「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

お葬式に関する悩み・疑問を解決!Q&A

葬儀の疑問・質問に専門家が回答!教えて葬儀レビ
お葬式に関するトラブルや疑問があったら、24時間365日いつでも葬儀社に相談する
ことができます。ご質問は何度でも無料です!

費用についての相談

御見積書はどれくらい取ればいいのか?
回答数: 8
投稿者:のりか
投稿日時:2010/08/22 07:54

葬儀の事前準備を考えています。
葬儀についての知識は全くないのですが、
大体どれくらいの御見積書を比較するべきでしょうか?

noimage
私が回答いたします
-
【住所】-【問い合わせ】-
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2013/09/10 15:40

こころのセレモニー 小島でございます。

のりか さんのご質問にお答えいたします。

お見積りを比較されるのでしたら、2~4社にお見積りを依頼されると比較しやすいのではないでしょうか。

会葬者の人数や地域、お料理の有無などある程度想定したイメージを伝えることで各社、同じ条件のお見積りを見ることができますので、比較検討もしやすくなると思います。

葬儀社によって、プランやセット料金に含まれている内容が異なる場合もございますので、分らないことがあるときは、葬儀社にお聞きになるといいと思います。

ご要望にあう、安心出来る葬儀社が見つかることお祈りいたします。

noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都新宿区新宿6-7-1-3F 【問い合わせ】
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2012/12/05 16:03

家族葬のエスコートがお答え致します

お客様次第では御座いますが比較検討するのであれば
最低でも3社ぐらい比較検討するほうがよろしいでしょう。
2社だとどちらかになってしまうので3社か4社検討するのが
良いのでは。
また葬儀のお見積りは葬儀社の費用のみなので
1.葬儀式場の料金
2.火葬場の料金
3.寺社院への読経料金・戒名料金
4.お料理やお飲み物・会葬御礼品(会葬者へのおもてなし)
5.その他 直接費用(お心付)
この様なものがありますので注意しましょう。
お客様の希望、想いを上手く対応してくれる葬儀社を選びましょう。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都立川市富士見町5-1-5 【問い合わせ】 0037-6060-1275
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2010/08/27 08:50

メモリアル敬愛でございます。

弊社で施工させていただいたお客様に、何社くらいからお見積もりを取られましたか?とお伺いすると、だいたい2~4社が多いです。
葬儀社によって、見積もりの内容が違うのはもちろんのこと、セット価格に含まれているもの、いないものなど、様々ですので、よく見積書を見比べて、ご検討された方がよろしいかと思います。
また、分からないことがあれば、それぞれの葬儀社に必ず聞いてみることも大切です。
その際の対応の差で、その葬儀社の良さ、悪さがわかってくることも多いですから。

手前みそですが、弊社の場合、見積もりは細かく表示させていただいておりますし、お客様の視点で分かりやすく、金額を出させていただいておりますので、お客様には”分かりやすい見積もりで、安かったからお願いしました”と、言っていただくケースが多いです。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都豊島区巣鴨3-30-8-101 【問い合わせ】 0037-6060-1703
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2010/08/23 18:16

先ず、見積もり書は2~3件取れば良いでしょう。ここで、注意点があります。1.葬儀に必要な物が全部見積もり書に出ているか?チェック。葬儀料・返礼品(香典返し・粗供養品)料理・心付け等です。香典返しの有無、料理の有無で金額は大きく異なります。金額が違っても、支払いの時は結局同じだったりします。全部見積もりに出すと高く見えるため、全部書かない業者もあります。2.あまりにも安い見積もりは注意。葬儀を頂きたいため、極端に安い見積もりを出す業者がよくありますが・・・そういう業者は問題ありです。仕事ががないので、何でもいいから仕事が欲しいということが多いです。3.参列する人数・場所・宗派をしらせる。これが決まらないと、見積もりのしようがあいません。4.実際に担当者に会うことをお勧めします。葬儀の根幹は祭壇とかではなく、サービスです。いくら安くてもサービスが悪いと無意味。また祭壇が高価でもサービスが悪ければこれも後悔のもと。・・・葬儀は担当者の人柄に尽きます。裁判を弁護士に頼むのと似ています。
大手だから安心ということもありません。大手業者にはいい人もいれば、そうでない人もいます。
この業界、いい人も多いし、悪い人もいる・・・残念ながらこれが現状です。本当は見積もり金額でなく、この人なら安心という人を知っていて、その人に依頼するのが一番。勿論、その場合でも、見積もりは必要です。     回答者  大杉

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都中野区新井5-22-1 【問い合わせ】 03-3388-5501
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2010/08/23 17:44

初めまして「のりかさん」アイユーメモリーの落合です。

やはり皆様の仰る通り「定義」を決めてから「総額」を提示して貰う様にして相見積もりをすると比較し易いと思います。(定義=親族人数と会葬者人数・地域、式場・全体のランク等)

多く見積もりを取っても混乱してしまうので最低3社、最大でも5社位から見積もりを取り、比較すると良いでしょう。
又、メールや電話での応対も考慮すると、より判断材料が増えます。
最終的には実際面会し、追って依頼の連絡をする事をお勧めします。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都板橋区徳丸1-20-18 【問い合わせ】 0037-6060-1378
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2010/08/23 10:16

(有)えにし ゆかり葬祭 小野と申します。

実際、お見積りの比較するとき、各社見積もり書が違います。

ですから、希望する葬儀の規模(親族の人数、会葬者の人数)を設定し、葬儀会場を

どこにするか考え、葬儀社に葬儀総費用で算出していただくことが良いと思います。

多少なりとも、葬儀社によって誤差はあると思いますが、このやり方のほうが比較的

見積もりを比較しやすいと思います。2社~3社見積もりを依頼することが良いと

思います。葬儀レビさんに依頼することも良いと思います。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 埼玉県川口市中青木1丁目3−16 【問い合わせ】 0037-6060-1257
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2010/08/23 10:06

信用葬祭と申します。

御見積書の比較は具体的にのりかさんの希望がわかればより細かくかわります。

たとえば、場所は、人数は、祭壇は、料理は、お返し物はと、のりかさんの希望がわかれば

数社でいいと思います。

御見積書を取りすぎて逆に分かりづらくなる方もいるので注意して下さい。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都墨田区東向島6-2-13 【問い合わせ】 03-3610-2121
御見積書はどれくらい取ればいいのか?についての回答
2010/08/23 09:38

まず「仮定」で構いませんので、具体的に葬儀について希望を決めて下さい。
少なくとも、葬儀種類・場所・予想人数・祭壇位は必要です。
例えば、
葬儀種類 : 一般葬・仏式
場所   : **区民斎場
予想人数 : 遺族親族20人・一般会葬80人
祭壇   : 生花祭壇
等です。
その条件で見積もりを取りましょう。
勿論、接待・返礼品・火葬料金・雑費等を含めた「総額見積もり」です。

一般的な葬儀はいくらかかりますか?等の見積もりでは、各社まちまちの条件で見積もりますので比較になりません。

更に、見本写真や施工例を添付してもらって下さい。
生花祭壇等は各社価格がまちまちですので、内容と価格の比較が重要です。
業者によって「安かろう悪かろう」の場合もありますし、その逆もあります。

同様に「接待料理の内容」や「返礼品の内容」の確認も必要です。
A社B社同じような料理の見積金額でも、A社は寿司とお新香だけの値段、B社は寿司・オードブル・天ぷら・煮物合計の金額等、使う仕出し屋さんや見積もりに対する業者の考え方でも大きく変わってきます。
見積金額を安くする為に内容を最低限にしている場合もあると言う事ですので、そこを見極めて下さい。

その上で複数社を比較して業者を決めて下さい。
同じような業者ばかりを比較するのではなく、「昔からの地元業者」「大手業者」「新興業者」等全く違う業者を比較するのも良いでしょう。

比較する数はのりかさんの「納得がゆくまで何社でも」見積もりをとる事が良いと思います。

この回答が役に立った方⇒

葬儀の費用について、より詳しく知りたい方は「葬儀の費用がわかる」ページをご覧ください。
「お葬式をあげるには、どのくらいのお金がかかるの?」、「葬儀費用の仕組みって、いったいどうなっているの?」。そんなみなさんの疑問や悩み、心配を解消できるよう、葬儀の費用についてわかりやすく解説しています。

>>「葬儀の費用がわかる」ページはこちら


フリーワードで質問を検索

このページに関連する記事

質問カテゴリーから選ぶ

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください