葬儀の後に

知っておきたい仏壇の基礎知識

仏壇とは本来、信仰する宗派の本尊を自宅で祀るためのものです。
現在では先祖や亡くなった親族の位牌を祀る意味合いが強くなっています。
仏壇を購入するタイミング、仏壇の安置方法(方角、場所)、仏壇への拝礼の作法などについて説明します。

仏壇の購入について


仏壇の購入の時期には決まりはありません。
一般的には四十九日法要までに購入することが多いようです。じっくり検討したい場合は一周忌までに購入するとよいでしょう。

仏間のある家が少ないという昨今の住宅事情から、床の間や仏間に置く台付型は少なくなり、家具などの上に置くことのできる「上置型」が主流となっています。
洋室に置いても違和感のないモダン調などもあります。
ただし、宗派によって本尊や仏具が異なる場合があるため、購入時には故人や家系の宗派を確認しましょう。

新たに仏壇を購入した際には「開眼供養(かいげんくよう)」を行います。
僧侶に依頼し、本尊に仏の御霊(みたま)を入れてもらいます。

仏壇の安置方法

安置する方角に吉凶はありませんが、真北に向けて置くことは避けるのが通例です。
南に向け、北を背にして置く「南面北座」、宗派の本山のある方角を背にして置き、本山と本尊を同時に拝む「本山中心」、極楽浄土のある西方に向かって拝むよう東向きに置く「西方浄土」の3つの考え方があります。

直射日光のあたる場所、湿気の多い場所、冷暖房の風が直接あたる場所には置かないようにしてください。
高さ・幅・奥行きはもちろんですが、扉が観音開きであることが多いので、その点も考慮して安置場所を決めましょう。

仏壇は目線よりも上に安置するのがよいとされています。また、仏壇の上に物を置いてはいけません。

仏壇への拝礼作法

仏式の拝礼は、毎日、朝食前と夕食後に行うのが正式です。

まず、仏壇の前に正座し、本尊(位牌に対してではありません)に一礼をします。ごはんやお茶を供え、花の水を換えます。御仏前や御供花代がある場合は、このとき、自分で文字が読める方向でお供えします。
次に、ろうそくに火をつけ、その火で線香を灯し、香台に立てます。
最後にまた一礼をし、下がります。

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません