人へのお礼は、「御礼」と表書きした封筒を使うようにしましょう。

キリスト教の葬儀のマナー

キリスト教と一口に言っても、カトリックとプロテスタントでは葬儀の流れが異なります。慌てないためにも、可能な限りどのような方式で葬儀が行われるのか確認しておきましょう。遺族に聞くことができれば一番ですが、それが難しい場合は他の手がかりから宗派を知ることが可能です。まずは、案内をチェックしてみましょう。

「ミサ」という単語があったらカトリックです。プロテスタントはミサをあげることがないので、そこで判断することができます。洗礼名が記されている場合もカトリックです。プロテスタントは英国国教会など一部宗派を除いて、洗礼名をつけることがありません。

その他にも、「神父」「聖歌」であればカトリック「牧師」「賛美歌」であればプロテスタントなど、使用されている言葉によって判断できる場合もあります。

また、仏式葬儀との大きな違いとして、葬儀で歌う聖歌や賛美歌があります。これらは参加が強制されている訳ではないので、歌わなくてもマナー違反にはなりません。事前に歌や祈りの一節が書かれた紙が配られることもありますが、聞いているだけでも咎められることはないので「できるなら参加する」くらいの気持ちでいると良いでしょう。聞き覚えのない歌を歌うのはただでさえ難しいもの。それで故人への祈りがおろそかになってしまっては元も子もないからです。

さらに、キリスト教葬儀では、献花を行います。これは仏教の焼香、神藤の玉串奉奠のようなもので、祭壇に白い菊やカーネーションを捧げるというものです。献花には作法があるため、できるだけ事前に調べておくのがいいでしょう。

まず、両手で花を受け取った後、遺族に一礼して献花台に進みます。花を受け取るときは、花側が右手に来るように持ちましょう。両手で花を持ったまま献花台に進み、一礼します。花を置くときは、茎側を祭壇に向け、左手を下から花に添えるようにして置きます。一礼して黙祷し、前を向いたまま数歩下がったら、もう一度遺族に一礼して席に戻ります。

仏式の葬儀では行わない流れなので、不安になる人も多い部分です。分からなくなってしまったら、前の人の動きを真似るようにすると良いでしょう。

キリスト教葬儀に参列する際の注意点

キリスト教葬儀に参列するときの注意点として、まず仏式葬儀と様々な点が違うということを認識しておく必要があります。会場でまごついていては故人とのお別れを済ませることができませんし、遺族親族の方々に対して失礼になってしまいます。

服装は基本的には仏式と同じになります。男性はダークスーツ、女性は黒いスーツやアンサンブルを着用し、バッグや靴も黒で揃えておきましょう。ただし数珠は必要ないので、うっかり持って行かないように注意したいところです。派手なアクセサリーや時計も避けるようにします。

遺族や親族に対して「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷さまでした」と言葉をかけるのは仏式葬儀の作法です。キリスト教では、死は永遠の命の始まりであると考えられています。大切な人が亡くなったことは確かに悲しいことですが、必ずしも不幸なことではないという意識があるのです。

そのため、キリスト教葬儀で「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷さまでした」という文句は相応しくありません。これは意識していないとつい口から出てしまうものなので、特に注意しておきたいポイントです。何か言葉をかけるのであれば「安らかな眠りをお祈りします」といったような、故人の安寧を祈る形を取るのがいいでしょう。

御霊前に供えるお金についても注意が必要です。キリスト教にはお香を焚く文化がないので、香典はありません。そのため、仏式葬儀のように「御香典」を渡すことができのないのです。キリスト教葬儀で香典にあたるものを「弔慰金」と言います。

カトリックの場合は「御ミサ料」、プロテスタントの場合は「御花料」や「献花料」と表書きに記すのが一般的です。この表書きでも注意が必要です。プロテスタントの葬儀ではミサが行われないため、プロテスタントの葬儀で「御ミサ料」と表書きに書かないようにしましょう。また、宗派が分からないときは「御花料」としておくのが無難です。

包む金額は、亡くなったと人との関係によって変わってきますが、仏式の物を参考にするといいでしょう。ただし、お金を包むのは、無地の白い封筒や、十字架や百合の花が描かれたキリスト教式の袋を使うようにします。表書きは薄墨で書きます。

まとめ

キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントという2つの宗派が存在します。実際はもっと事細かに分かれているのですが、まずはこの2つを押さえておくと良いでしょう。

様々な違いがある両者ですが、葬儀の流れもその例外ではありません。これは死に対する意識の違いや、葬儀を行うことの意義に違いがあるからです。当日会場で混乱してしまうことがないように、事前に葬儀の流れを把握しておくのがいいでしょう。

キリスト教葬儀と仏式葬儀では、注意点やマナーについても違いがあります。服装に関してはほぼ違いはありませんが、数珠は必要ないので持って行かないようにしましょう。御霊前に供えるお金についても注意したいところです。

キリスト教にはお香を焚く習慣がないため「御香典」という表書きは使えません。カトリックであれば「御ミサ料」、プロテスタントであれば「御花料」とするなど、普段何気なく使っている表書きについてもキリスト教に合わせたものを使用するようにします。

分からないことがあれば、できるだけ事前に周りの人に聞くのがいいでしょう。これは喪主の立場になった時も同様です。葬儀を行う側になると、費用にも気を配らなければなりません。キリスト教葬儀の場合は、献金という形で教会にお礼を渡します。金額については調べておきましょう。

また、キリスト教葬儀では香典返しの習慣がありません。ただしカトリックの場合は30日目の追悼ミサで、プロテスタントは1か月後の召天記念式で、ごあいさつの贈り物をする習慣があるので覚えておきましょう。

キリスト教葬儀と聞くと、慣れていない分どうしても身構えてしまうものですが、注意点をしっかり押さえておけば心配する必要はありません。葬儀はプログラムに従って粛々と行われていきます。聖歌や賛美歌、献花といったキリスト教葬儀独特の場面もありますが、聖歌や賛美歌は無理に歌う必要はありませんし、献花も他の参列者のやり方を参考にすれば問題なく行えるはずです。

宗教に関係なく、葬儀で大切なのは亡くなった人のことを思い、安らかな眠りをお祈りすることです。マナーを守りながら、真摯な気持ちで参列するようにしましょう。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください