「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

香典返しの相場、包み方や表書き

香典返しは本来は四十九日の忌明けに行いますが、近年は葬儀当日に一律で「当日返し(即日返し)」する傾向が高まっています。
香典返しの金額の目安、品物の包み方や表書きについて解説します。

香典返しとは


香典返しとは、通夜や葬儀の際の香典のお礼のことです。いただいた金額の半額から3分の1程度に相当する品物をお返しすることを指します。
(「半返し」という言い方は、いただいた香典の半分の金額を目安にすることを指したことばです)。

もともと香典には葬儀費用に対する相互扶助の意味合いがあり、金品でのお返しはしないものでしたが、近年では、香典返しが、ごく常識的な習慣となっています。

香典返しは本来四十九日の忌明けに行うものですが、忌明けの返礼の煩雑さを解消するため、葬儀当日に香典の金額に関わらず、一律の品物を返す「当日返し(即日返し)」する傾向が高まっています。

香典返しに送るもの


香典返しを当日返し(即日返し)にする場合、2000円~3000円程度の品を送ります。
ただし、高額な香典をいただいた場合には、忌明け後あらためて、別に品物を送るのがいいでしょう。
供花や供物は香典と同じ扱いになります。そのため供花、供物を贈っていただいた方にも香典返しは必要になりますので、注意してください。

香典返しで贈るものは後まで残らない消耗品がよいとされていましたが、最近ではお茶や砂糖、シーツ、バスタオル、石けん、菓子などがよく使われているようです。カタログから自由に選べるカタログギフトも人気です。

香典返しの包み方、表書き


香典返しの品物は奉書紙か半紙に包み、仏式では白黒かグレーの結びきりの水引をかけます。
表書きは上段に「志」「忌明志」「粗供養」などと書き、下段に喪主の姓名を書きます。

また、香典返しには挨拶状を必ず同封します。1枚の奉書紙に薄墨で文面を書き、これを奉書紙でできた封筒に入れます。
マナーとして弔電を送っていただいた方にも、この挨拶状は送りましょう。

神式、キリスト教式の場合


香典返しは仏式のしきたりですが、神式の場合、三十日祭、もしくは五十日祭の忌明け後、挨拶状とともに香典返しをするのが一般的です。
品物は銀一色か白黒の水引で包み、「志」「偲草」と表書きします。

キリスト教式でもこれにならい、カトリックの場合は追悼ミサ(死後30日目)、プロテスタントの場合は昇天(召天)記念日(死後1ヶ月目)のあとに、挨拶状を添えて記念品を送るケースが多いです。
カトリックは「昇天記念」、プロテスタントは「召天記念」などの表書きを記します。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください