「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

葬儀の種類 「○○葬」の言葉の意味って?

一般葬

通夜と葬儀・告別式を行う伝統的な葬儀を指します。会葬者を遺族や親族などに限定せず、職場関係者や友人・知人、近隣の住人にも広く知らせ、参列してもらいます。通夜の翌日に告別式行うのが一般的です。

一日葬

一般的には通夜と葬儀・告別式で2日かかりますが、通夜を行わず、葬儀・告別式のみを一日で行う形式です。親族を中心に、特に故人と付き合いの深かった人々で送ります。通夜を行わないぶん時間が短いため、高齢の遺族にも負担が少ないのが特徴です。葬儀社によっては「ワンデーセレモニー」とも呼ばれます。

直葬/火葬式

葬儀を執り行うことに法的な義務はありません。通夜や告別式といった儀式を行わず、火葬のみ行うものを「直葬」または「火葬式」と呼びます。ただし葬儀をしない場合も、亡くなった場所からの搬送や死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得などが必要です。直葬では基本的に読経も行いませんが、火葬時に僧侶を呼んで読経してもらうこともできます。宗教にとらわれず、シンプルで、経済的負担も少ないため、近年は増加傾向にあります。

家族葬

本来は家族のみで行うものですが、親戚や特に親しい友人・知人を加えた小規模な葬儀を指すのが一般的です。一般の会葬者は参列しません。故人が高齢で参列者が少ない場合や、落ち着いて身内だけで見送りたい場合など、近年、注目されている葬儀形式のひとつです。

大型葬

社葬・団体葬や合同葬といった大勢が参列する大規模な葬儀を指します。

密葬

ごく限られた人にだけ告知をして行う葬儀です。本来は、大きな社葬を行う場合や年末年始に死亡した場合に、ひとまず近親者だけで火葬を済ませることを「密葬」と呼びましたが、近年は本葬を行わずに密葬のみで終わりにするケースも増えてきました。呼ぶ範囲を絞るという点では、家族葬も密葬といえます。

キリスト教式葬・神葬祭・仏式葬・友人葬

キリスト教式葬は教会の神父や牧師が執り行います。教会や斎場で行います。

神式の葬儀を「神葬祭」といい、神社の神官が執り行います。一般に神社では葬儀は行わないため、自宅または斎場を使用します。

仏式葬は、日本人の約9割が行っているもっとも一般的な形式で、僧侶の読経で見送る葬儀です。

僧侶を呼ばず、遺族・親族・友人など故人と親しかった人によって執り行う葬儀を「友人葬」といいます。現在では創価学会の行う葬儀を指します。

無宗教葬/自由葬

宗教者を招かず、特定の宗教にとらわれない形式で行う葬儀を総称して「無宗教葬」と呼びます。葬儀というよりも「告別式」あるいは「追悼式」というべき形式です。「自由葬」とも呼ばれます。祭壇には花と遺影を飾り、焼香の代わりに献花を行います。近年は信仰をもたない人が増えてきたため、年々増加傾向にあります。

社葬/団体葬

企業や団体が主催して行う公的な葬儀のことです。故人が所属していた企業や団体において大きな功績がある場合、あるいは職務中に死亡(殉職)した場合に行われます。社葬だけを行う場合、個人葬も社葬も正式に行う場合、社葬を本葬として個人葬は密葬にする場合の3つの形式があります。

合同葬

企業や団体が遺族と合同で主催し、個人葬と本葬をいっしょに行うのが「合同葬」です。また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も「合同葬」と呼ばれます。

個人葬

社葬・団体葬に対し、企業や団体ではなく遺族が主催して行う一般的な葬儀のことです。

自治体葬・市民葬・区民葬

各自治体が提供している低価格で簡素な葬儀です。しかし、一般に福祉ではなく、補助金が出ているわけではありません。多くは自治体の指定する民間の葬儀社が行います。故人または喪主がその自治体に住んでいる場合に行うことができますが、すべての自治体で行われているわけではありません。「規格葬」と呼ばれることもあります。

自宅葬

葬祭会場ではなく、自宅で行う葬儀を指します。身内や親しい人たちだけで送る葬儀が増えるなか、近年は主に都市部を中心に故人の住み慣れた自宅での葬儀を希望する人も増えています。ただし、近隣への配慮に留意しなければなりません。

ホテル葬

ホテルを会場として使用する葬儀・告別式のことです。無宗教で行う「偲ぶ会」「お別れ会」などを指すこともあります。

生活保護葬

生活保護を受けている世帯の方が亡くなり、喪主が葬儀費用を支払うことが難しい場合、管轄する市区町村から葬祭扶助を受けることができます。支給される金額や条件は地域によって異なります。「福祉葬」「民生葬」などとも呼ばれます。

骨葬

一般的には葬儀を終えてから火葬を行いますが、火葬のあとで葬儀を行う地域があります。これを「骨葬」と呼びます。

海洋葬

遺骨を自然にかえすことで故人に別れを告げる「自然葬」のひとつ。火葬したあとに遺骨を海へ散骨する演出を行う葬儀を「海洋葬」といいます。通常の葬儀を済ませたあとで簡単な儀式を行って散骨することが多く、遺骨の一部をまく場合とすべてをまく場合があります。扱いのある葬儀社または散骨専門業者に依頼します。

樹木葬

遺骨を自然にかえすことで故人に別れを告げる「自然葬」のひとつ。火葬したあとに遺骨を樹木の下に埋葬することを「樹木葬」と呼びます。葬儀というよりも遺骨を埋葬する墓地の一種といえるでしょう。樹木葬が行えるのは墓地として許可された場所のみで、専用樹林の樹木に埋葬するケース、専用の墓地区画を購入して埋葬し、好きな樹木を植えるケースなどがあります。

音楽葬

故人が生前に好んでいた曲など、生演奏やCDによって音楽を献奏する葬儀を「音楽葬」といいます。伝統的な形式にとらわれない「自由葬」のひとつとして人気が高まっています。多くは無宗教葬で行われます。

お別れ会

家族・近親者だけで葬儀を行い、後日、故人と縁の深かった友人・知人を招くものを「お別れ会」「偲ぶ会」などと呼びます。いわば告別式中心の葬儀といえるでしょう。宗教者を招かず、自由なスタイルで、ホテルやレストランで行うこともあります。祭壇には花と遺影を飾り、焼香の代わりに献花を行います。音楽を流すことも多いようです。

生前葬

生きている人が行う自分自身の葬儀のことを「生前葬」といいます。友人や知人、お世話になっている人などを招いて行われます。基本的に自分自身の手によってプロデュースするものなので、宗教にとらわれない自由な形式をとることが多いです。生前葬は、日ごろお世話になった人への感謝に伝えたいという目的や、人生の区切りのような意味合いで行われます。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください