「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

神式の葬儀の流れ

神式の葬儀では、故人の霊は家の守護神・氏神として祀られます。

仏教の通夜、葬儀にあたる、通夜祭と葬場祭は自宅か斎場が会場となり、神社では行われません。場所は、神官や葬儀社と相談して決めるとよいでしょう。
神式の葬儀を行う際、葬儀社は神式葬儀の経験豊富な業者を選ぶことをおすすめします。

仏式の葬儀と同じく喪主・世話役を立てます。

臨終~納棺


神式の遺体の安置は、頭を北か部屋の上座に向け、守り刀を枕元に置きます。枕飾りを整えることを「枕直しの儀」といいます。

通夜前には祭壇を用意し、納棺をして棺を祭壇前に安置します。祭壇には、遺影と供物を飾ります。

納棺から発柩(はっきゅう、葬場に棺を移動させること)までの間は、毎朝夕に常饌(じょうせん、生もの以外の食物)を棺の前にお供えし、二礼二拍手一礼の拝礼をする「柩前日供(きゅうぜんにっく)の儀」を行います。
この儀式は喪主、遺族の順番で行い、その後で再度喪主が拝礼し、最後に一同全員で拝礼します。

通夜祭


神式の葬儀で、仏式での通夜に当たるものが「通夜祭」です。

通夜祭は儀式をつかさどる神官である「斎主」と「祭員」、聖歌隊である「楽員」をはじめ、喪主・親族などの参列者が「手水(ちょうず)の儀」を行ってから祭壇前に着席します。
斎主が祭詞(さいし)を唱え、斎主にしたがって喪主から順番に「玉串奉奠(たまぐしほうてん、仏式の焼香にあたるもの)」を行います。

また、通夜祭のなかで、故人の魂を遺体から霊璽(れいじ、仏式の位牌にあたるもの)に移すための儀式「遷霊祭(せんれいさい)」が行われます。
室内の明かりをすべて消した状態で遷霊の詞を奉上します。遷霊祭は基本的に親族のみで行います。

通夜祭後は「直会(なおらい)の儀」をします。
これは儀式が終わったあとに行われる会食の席のことです。

葬場祭、火葬祭


仏式の葬儀にあたるものを神式では「葬場祭」といいます。

式場には祭壇と棺を安置し、玉串案(台)を置いて、斎主、祭員、楽員の席を遺族席よりも一段高く設置します。
席次は、祭壇を正面にして右側に喪主、遺族、近親者、左側には世話役、友人・知人の順となります。

通夜祭と同じく、参列者は全員「手水の儀」を行い清めます。

葬場祭では、拍手する時には音を立てずに手を叩く「忍手(しのびて)」を用います。
また仏式の焼香にあたる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行います。

葬場祭を終え火葬場に移動し、炉前で行われる儀式を「火葬祭」と呼びます。
火葬祭のあと、遺体を火葬し、収骨します。

火葬祭が終わり火葬場から帰ってきた人に対して清めとお祓いが行われます。これは「帰家修祓(きかしゅばつ)の儀」と呼ばれます。

葬儀の終了を奉告する「帰家祭(きかさい)」を最後にすべての儀式が終わります。
終わったら「直会の儀」と呼ばれる会食の席を設けます。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください