「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

遺骨安置からの流れ

火葬後の一連の流れのページです。

火葬が終わり、ご自宅に遺骨を迎え入れたあとに行われる儀式や精進落としについて説明します。

遺骨安置からの流れ

遺骨安置の準備

遺骨安置の準備

遺族が火葬場にいるあいだ葬儀社担当者と世話役で遺骨安置の準備がなされます。

収骨が済むと、位牌は喪主、遺影と骨壺は遺族が持ち帰ります。

宗派や風習により異なりますが、遺族や参列者は家に入る前に、塩や水で死のけがれをお清めします。

後飾り

後飾り

故人もしくは喪主の自宅に設置する「後飾り祭壇」は「中陰飾り」ともいい、位牌、遺影、遺骨、香炉、燭台、鈴、線香立て、供花などを置く祭壇です。

多くの場合、四十九日の忌明けまで、故人もしくは喪主の自宅に設置した「後飾り祭壇」に遺骨を安置して、故人の冥福を祈ります。

還骨法要

還骨法要

「還骨法要」は「還骨回向」、「還骨勤行」ともいい、故人の遺骨を家に迎え入れる儀式です。

持ち帰った位牌、遺影、遺骨を後飾り祭壇に安置し、法要を行います。

火葬場同行者や家に残った世話役などで祭壇の前に座り、僧侶の読経とともに順に焼香を行います。

繰り上げ初七日法要

繰り上げ初七日法要

「初七日法要」は、亡くなった当日から数えて7日目に行う法要です。

最近では再来訪の手間を考慮し、葬儀・告別式の当日の「還骨法要」に続けて「繰り上げ初七日法要」をするのが一般的です。
(「式中初七日」というかたちで葬儀とともに行われる場合もあります)。

精進落とし

精進落とし

「精進落とし」とは、通夜からお世話になった人々に慰労や感謝する意味がある会食です。

最近では繰り上げ初七日法要のあとで設けるのが一般的です。

僧侶が最上座、次に世話役や個人の親しい友人が座り、喪主や遺族は下座に座ります。
喪主と遺族は参列者一人ひとりにお礼を述べてお酌して回りましょう。

>> 葬儀・告別式、火葬当日の準備、対応について知りたい方はこちら

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください