「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

神式の葬儀の流れ

神道は、日本に古くからある民俗信仰と自然信仰に基づいた宗教です。神式の葬儀では、故人の霊は家の守護神・氏神として祀られます。

神式での葬儀を準備するにあたって、神葬祭の特徴や全体の流れ、費用の相場などを押さえ、神式の葬儀でもスムーズに手配できるようにしておきましょう。

仏教の通夜、葬儀にあたる、通夜祭と葬場祭は自宅か斎場が会場となり、神社では行われません。場所は、神官や葬儀社と相談して決めるとよいでしょう。
神式の葬儀を行う際、葬儀社は神式葬儀の経験豊富な業者を選ぶことをおすすめします。

仏式の葬儀と同じく喪主・世話役を立てます。

神式について

神式(神道)とは、日本に古くからある宗教で、仏教よりも昔から日本に存在していたと言われています。仏教やキリスト教のように特定の神様や仏様を信仰するのではなく、自然に宿った八百万の神や神話に登場してくる神様など、数多くいる神様を信仰する多神教が神道です。また、八百万の神の他にも祖先を守り神としてまつっているのが、神道の特徴だと言えます。

神道と仏教では死生観が大きく異なります。仏教では、人は亡くなると三途の川を渡り極楽浄土へと向かうと考えられており、仏教における葬儀には、故人の魂が無事に極楽浄土へと辿り着けるように祈るという意味合いが含まれています。

これに対して神道では、故人の魂は極楽浄土などには行かずに、家の守護神となるというのが基本的な考え方です。そもそも命とは、神様が人間に一時的に預けているものだと捉えられています。そのため、いつかは神様から預かっていた命を返さなければならず、命を返すときこそが死であり、命を返した後は守護神となると考えるのです。

神式における葬儀は、故人の安らかな眠りを祈るものではなく、故人の魂を守護神にするための儀式となります。仏教での通夜にあたる通夜祭と併せて、故人の魂を遺体から霊璽(れいじ)に移すための遷霊祭(せんれいさい)を行います。

霊璽とは、仏教での位牌にあたるものです。通夜祭および遷霊祭の翌日は、仏式での告別式に当たる葬場祭で死の穢れを清めて、家の守護神になれるようにします。これら一連の儀式が神葬祭です。

神道では死自体が穢れているものだと考えており、神様がいる神社にその穢れを持ち込むことはご法度とされています。そのため、仏式では葬儀をお寺で行うことがあるのに対し、神道では必ず神社以外の自宅や斎場などで葬儀が行われることになります。

死は神様に命を返すことなのに、死を穢れとして悪いもののように扱うことに矛盾を感じてしまう人も少なからずいるでしょう。 実際に神道では死を穢れと捉えているものの、悪いものとして扱っているわけではありません。

本来神道での穢れは「気枯れ」が由来になっているとも言われており、生命力が枯渇した「気枯れ」状態の人は罪を犯しやすくなると考えられています。このような状態で神様に近づくことがタブーであり、遺族などを「気枯れ」の状態にしてしまう死自体も神様に近づけさせるべきではないというのが、「死は穢れ」という考え方です。

神式の葬式の流れ

臨終~納棺

神式を信仰している場合、葬儀の流れとしてまずは、訃報を聞いたら帰幽奉告という、神棚などへの故人の死の報告を行います。この際、神棚の扉を閉じて白い紙を貼り、神棚にいる神様に死の穢れが関わらないようにしなければいけません。この作業を神棚封じと言います。神棚封じをしている間は普段行っているお祀りを中断し、故人へのお祀りを行うことになります。

五十日祭で忌明けとなるまでは、神棚封じの状態を保たなければいけません。遺族も穢れの状態であるため、本来は故人と関わりの少ない第三者が神棚封じを行うのに適していますが、現代では遺族が行うことが一般的となっています。

遺体を家に運んで来たら白の小袖を着せて、北枕にして寝かせます。

神式の遺体の安置は、頭を北か部屋の上座に向け、守り刀を枕元に置きます。枕飾りを整えることを「枕直しの儀」といいます。

通夜前には祭壇を用意し、納棺をして棺を祭壇前に安置します。祭壇には、遺影と供物を飾ります。納棺から発柩(はっきゅう、葬場に棺を移動させること)までの間は、毎朝夕に常饌(じょうせん、生もの以外の食物)を棺の前にお供えし、二礼二拍手一礼の拝礼をする「柩前日供(きゅうぜんにっく)の儀」を行います。この儀式は喪主、遺族の順番で行い、その後で再度喪主が拝礼し、最後に一同全員で拝礼します。

枕直しの儀が済んだら納棺の儀として、遺体を棺に納め、白い布で棺を覆ってから礼拝を行います。 葬場祭前日は通夜祭を行い、それに併せて遷霊祭も執り行うのが神式の通夜です。

通夜祭


神式の葬儀で、仏式での通夜に当たるものが「通夜祭」です。

通夜祭は儀式をつかさどる神官である「斎主」と「祭員」、聖歌隊である「楽員」をはじめ、喪主・親族などの参列者が「手水(ちょうず)の儀」を行ってから祭壇前に着席します。
斎主が祭詞(さいし)を唱え、斎主にしたがって喪主から順番に「玉串奉奠(たまぐしほうてん、仏式の焼香にあたるもの)」を行います。

また、通夜祭のなかで、故人の魂を遺体から霊璽(れいじ、仏式の位牌にあたるもの)に移すための儀式「遷霊祭(せんれいさい)」が行われます。
室内の明かりをすべて消した状態で遷霊の詞を奉上します。遷霊祭は基本的に親族のみで行います。

通夜祭後は「直会(なおらい)の儀」をします。
これは儀式が終わったあとに行われる会食の席のことです。

葬場祭、火葬祭


仏式の葬儀にあたるものを神式では「葬場祭」といいます。

式場には祭壇と棺を安置し、玉串案(台)を置いて、斎主、祭員、楽員の席を遺族席よりも一段高く設置します。席次は、祭壇を正面にして右側に喪主、遺族、近親者、左側には世話役、友人・知人の順となります。

通夜祭と同じく、参列者は全員「手水の儀」を行い清めます。

葬場祭では、拍手する時には音を立てずに手を叩く「忍手(しのびて)」を用います。
また仏式の焼香にあたる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行います。

葬場祭を終え火葬場に移動し、炉前で行われる儀式を「火葬祭」と呼びます。
火葬祭のあと、遺体を火葬し、収骨します。

火葬祭が終わり火葬場から帰ってきた人に対して清めとお祓いが行われます。これは「帰家修祓(きかしゅばつ)の儀」と呼ばれます。

葬儀の終了を奉告する「帰家祭(きかさい)」を最後にすべての儀式が終わります。
終わったら「直会の儀」と呼ばれる会食の席を設けます。

神道では火葬後すぐに納骨するのが一般的でしたが、最近では仏教の四十九日に相当する五十日祭で納骨することが多いです。火葬後すぐに納骨する場合は、お墓へ行って埋葬祭を行いますが、五十日祭まで納骨しないのであれば一旦遺骨を自宅へ持って帰ることになります。

神葬祭に参列する場合に気をつけたいマナーとして、数珠を使わないことや、冥福・成仏・供養の言葉を使わないことなどが挙げられます。服装に関するマナーは仏式の葬儀と変わらないので、一般的な喪服で問題ありません。

神道と仏教の違い

神道と仏教の違いとしては、納骨の時期が挙げられます。仏教では四十九日に納骨をするのが一般的です。これは、四十九日までは故人の魂がこの世をさまよっていて、四十九日であの世へと旅立つと考えられていることに由来します。魂がこの世にとどまっている間は遺骨も手元に残しておこうというのが、仏教での納骨の考え方です。

一方、神道では故人の魂は家に残って守護神になると考えられているので、仏教のように四十九日に納骨するようなことはありません。もともとは火葬後すぐに納骨していましたが、「お墓が用意できていない」「手元に遺骨を置いて気持ちの整理をしたい」などの理由がある場合は一旦自宅に持ち帰っても問題ないとされています。その場合は、神道での忌明けとされる五十日祭を納骨のタイミングとする場合が多いですが、特に決まっているものでもありません。

神道と仏教の違いは葬儀でのマナーにも表れます。神葬祭では仏式の葬儀とは異なり数珠は使いません。数珠は本来僧侶がお経を読む時に使っていたものであり、神道とは無縁のものだからです。 葬式の時によく聞く冥福・成仏・供養という言葉も、実は仏教用語なので神式の葬儀では用いません。

これらの言葉は仏教の死生観に基づいている言葉なので、神道の死生観には合わないのです。神葬祭での挨拶には「御霊のご平安をお祈りいたします」と言うのが一般的でしょう。

また、不祝儀袋に関するマナーも神道と仏教では異なります。不祝儀袋を選ぶ際、水引は白黒か双銀で結び切りのものが神道で一般的です。さらに、不祝儀袋でよく見かける蓮の花が入ったものは、実は仏教専用の不祝儀袋です。神式の不祝儀袋は無地のものが一番無難と言えるでしょう。

不祝儀袋の表書きも違いがあるので注意しなければいけません。仏教では「御霊前」や「御香典」が一般的ですが、神式の場合は「御榊料」「御玉串料」「御神前」と書くのが相応しいです。そもそも香典という言葉は仏教用語なので、神道では使いません。

ただし、「御霊前」は宗教に関係なく使える言葉なので、表書きに迷ったら一先ず「御霊前」と書いておけば問題はないでしょう。 仏教では四十九日が過ぎるまでは仏になっていないので、「御仏前」と書くのは相応しくないとされていますが、神道では葬儀を行うことで神様となるので、五十日祭前に「御神前」と書いても問題ありません。

神式の葬儀を開く場合の費用相場

神式で葬儀を行う場合の費用相場は、葬儀の規模によって大きく異なるため一概に言うことはできないのが現状です。また、依頼する葬儀会社によっても値段に差があるので、具体的にどれくらいの費用を考えておけば良いのか知るには、候補とする葬儀会社に見積もりを依頼するのが確実でしょう。

ただし、仏式と神式ならば、神式の方が費用を安く抑えられる傾向にあります。神式の方が安くなる要因としては、供える花に値段が安い榊を使うことや、戒名をつけるが必要ないことなどが挙げられます。しかし、神式の葬儀を取り扱っている葬儀会社が少なくて選べないなどの理由で、仏式よりも費用がかさむ場合も十分にあり得ます。

神式での葬儀では、斎主、斎員などの役割を神官にお願いしなければいけません。そして、神葬祭が一通り終わった後には斎主などの役割を請け負ってくれた神官にお礼を渡すことになります。このお礼は葬儀に来てもらった神官の人数に関係なく、30万円程度包むのが一般的ですが、事前に神社へ相談しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、このお礼は普通の墨で「御祭祀料」や「御礼」などと表書きした無地の封筒に、水引をつけずに包みます。その他に、神式の葬儀では仏教の通夜振る舞いに相当する直会の儀用の食事やお酒などの費用もかかります。

仏教では葬儀が終わった後に法事があるように、神道でも霊祭(御霊祭り)というものがあります。霊祭は葬儀後10日ごとに行うのが正式ですが、現在では親族が集まりづらいなどの理由から省略するのが一般的になっています。しかし、五十日祭は忌明けを意味しているので、特別な霊祭として親族が集まって儀式を行うことが多いです。五十日祭では、神官へのお礼、玉串料、食事会費用などが必要になるでしょう。

五十日祭に納骨を行うことが多いですが、その際気をつけなければいけないことがあります。それは、先祖代々のお墓がお寺にあり、故人は神道を信仰していた場合です。故人の信仰を尊重してくれる寺院もありますが、別の宗教で葬儀を行った遺骨をお墓に入れるのを良しとしない寺院もあります。その場合は、新しくお墓を用意する必要があるでしょう。

五十日祭が終わったら、式年祭として百日祭、一年祭、三年祭と続いていくことになり、これらの霊祭を行うたびに費用が発生します。

まとめ

故人の魂はその家の守護神となるという神道独特の死生観から、葬儀は守護神になるための儀式として行われます。したがって、同じ日本で根づいている宗教であっても、葬儀の内容は仏教のものと大きく異なります。

神道では死を穢れと捉えているので、神社で葬儀を行うことは一切しません。また、遺族は忌明けの五十日祭が過ぎるまでは神社に参拝することも控えるべきだとされています。神社と同様に、神棚に宿っている神様にも死の影響を与えないようにするため、忌明けまでは神棚封じを行う必要があります。

神式での葬儀は帰幽奉告に始まり、枕直し、納棺の儀を経て通夜祭へ進みます。通夜祭では遷霊祭も一緒に行い、故人の魂を霊璽へと移して故人が守護神になる準備をしておきます。そして翌日には葬場祭で故人との最後のお別れをし、火葬してから自宅で帰家祭を行って葬儀は完了です。 その後、五十日祭や埋葬祭、一年祭などに続いていきます。

神式での葬儀では、僧侶が用いる数珠や、仏教用語である成仏などの言葉を使用しないのがマナーです。また、不祝儀袋にも仏教用の蓮の絵が入ったものがあるので、仏教特有のマナーを持ち込まないように気をつけて葬儀に臨みましょう。

神式の葬儀は仏式よりも費用が安く抑えられる傾向にあると言われていますが、必ずしも安いとは限りません。費用が安い葬儀会社で神式の葬儀を取り扱っていなかったり、斎主を依頼した神社へのお礼が高めだったりした場合は、仏式よりも高くなる可能性があるのです。

また、葬儀以外にも直会の儀用の食事の手配や、五十日祭などの霊祭でも費用が発生しますが、それは仏式でも同じことでしょう。その他、先祖代々のお墓がお寺にあり、寺院側から納骨を断られた場合には、別途お墓を用意するための費用も発生します。

日本では仏式の葬儀が主流であるため、神式での葬儀について知らないことがたくさんあるのは仕方ないことです。しかし、故人が神道を信仰していたのならば、本人が一番望む形で送り出してあげるためにも神道に関する知識を備えておくことが大切です。 悔いのないお別れをするために、仏教との違いを意識して葬儀に臨みましょう。 

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください