「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀社紹介窓口

あなたに合った葬儀社を探します

全国500以上の優良葬儀社の中からお客様のご要望に合った葬儀社をご紹介し葬儀選びをサポートします

  • 紹介無料
  • 即日紹介
  • 全国対応
ご 相 談 受 付
24時間365日対応
深夜・早朝に構わずお気軽にお電話ください

千葉芳之様 秋田県仙北市にお住まいの葬儀レビ体験談

秋田県仙北市の千葉芳之さんは、2013年7月20日に父である石松さんを亡くされました。「自分の経験で役に立つことがあるなら」と「葬儀レビ」を利用した経緯、感想などをお話くださいました。

もくじ

  1. 音楽、書道など文化的な趣味を持つ父でした
  2. たまたま毎日見るサイトに表示されていた葬儀のバナーから
  3. 自宅以外の場所で葬儀の日を迎えたかった
  4. 香典返しのあいさつ文はありきたりではなく
  5. これからも家族の不安を解消する「葬儀レビ」で

音楽、書道など文化的な趣味を持つ父でした

お父さまが亡くなられた時のことを聞かせていただけますか。

大仙市協和病院で亡くなりました。満92歳でした。

3年ほど前から、介護施設に入っていました。亡くなるひと月くらい前、体調を崩して、介護施設と連携の取れている協和病院へ入院することになりました。主治医から「これは、さいごかもしれない」と言われ、私も覚悟は決めていましたが、そのまま病院で亡くなりました。


 

どんなお父さまでしたか。

独学で、何でもやる父でした。尺八、篠笛、三味線、書道、竹ひご飛行機や凧を作って飛ばすこと、日曜大工などです。賞状書きを頼まれたりもしていました。自分の書の表具だけでなく、私の大学時代の書も表具してくれました。子どもの頃、父がきれいな字で持ち物に名前を書いてくれたことを覚えています。

たまたま毎日見るサイトに表示されていた葬儀のバナーから

「葬儀レビ」を知り、連絡するまでのことをお話いただけますか。

私は、毎朝パソコンでニュースを見ます。父が入院してまもなく、ニュースサイトのページ上段に「葬儀」に関するバナーが出たんです。「あれ」と思って。クリックしていくうちに、「葬儀レビ」にたどり着きました。その時は、今回依頼した花王堂さんという葬儀社をサイト内で確認し、「葬儀レビ」を携帯に登録しただけで終わりました。

実際の連絡は、父が亡くなってから。「葬儀レビ」に電話して、「花王堂さんに頼みたい」と伝えたところ、「すぐ(花王堂に)連絡します」と言われました。 

葬儀についての希望はあったのでしょうか。

平成18年、いまから足かけ8年前に、母とおばを同じ年に亡くしましたが、その時同様、菩提寺で行うと決めていました。

自宅以外の場所で葬儀の日を迎えたかった

花王堂という葬儀社に決められた理由を聞かせてください。

私は、父が亡くなってから葬儀までの間、遺体と遺族が、自宅以外の場所で泊まって過ごせる場所はないかと探していました。

というのも、私は10年前まで県外で暮らしていて、両親が高齢になったため戻ってきましたが、全ての生活を移したわけではなく行ったり来たりの状態。その時は、完全に自宅に戻るための準備でゴタゴタしていて、父が亡くなったあと、自宅に引き取るのはむずかしい状況でした。それで、葬儀の日まで父と過ごせるところはないだろうかと「葬儀レビ」で検索し、一番近いところが大仙市の花王堂さんでした。秋田市に住む兄が来る距離を考えても、ちょうどよいと思いました。

「花王堂」は、秋田県ではじめてお葬式の価格を明示した葬儀社です。

「葬儀レビ」のほかにも、お見積もりは取られましたか。

花王堂だけです。私の希望する「葬儀まで家族で過ごせる」ということに対応している葬儀社は、探した範囲ではありませんでした。

香典返しのあいさつ文はありきたりではなく

ご葬儀の準備から終えられるまで、困ったこと・気にかかったことなどはありましたか。

何もなかったです。花王堂さんも、わからないことが遠慮なく聞ける良い会社だと思いました。歴史もあるようですし、各宗派の基礎も押さえていて「その時はこうしたほうがいいですよ」とアドバイスをもらえる会社でした。具体的に「枕経なりお通夜は、いくらお包みすればよいか」や「焼香の回数が宗派によって違う」ということなどを聞かせてもらいました。

ほかに印象に残ったことはありますか。

父が亡くなったあと、花王堂さんの施設に兄と泊まりました。夏場だったので、遺体をきちんと冷やす必要がありましたが、設備が整った部屋でした。遺体と私たちが眠る部屋はガラスで仕切られていて、遺体のある部屋は低温で冷やされています。季節に関係なくお任せできるなと思いました。

それから花王堂さんでは、香典返しのあいさつ文にと、父の生前の思い出を私と兄から聞き取って、短い文章にまとめてくれたんです。私も兄も、初めてのことでした。私の同級生からも「お父さんのことがわかっって良かった」と言ってもらえました。文章作成の追加料金はありませんでした。


 

これからも家族の不安を解消する「葬儀レビ」であって

ご葬儀を終えられた今の気持ちを聞かせていただけますか。

一番思うことは「いい葬儀社さんにめぐり合えたな」ということです。兄とも、そう話しています。葬儀のバナーに出会わなくても、最終的にインターネットで探すつもりでした。でも「葬儀レビ」にいくかどうかはわからなかったですから。ある意味、奇跡としかいいようがないですね。

「葬儀レビ」の感想、評価、こういうサービスあったら、など何かあればお願いします。

助かったのは、これから葬儀をするかもしれない家族が、自分たちの希望を検索にかけると、それに合わせた葬儀社が近隣から選ばれるシステムになっていたことです。ありがたかったです。ただ検索ですが、慣れてない方もいるかもしれないので、パソコン初心者でも使いやすい工夫をしたほうがいいかもしれないと思いました。

それから花王堂さんでは、葬儀についての無料相談会を開くこともあるそうです。「葬儀レビ」でも、そういった情報があると若い人など助かるかもしれないとも思いました。

千葉様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました。

※ 取材日時 2013年09月

このインタビューに関連する記事を見る

他のインタビューを見る

葬儀社紹介はこちらから

受付時間 24時間365日 年中休まず受付
ご利用について 通話・相談・紹介無料
対象 条件にあった葬儀社を紹介してほしい方
キャンセルについて ご紹介した葬儀社がお気に召さなかった場合、キャンセルしていただいて構いません。ご紹介窓口を利用したからといって必ず依頼する必要はありませんのでご安心ください。
個人情報について ご相談を受け付けるにあたって、円滑な相談処理を実施するために、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、をお伺いします。答えるのに抵抗があるという場合は、差し支えない範囲でお答えいただければ結構です。これらの情報は、相談処理に利用し、本人の同意を得ずに他の目的で利用することはいたしません。
深夜・早朝でもかまわずにお気軽にご連絡ください
24時間365日受付 相談実績年間8,800
↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください