「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

知っておきたい法事・法要の基礎知識

葬儀を終えたあとに執り行われる法事・法要について解説します。
法事と法要は同じ意味として使われることもありますが、厳密には、遺族が故人を偲んで冥福を祈り、お経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼び、その後の会食などを含んだものを「法事」と呼びます。

法事・法要の執り行われ方


法要は菩提寺(先祖代々の墓や位牌をおいている寺)で行うのが一般的ですが、斎場で行うこともあります。お斎(おとき)と呼ばれる会食に都合がよいため、近年はホテルで行うケースも増えています。

儀式そのものに特に決まりはありません。読経・焼香などの順序は事前に僧侶と相談して決めておきましょう。法話をしてもらうこともあります。
一周忌までは、遺族は正式な喪服を着ます。

忌日法要(中陰法要)


忌日法要(中陰法要)とは、故人の命日から7日ごとに営まれる法要のことです。
日数は亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。初七日にはじまり、四十九日をもって忌明けとなります。

仏教では人が亡くなってからの49日間を「中陰」と呼び、7日ごとに審判が行われ、49日目の「満中陰」で極楽浄土に行けるかどうかの判決が下されると考えられています。
この間、死者は今生と後生のあいだにいるため、故人が成仏できるよう特に供養に専念する時期とされています。

初七日忌


初七日(しょなのか)忌は命日から7日目の法要です。
「繰り上げ初七日」、「式中初七日」というかたちで葬儀の日に繰り上げて行うことが多くなっています。

二七日忌・三七日忌・四七日忌


二七日(ふたなのか)忌、三七日(みなのか)忌、四七日(よなのか)忌は、それぞれ命日から14日目、21日目、28日目の法要です。
読経・焼香は省略し、遺族だけで供養することが多くなっています。

五七日忌=三十五日忌


五七日(いつなのか)忌、三十五日(さんじゅうごにち)忌は命日から35日目の法要です。
地域によっては、この日を忌明けとすることもあり、その場合、親族や友人を招き、僧侶に読経をしてもらいます。

六七日忌


六七日(むなのか)忌は命日から42日目の法要です。
読経・焼香は省略し、遺族だけで供養することが多くなっています。

七七日忌=四十九日忌


七七日(なななのか)忌、四十九日(しじゅうくにち)忌は命日から49日目の法要です。
忌明け法要となり、親族や友人を招き、寺院などで僧侶に読経をしてもらいます。
この法要をもって、これまで使っていた白木の仮位牌から本位牌に魂が移されます。

百ヶ日忌


百ヶ日(ひゃっかにち)忌は命日から100日目の法要です。
忌日法要と年忌法要を結ぶ法要となります。「卒哭忌(そつこくき)」とも呼ばれ、泣くことをやめ、悲しみに区切りをつける日とされています。
百ヶ日忌は四十九日法要とあわせて行ったり、遺族だけで行ったりするケースが多くなっています。

年忌法要


一般的に四十九日で忌明けとされ、その後は定められた年ごとの祥月命日(故人の命日と同じ月日)に年忌法要を行います

一周忌


命日から満1年目の法要です。
親族や友人を招き、供養を行ったあと、会食をします。四十九日法要と同様の規模で行われることが多くなっています。この日をもって喪が明けます。

三回忌


命日から満2年目の法要です。
親族や友人を招き、供養を行ったあと、会食をします。一般的に一周忌より小規模で行います。
ここから服装を徐々に平服に戻していくため、準礼装(ブラックスーツ、ブラックフォーマル)を着ることが多くなっています。

七回忌


命日から満6年目の法要です。
遺族・親族で供養するのが一般的です。
これ以降は規模を小さくしていき、略礼装や地味な色の服装でかまいません。

十三回忌


命日から満12年目の法要です。
遺族だけで供養するのが一般的です。

十七回忌・二十三回忌・二十七回忌


それぞれ命日から満16年目、満22年目、満26年目の法要です。
遺族だけで供養するのが一般的で、省略することもあります。

三十三回忌


命日から満32年目の法要です。
遺族だけで供養するのが一般的です。
仏教では33年目にどんな人も無罪となって極楽浄土に行くとされているため、ここで弔い上げとすることが多くなっています。「年忌明け」とも呼ばれます。
仏壇から故人の戒名を書いた位牌を下ろし、以降は「○○家先祖の霊」の位牌を祀ります。

三十七回忌・四十三回忌・四十七回忌


命日から満36年目、満42年目、満46年目の法要です。
遺族だけで供養するのが一般的で、省略することも多くなっています。

五十回忌


命日から満49年目の法要です。
ここで弔い上げとすることもあります。

百回忌


命日から満99年目の法要です。
五十回忌からは「遠忌(おんき)」と呼ばれ、50年ごとに法要を行いますが、宗祖や中興の祖などのために行われるのが一般的です。

その他の法要


忌日法要、年忌法要以外にも法要は行われます。
お盆や春と秋のお彼岸に行われる法要、お墓や仏壇を新しく購入したときや、納骨の際に行われる法要があります。

お盆法要


お盆法要では先祖の霊を迎え、供養をします。
「お盆」は、もともとは仏教用語であるサンスクリット語の盂蘭盆(うらぼん)、盂蘭盆会(うらぼんえ)が由来で、旧暦の7月15日に行われます。
現在では多くの地域で7月または8月の13日から4日間に行われています。

お彼岸法要


「お彼岸」は、昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後の3日を合わせた7日間をさします。
「彼岸」とは「向こう岸に渡る」という意味で、極楽浄土に渡れるよう、行いを慎むのが本来の意味です。

現在、お彼岸には先祖の墓参りをするのが慣習となっています。
また、仏壇と仏具の掃除をし、春のお彼岸には「ぼたもち」、秋のお彼岸には「おはぎ」を供えるのが通例です。どちらも同じものですが、牡丹(ぼたん)と萩(はぎ)というそれぞれの季節の花に由来して名づけられたようです。

開眼法要


開眼法要は、新しいお墓、仏壇や位牌に故人の魂を迎え入れるために行われる法要です。
仏壇やお墓は、購入した段階では単なる「もの」に過ぎず、僧侶による法要のあとはじめて、ただの入れものではなくなり、信仰の対象になります。

納骨法要


納骨法要は、お墓に納骨する際に行う法要のことです。
納骨する時期は、必ずこのタイミングでという決まりはありません。一般的には忌明けとなる四十九日法要、または一周忌法要、三回忌法要とあわせて行われます。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください