お葬式に関する悩み・疑問を解決!Q&A

葬儀の疑問・質問に専門家が回答!教えて葬儀レビ
お葬式に関するトラブルや疑問があったら、24時間365日いつでも葬儀社に相談する
ことができます。ご質問は何度でも無料です!

大至急回答がほしい相談

死産
回答数: 5
投稿者:みみ
投稿日時:2010/12/14 07:52

死産のため亡くなった子供のために葬儀を執り行いたいと考えているのですが、通常の葬儀とはどのように違うのでしょうか?また、葬儀後はどのようなことをしてあげれば良いでしょうか?

noimage
私が回答いたします
【住所】 大阪府東大阪市横小路町6丁目3−28 【問い合わせ】 072-984-4001
死産についての回答
2013/07/09 11:43

関西葬祭センターです。

死産でお亡くなりになられたそうですが、葬儀は普通の場合とは異なります。
営まれる場合は、それこそ本当の家族葬形式ということになります。
葬儀後は同一ですが、お寺様とご相談して進めていってください。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都江東区亀戸9-33-1-1211 【問い合わせ】 0120-444-262
死産についての回答
2013/02/01 15:36

ご心痛お察し申しあげます。
死産でも何週か?存じませんが通常はサイズにあった棺に
お寝かせして母親の体調に応じて親族のみなさんで
葬儀にするか、火葬にするか考えて行動をして頂ければと存じます。
葬儀後のことは、時間をかけて。ご親族の皆さんと相談しながら
ゆっくりとお考え頂き納骨されてみればいかがと思います。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都板橋区徳丸1-20-18 【問い合わせ】 0037-6060-1378
死産についての回答
2010/12/15 18:08

(有)えにし ゆかり葬祭 小野です。

遅くなりましたがご回答させていただきます。

葬儀をあげるという認識ではなく、お別れをする時間をつくると

お考えいただいたほうがよいと思います。

お母様のご心痛を考えたとき、お葬式をあげるというより、お別れの

時間をとるという認識があてはまるような気がいたします。

火葬後は納骨は急がずに、気持ちの落ち着くまでお家にお骨をご安置しては

いかがでしょうか

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都立川市富士見町5-1-5 【問い合わせ】 0037-6060-1275
死産についての回答
2010/12/14 21:32

メモリアル敬愛と申します。

心中お察し申し上げます。
死産のお子様の場合、何カ月のお子様かにもよりますが、お遺骨が残らない場合も多いですし、葬儀社がお預かりして、火葬場までお持ちするというケースが多いです。

また、火葬場の受け入れも、早い時間でしか対応してくれない火葬場も多いです。

ただ、ご家族の方のお気持ちが大切ですので、どうしてもお葬儀をという場合、ご自宅で小さな祭壇を設営するのも可能です。

ご希望を葬儀社に伝え、納得のいくお見送りを、おすすめいたします。

この回答が役に立った方⇒
noimage
私が回答いたします
【住所】 東京都中野区新井5-22-1 【問い合わせ】 03-3388-5501
死産についての回答
2010/12/14 16:57

初めまして「みみさん」アイユーメモリーの落合です。

死産のお子様の葬儀は一般的な葬儀の様に「通夜」翌日「葬儀/告別式」を行う事は少ないと思います。
会葬者もご遺族だけか、呼んでもそのご両親位までで、それ以上の親戚や友人会社関係にはお知らせしませんので、ご遺族で一日ご自宅で通夜を行い、翌日霊柩車は使用せず、お車やタクシーで火葬場へ行き、荼毘、収骨となる形でしょうか。
小さな祭壇を設けて、宗教儀礼を行う方も居ますが、ごく稀なケースです。

通常通り御遺骨をお墓へ納骨する場合と、まだお墓をお持ちでない場合、ご自宅の御仏壇等にお骨壷を安置し、気持ちの整理が付いたらお墓を購入し納骨すれば大丈夫です。
又、「手元供養」として色々な商品(お骨をプレートにしたり、ダイヤモンドにしたり等々)がありますので、選択されても良いでしょう。

金額は勿論ですが、地域や宗旨によって考え方も違いますから、何社が具体的に相談されては如何ですか。

お産の後ですので、お身体ご自愛下さい。

この回答が役に立った方⇒
フリーワードで質問を検索

このページに関連する記事

質問カテゴリーから選ぶ

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください