葬儀の流れ

枕経とは?依頼の手順や流れ、準備、マナー

大切な方の臨終を迎えるということは、とても辛く、悲しいことではありますが、それはご本人も同じです。ご本人は自分が亡くなることで、残していく方への心残りや不安もあるでしょう。
実は、その心残りや不安を取り除くための儀式として、古くから「枕経(まくらぎょう・まくらきょう)」というものがあります。

「枕経」は通夜や葬儀と異なり、限られた身内だけで執り行われる儀式のため、経験される機会がとても少ないものとなります。 本記事では枕経がどのようなもので何のために執り行うのか、枕経の流れや費用について説明していきます。

枕経とは

「枕経」とは、「まくらぎょう」もしくは「まくらきょう」と読み、臨終を迎える方のために行う仏教儀式の一つで、文字通り枕元であげられるお経です。枕元と言っても、臨終を迎える方の枕元で行うため、宗派によっては「枕のお勤め」「臨終勤行(りんじゅうごんぎょう」「無常経(むじょうきょう)」と、呼び方は様々です。

仏教儀式の一つとなりますので、神式やキリスト教式の葬儀では行いません。 枕経は臨終の時に行う儀式となりますので、元々は生前に執り行う儀式でした。しかし、最近は病院で臨終を迎えることが多くなり、臨終後に行われることが多くなっています。

枕経の意味は?

では、「枕経」にはどのような意味があるのでしょうか。

枕経は宗派によって捉え方が異なるため、浄土宗・浄土真宗では枕経は行いません。しかし、枕経に代わる儀式がありますので、こちらで併せてご紹介します。なお、ご自身がお願いする儀式がどちらに当たるのかに関しては、事前に菩提寺の僧侶やお願いする葬儀社に確認されておくとスムーズです。

枕経:浄土宗・浄土真宗以外の宗教/宗派

「枕経」は、臨終を迎える方もしくは臨終を迎えた方があの世に旅立つ時に不安にならないよう、そして迷わずに成仏するように願って、枕元でお経をあげます。 本来は、臨終の時を迎える本人が行うものとなりますが、臨終を迎える本人がお経を唱えるのは難しく、本人に代わり僧侶がお経をあげる儀式となります。

枕のお勤め:浄土宗・浄土真宗

浄土宗・浄土真宗では他の宗教/宗派で言う「枕経」に代わり「枕のお勤め」を行います。枕のお勤めは、生前仏様と出会えたことへの感謝、そして臨終後極楽浄土にて生まれ変われることへの感謝の気持ちを伝えるために、仏壇に向かって念仏を唱えます。 これは、故人が死後すぐに極楽浄土に行けるという主教的な考えからきています。

枕経を行うのはいつ行う?行う時間帯は?

枕経を行う時間に決まりはありませんが、枕経は時間をおいて行うものではありませんので、臨終を迎える時もしくは臨終後ご遺体を布団に安置後、なるべく早く行う儀式となります。

しかし、菩提寺によっては枕経をお勧めしない時間帯もありますので、事前に確認をしておくと安心です。 菩提寺をお持ちでない場合は、葬儀社に確認をしましょう。

なお、ご自身で菩提寺に連絡をするなど面倒なことだと思い、省略してしまいたいと考えることもあるかと思います。 しかし、実は、枕経には枕元でお経をあげてもらうということ以外に、これから執り行う通夜・葬式の日時や僧侶の人数、法名(戒名)決めなど葬儀の段取りを決めるという目的もあります。 滞りなく葬儀を執り行うためには大切なことになりますので、枕経の目的を考え、執り行うかどうか決断されることをお勧めします。

枕経・枕のお勤めの内容

枕経の内容は宗派によって異なります。こちらでは、一般的な宗派の内容を紹介します。 なお、同じ宗派でも詳細は異なる場合がありますので、事前に菩提寺やお寺さんに確認をされると良いでしょう。

浄土宗

① 勧請(かんじょう)を行います

② 仏様に懺悔をします
この時、「十方如来世尊・世尊・釈迦如来」を呼びます

③ 十念(「南無阿弥陀仏」の名号を十遍念じることを)を読み上げます
この時、故人の頭に剃刀を当てて行います

④ 戒名を授かります

⑤ 読経をあげます
来迎仏やお名号の掛け軸などを枕元に飾ります。

 

曹洞宗

① お経を3回読みます
読まれるお経は「舎利礼文」「遺教経」などになり、お寺さんにより異なります。

② 回向文(えこうもん)を称えます
「回向偈(えこうげ)」とも言われる、勤行や法要の終わりに称える偈文です。

 

臨済宗

① 「大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)・観音経」を読経します

② 和讃で締めます
和讃とは、日本語(韻文)の歌詞で仏徳賛美の歌のことで、経文の偈(げ)となります。

 

浄土真宗

① 仏壇の燈明に火を灯します

② 故人に法名を授けます

③ 読経を読み上げます
本願寺派は阿弥陀経を、真宗大谷派では正信偈(しょうしんげ)を読経します。

④ 法話
浄土真宗の場合、枕経ではなく「臨終勤行(りんじゅうごんぎょう)」という仏様への報恩感謝のお勤めとなります。そのため、仏壇や掛け軸のご本尊に向かって行います。

 

日蓮宗

① 勧請(かんじょう)を行います
仏様を仏壇にお招きします

② 「開経偈」を読み上げます
この時、諸仏や諸尊を招きます

③ 回向します
順番は祖訓→唱題→宝塔偈となります。 木魚の代わりに木鉦(もくしょう)を使います。

 

真言宗

① 「般若理趣経」を称えます

② 「慈救の呪」を称えます

③ 「陀羅尼(だらに)」を称えます

④ 「光明真言(こうみょうしんごん)」を称えます

⑤ 「御宝号」を称えます。

枕経のお布施について

枕経のお布施については、一般的に決まった金額はありません。 というのも、枕経は葬儀の内の一つと捉えられることが多いため、葬儀の全てが終わった後にまとめてお渡しすることが多いためです。

そもそもお勤めの一つ一つにいくらという決まった金額の提示がないことがほとんどです。 ただし、最近はお寺によっては定額制を導入している場合もあります。また、地域によってしきたりとして決まりがある場合もあります。そのため事前に菩提寺や親戚、地域の方もしくは葬儀社の方に確認されると良いでしょう。

枕経で準備するもの

枕経を行うにあたり、準備するものとして以下があります。
最近は葬儀社にお任せしてしまうことが多くなりましたが、ご自身でも確認されると良いでしょう。

 

▼準備するもの

布団

ご遺体を自宅で安置する場合は、仏間もしくは居間に北枕で寝かせます。そして、その枕元に枕飾りを置きます。顔には白布を掛け、掛け布団の上には、守り刀として、刃物(カミソリやハサミ、短刀など)を置きます。守り刀は、ご遺体への邪気払いや厄災払いのために置きます。

枕飾り

枕経を行うために準備をする小さい祭壇となります。 枕飾りは、葬儀社の方が準備してくれる場合が殆どですが、ご遺族の方自身で準備 をする場合もあるかもしれませんので、知識として持っておくと良いでしょう。 枕飾りについては「枕飾りについて」の記事にて詳しく紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

座布団

僧侶に座っていたく座布団

お茶・お茶菓子

枕経の後、僧侶にお出しするお茶やお茶菓子

お車代

当日、枕経のお礼をすることは殆どありませんが、お車代は枕経の後にお渡しします。地域やお寺さんにもよりますが、5,000円〜10,000円が相場となります。

枕経に来て頂く方は

枕経は臨終〜納棺までの間に行いますので、とても短い間に行われます。 ご親族の方でも短い時間で駆けつけることができる、ごく限られた方にお見え頂くことになります。 そのため、大勢の方にお見え頂くというより、故人に近い方々にお見え頂くことになることが殆どです。

可能であれば、生前から事前にお見え頂く方やその方々への連絡方法等を確認しておくと、慌てることなく来て頂きたい方に連絡ができ、参列して頂けます。

なお、枕経に参列する場合、お香典は必要ありませんので、尋ねられた場合にはその旨をご案内して差し上げると親切です。 お香典は通夜や葬式でお渡し頂くことになります。

枕経での服装と持ち物について

覚悟はしていても、大切な方が亡くなられることはご遺族にとっては突然のこととなります。本来は略式喪服程度の服装が望ましいとされていますが、時間的に準備が間に合わないことが多いと思います。そのため、枕経は平服で良いとされています。黒やグレー、茶系、紺系の落ち着いた色の平服を着用されると良いでしょう。喪服は、通夜までに準備をすれば問題ありません。

ただし、平服とはいえ、ジーンズや短パン、Tシャツ、赤やピンクなど華やかな色の服装は控えるように心がけましょう。以下は枕経の際に適したおすすめの服装となります。

男性の服装

  • 洋服:黒やグレー、茶系、紺系の落ち着いた色のスーツ
  • ネクタイ:黒もしくはグレー(柄が入っている場合は、あまり目立たない柄)      
  • 靴下:黒の靴下
  • くつ:黒の革靴
  • アクセサリー:時計 ※装飾や色が華やかな物は着用を控えましょう

女性の服装

  • 洋服:黒やグレー、茶系、紺系の落ち着いた色のワンピースもしくはスーツ
    (家や地域の慣習でパンツは好まれない場合がありますので、パンツスーツを着用したい場合は、着用前に確認されることをおすすめします。)
  • ストッキング:黒無地
  •       
  • くつ:黒の革靴(※装飾や色が華やかな物の着用は控えましょう)
  • アクセサリー:時計、イヤリング(真珠)、ネックレス(真珠) ※装飾や色が華やかな物の着用は控えましょう

子供の服装

  • 制服がある場合は制服
    (制服がない場合は、グレー、紺系の落ち着いた色の上下もしくはワンピース)
  • 靴下:グレーや紺系の落ち着いた色の無地
    ワンポイントがある場合は、あまり目立たないワンポイントの靴下を選びましょう。 また、女の子の場合フリルやリボンが付いていると派手な印象を与えてしまいますので、避けることをお勧めします。
  •       
  • くつ:黒の革靴もしくはスニーカー
  • アクセサリー:時計(※装飾や色が華やかなものは着用を控えましょう)

持ち物

  • 数珠:年齢に関わらず数珠を持参しましょう
  • ハンカチ:黒      
  • くつ:黒の革靴もしくはスニーカー
  • バッグ:黒もしくは落ち着いた色のバッグもしくはビジネスバッグ

まとめ

近年、枕経を執り行うこと自体少なくなってきましたので、場合によっては枕経を省略するケースも多くなってきています。 しかし、枕経は故人のために執り行う仏教の儀式のうちの一つとなります。故人が極楽浄土へ心置きなく、穏やかに旅立つためにぜひ行われることをおすすめします。

他の葬儀の工程の流れを見る

お亡くなりから(目安)

葬儀は状況や行う葬儀の形式によって流れに違いがあります

いままでの葬儀は、通夜・告別式を多くの親族・友人を招いて行っていました。最近では少数の身内だけで行う家族葬、通夜を行わない一日だけの葬儀など様々な種類の葬儀があり、それぞれ違った流れで行われます。

ここではその一部をご紹介します。

一般的な葬儀(一般葬、家族葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
一日で行う葬儀(一日葬)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置
火葬のみで行う葬儀(直葬/火葬式)の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • ご逝去~納棺
  • 火葬
  • 遺骨安置
神式での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜祭
  • 葬場祭
  • 火葬
  • 遺骨安置
キリスト教での一般的な葬儀の流れ
  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
  • 4日目
  • ご逝去~納棺
  • 通夜の集い
  • 葬儀・告別式
  • 火葬
  • 遺骨安置

心に残るお見送りをお手伝い
信頼の葬儀社

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません