「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

葬儀社紹介窓口

あなたに合った葬儀社を探します

全国500以上の優良葬儀社の中からお客様のご要望に合った葬儀社をご紹介し葬儀選びをサポートします

  • 紹介無料
  • 即日紹介
  • 全国対応
ご 相 談 受 付
24時間365日対応
深夜・早朝に構わずお気軽にお電話ください

林真弓様 千葉県八千代市にお住まいの葬儀レビ体験談

お父様の葬儀で葬儀レビをご利用いただきました。「葬儀のことが何も分からず、いざとなったらバタバタしてしまう」ということでお父様のご存命中に弊社にお問い合わせをいただき、「万が一」に備え準備を進めていた林様。故人の存命中に葬儀の準備を進めることは「憚られる」という方も多いと思いますが、林様はどのようなお気持ちで準備を進められたのでしょうか?林様にお話を伺ってまいりました。

もくじ

  1. 「中々良くならない」…。治ると信じていた父の言葉を聞くのが辛かったです。
  2. 葬儀のことは何も分からないので準備をしておく必要がありました。
  3. 葬儀社の方からはいろいろ教えていただいて、しっかり父を送ることができました。
  4. やはり葬儀はそれなりの費用がかかるなというのが実感です。
  5. インターネットでこのようなサービスを利用できることはとても良いと思います。

「中々良くならない」…。治ると信じていた父の言葉を聞くのが辛かったです。

お亡くなりになったのは?

父の葬儀で利用いたしました。88歳で他界いたしました。

お亡くなりになるまで、お父様のご容態はどのような感じだったのでしょうか?

父、母とは普段離れて住んでいて、父と会うのは年に1回程度です。その父親から今年3月に「背中が痛くて病院に行って検査したが、その結果は家族と一緒に聞きに来てほしいと言われた」と電話がありました。母も腰が悪いため、私が付き添って病院に検査結果を聞きに行きました。

医師からは「悪性胸膜中皮腫」と言われ、大学病院を紹介されました。大学病院で相談しましたが、高齢でもあり手術も無理なうえ、抗がん剤治療も負担がかかると言われました。治療する手立てもないので、自宅近くの呼吸器内科に通って痛みを抑える方向となり、父は週一回のペースで近所の病院に通っていました。

しかし、痛みと辛さが緩和されないので、最初に検査していただいた病院に相談し、入院をさせていただくことになりました。


 

さぞかしお父様はお辛かったことでしょう。

私は、病気が病気なので亡くなることを覚悟していたのですが、父は治るものだと思って頑張っていました。「中々良くならないんだよね」と言うのを聞くのが辛かったです。

入院すると痛みの方は少しずつ緩和されていって、ずいぶん本人も元気になりました。かねがね「自宅に戻りたい」ということを話していましたので、一旦自宅に戻って在宅医療に切り替えました。痛みの緩和もしていただいていたのですが、やはり在宅医療も限界になってしまい再び入院することになってしまいました。それから意識も混濁するようになって8月11日に息を引き取りました。

病院からは深夜に電話があったのですが、結局の父の最後には立ち会えませんでした。亡くなったという連絡は、病院に向かう車の中で、携帯電話で聞きました。

葬儀のことは何も分からないので準備をしておく必要がありました。

ご葬儀はどのように段取りをされていったのでしょうか?

実は、父が亡くなる前に既に葬儀レビの方にはご連絡を差し上げて、葬儀社を3社紹介していただいていました。父が亡くなった時に、病院からは「遺体の引き取りをお願いします」と言われ、早速3社のうちの1社にお願いして父を自宅まで運んでいただきましました。

存命中には中々葬儀社を探すということに抵抗がある方もいらっしゃいますが。

「いずれ父は亡くなるだろう」という思いと、葬儀については「何も分からない」ので、準備しておく必要を感じたからです。夏に仕事に余裕ができたので、その時にインターネットを利用して葬儀社を探しました。その過程で、葬儀レビさんのサイトに辿り着きました。

もともと菩提寺はあるので、お坊さんについては問題なかったのですが、葬儀社に関しては全く伝手がなくネットで調べる以外に方法はありませんでした。


 

葬儀社の方からはいろいろ教えていただいて、しっかり父を送ることができました。

葬儀レビのスタッフの対応はいかがでしたか?

スタッフの方の対応は非常に良かったです。ネットで問い合わせをしたら、すぐにご連絡もいただけました。その後、ご紹介いただいた葬儀社の方からもお電話をいただきました。

葬儀レビのスタッフの件ではないのですが、少し不快だったのは、紹介いただいた葬儀社の中に、父がまだ存命中にも関わらず何度も何度もしつこく電話をかけてきた会社がありました。こちらは「まだ父が生きているのに」という思いもあって…。お問い合わせをした時点で、こちらは見積もりも含めて検討資料が欲しかっだけなのですが、あまりしつこく電話されて辟易としました。結局、しつこく電話をされた葬儀社は候補から外しました。

それはご不快な思いをかけて大変申し訳ありませんでした。実際葬儀はいかがでしたでしょうか?

私は、質素に告別式とお通夜を分けずに1日葬でやりたかったのですが、母や兄は「お通夜と告別式は、しっかり分けてやった方が良い」ということだったので、それに従いました。私と兄の職場の方に来ていただくのも大変でしたし、身内とご近所の方で会葬者は20名程度と葬儀社の方にはお話しておきました。

こちらは葬儀のことについては何も分からない状態だったのですが、葬儀社の方が、お坊さんへの対応などについてとても詳しく教えてくれました。結果的には、父をしっかり送ることができて良かったです。

やはり葬儀はそれなりの費用がかかるなというのが実感です。

葬儀全体を通じて印象に残ったことはございますか?

葬儀社の方には本当に良くやっていただきました。ただ強いて気になった点を言わせていただければ、父の遺体を病院に引き取りに来ていただいた時の葬儀社の方の対応です。

葬儀社からはお二人来ていただいて、一人の方はとても親身になって対応いただいたのですが、もう一人の方の感じが悪かった。父の搬送のために夜中に呼び出したこともあるのでしょうかね。少し怖かったです。

対応した葬儀社「グローバルケア」のホームページ。低価格でも品質重視の葬儀を提供することが特徴です。

葬儀を終えられた今のお気持ちはいかがですか?

49日まではお線香を絶やさないようにという気持ちで私も実家にお線香をあげに行っています。49日が終わると、それはそれで少し寂しい気がします。父の最後に立ち会えなかったのが心残りで、「泣け」と言われれば、今すぐにでも泣くことができます。

終わってみると、やはり葬儀はそれなりの費用がかかるなというのが実感です。私たちのように働いていればいいですが、年金で暮らされている方などにとっては大変な負担になるかなと思います。

インターネットでこのようなサービスを利用できることはとても良いと思います。

葬儀レビをご利用いただいた感想についてお聞かせいただけますか?

私もネットは良く使いますが、利用できる環境が限られていました。父の入院を機にスマートフォンに変えて、どこからでもネットにアクセスできるようにし、今回の葬儀レビも利用させていただきました。

このようなサービスを利用したことを友人に話したところ、友人の場合は、亡くなった時に既に病院に関係する葬儀社が来ていて「とても感じが悪かった」と言っていました。私も準備をしていなければ、友人と同じような状態になっていたかもしれません。

葬儀やお布施の相場も分からないので、ネットで調べることは多かったです。インターネットでこのようなサービスが利用できるようになったことは大変良いことだと感じました。

林様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました。

※ 取材日時 2013年09月

このインタビューに関連する記事を見る

他のインタビューを見る

葬儀社紹介はこちらから

受付時間 24時間365日 年中休まず受付
ご利用について 通話・相談・紹介無料
対象 条件にあった葬儀社を紹介してほしい方
キャンセルについて ご紹介した葬儀社がお気に召さなかった場合、キャンセルしていただいて構いません。ご紹介窓口を利用したからといって必ず依頼する必要はありませんのでご安心ください。
個人情報について ご相談を受け付けるにあたって、円滑な相談処理を実施するために、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、をお伺いします。答えるのに抵抗があるという場合は、差し支えない範囲でお答えいただければ結構です。これらの情報は、相談処理に利用し、本人の同意を得ずに他の目的で利用することはいたしません。
深夜・早朝でもかまわずにお気軽にご連絡ください
24時間365日受付 相談実績年間8,800
↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください