葬儀の後に

知っておきたいお墓と埋葬・納骨の基礎知識

お墓と埋葬・納骨に関するページです。
寺院墓地、公営墓地(公営霊園)、民間墓地(民間霊園)といった墓地の種類、墓地以外のさまざまな埋葬方法、実際お墓を購入してどのように納骨するのかの流れについて解説します。

墓地の種類

墓地には大きく3つの種類があります。
新しくお墓を建てる際には、それぞれの特徴を吟味し、墓所を承継する人のことも考慮して墓地を決めましょう。

寺院墓地

お寺が管理・運営をしている墓地をさします。
菩提寺(先祖代々の墓や位牌を置いている寺)がある場合には、こちらに納めることになるでしょう。

多くは境内に墓所がありますが、最近では郊外に墓所を造成しているお寺が増えてきました。
寺院墓地はお墓の管理が行き届いているほか、法要などの相談にのってもらえ、子孫がいなくなった場合にも永代供養をしてもらえるので安心です。

ただし、そのお寺の檀家となることが前提のため、宗旨・宗派の制約があります。
契約する場合には住職との面談が必要なことも多く、ご自身の考えと住職の考えに隔たりがある場合には注意が必要です。

公営墓地(公営霊園)

都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地(霊園)をさします。

自治体が運営しているため、経営が安定している、宗旨・宗派を問われないなどの特徴があります。永代使用料が比較的安価な場合も多くなっています。

ただし、現住所がその自治体の管轄内にあることなど、申し込みに制限があります。
また、都市部での募集は減少傾向にあり、人気の高い霊園は抽選になる場合があります。

民間墓地(民営霊園)

営利を目的としない公益法人や宗教法人に経営が許可されている墓地(霊園)のことです。

購入者の資格制限がない、宗旨・宗派を問われないことが多く、条件を気にせずに選ぶことができます。
区画の広さや墓石のデザインを比較的自由に選ぶことができます。また、ガーデニング霊園といった新しいタイプの霊園が増えてきているのも特徴です。
駐車場や法要の場所などの施設も充実していることが多く、生前購入が可能です。

ただし、民間による管理である以上、将来的な維持管理には充分な考慮が必要です。

さまざまな埋葬方法

墓地以外にも埋葬にはさまざまなかたちがあります。
土地が不足しつつある都市部を中心に、建物の中に複数の遺骨を安置する「納骨堂」が増えているほか、「樹木葬」や「散骨」といった新たなスタイルも人気を集めています。

永代供養墓

寺院や霊園が定期的に供養を行ってくれることを前提に購入するお墓です。
後継者がいない場合などに適しています。共同納骨の場合は墓石代がかからず墓地の使用料も割安。宗派・宗旨を問われないことがほとんどです。

ただし、合祀(血縁のない複数の人が合同で祀られる)の場合は、あとから個別に遺骨を取り出すことができません。

納骨堂

遺骨を安置する屋内施設のことです。
仏壇式、ロッカー式のほか、最近ではコンピュータ制御で遺骨が運ばれてくる機械式などもあります。高額な墓地や墓石を購入する必要がありません。収蔵期間が決まっていることが多く、期間満了時には合祀墓として供養されます。

樹木葬

墓所に墓石などを設けず、遺骨を土中に埋め、樹木を墓標として故人を弔う方法です。
基本的に永代供養墓として運営されるため、承継者不要で購入できます。墓石がいらないぶん安価です。
遺骨を土に還すという自然志向から、近年、人気が高まっています。

散骨(海洋葬/宇宙葬など)

遺骨を粉末状にして海・空・山中などに撒く葬送法です。
日本では山や土地への散骨は基本的に認められておらず、主に「海洋散骨」が行われています。ライフスタイルや価値観の変化によって、近年は生前から希望する人が増えています。

ただし、墓参りができないので、親族など周囲の理解と同意を得ておくようにしましょう。
あとからお墓を建てようと思っても遺骨がないと建てられない場合があるため、事前に充分な検討が必要です。
遺骨の一部を分骨し、散骨を行うこともあります。

また、遺骨をロケットなどで宇宙空間に打ち上げる「宇宙葬」といった新しいスタイルも行われています。

納骨、納骨法要の流れ

「納骨」とは、遺体を火葬して骨壷に入れる、あるいは骨壷などに入れた遺骨をお墓や納骨堂に納めることをいいます。
納骨をする時期に決まりはありませんが、忌明け(四十九日など)法要にあわせて行うのが一般的です。
僧侶と日取りを相談し、墓地管理事務所と石材店へ依頼します。また、納骨には埋葬許可証が必要です。

僧侶または墓地管理事務所と相談して日取りを決めたら、石材店にカロート(納骨棺/墓石の下にある遺骨を納める部分)のふたを開ける作業と、墓石への彫刻の依頼をします。
また、新たにお墓を建てる場合には開眼法要が必要です。
近親者を招き、卒塔婆供養、会食を行います。

開眼法要

お墓は建てただけでは単なる「モノ」にすぎず、僧侶による入魂によって初めて仏塔となります。
祭壇を設置した墓前で、僧侶が読経し、参列者が焼香を行います。「入魂式」、「魂入れ」と呼ばれることもあります。

納骨法要

カロートのふたを開け、遺骨を納めます。僧侶が読経し、参列者が焼香を行います。

卒塔婆供養

浄土真宗以外の宗派では、納骨の際に卒塔婆供養も行います。
「卒塔婆」は細長い板で、「生きている人の善行が故人の善行にもなる」という考えから行われる「追善供養」のために立てられます。
僧侶に依頼し、故人の戒名などを書いてもらいます。

卒塔婆供養後は、僧侶と参列者をねぎらう会食を行うのが一般的です。

お墓参り

お墓参りには、故人の冥福を祈るとともに、先祖に感謝する意味があります。
お墓参りを行う時期は決まっていませんが、お盆、春と秋のお彼岸、祥月命日(故人の命日と同じ月日)、年忌法要のときにはぜひ墓参しましょう。

墓所に着いたら、まずは墓の掃除を行います。墓石に水をかけ、洗い清めます。供花や供物を捧げ、線香をあげて合掌礼拝します。
火災を防ぐため、線香が消えたのを確認してから帰りましょう。
また、供物は小動物などが食い散らかしたりしないよう持ち帰りましょう。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません