「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

似ているけれど意味が違うことば 忌中と喪中 

忌中(きちゅう)と喪中(もちゅう)、似ている言葉ですが意味は違います。きちんと区別をして、間違いないようにしましょう。一般的に「忌中」は四十九日までを、「喪中」は一周忌までを指した言葉です。

忌中・忌明けとは

「忌中」とは、遺族が故人の冥福を祈る忌服(きふく)期間のことです。
忌服期間は、宗教によってちがいますが、仏式の場合、四十九日までを「忌中」とします。
「忌明け」(きあけ)とは、遺族が故人の冥福を祈る忌服期間を終えることをいいます。

かつては、忌中は外出を控え、極力他人と会わないようにするというしきたりもありましたが、現在は、官公庁の服務規程にある忌引き期間に従って、最長でも10日程度で普段の生活に戻るのが一般的です。
ただし忌明けまではお歳暮やお中元などの贈答を控えるのが一般的です。
忌明けのタイミングで香典返しを贈るのが一般的です。

喪中・喪明けとは

「喪中」とは、故人の親近者が喪に服す期間のことをいいます。
忌が明けて、穢れが薄くなった期間を「喪」といい、一周忌が過ぎたら喪が終わり「喪明け」とされます。

喪に服す近親者の範囲は、一般には配偶者と一親等(父母、子)、二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)の血族が目安です。
故人が婚姻によって親族となった姻族でも、同居していた場合には喪に服すことがあります。

喪中では、祝い事への出席を避けるというのが、古来からの習わしでしたが、近年では忌が明ければ出席しても構わないとされています。
また喪に服しているあいだは、正月飾り、初詣、年賀状のやり取りは行いません。そのため年賀状を出さずに喪中はがきを出します。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください