葬儀の後に

喪中はがき 誰に出す? どのように書く?

喪に服しているときには、祝い事への出席は控え、年賀状を出さないのが一般的です。
お正月を迎える前、年賀状の代わりに送るのが喪中はがきです。
この記事では、喪中はがきを出す範囲や文例など、喪中はがきについて解説します。

喪中はがきとは


身内に不幸があったときは翌年の年賀状を控える挨拶のはがきを出します。「年賀欠礼状」ともいいます。

この場合の身内とは、本人から見て2親等以内の方をさします。
すなわち、自分の両親や祖父母、兄弟、姉妹、配偶者、子ども、配偶者の両親が亡くなった場合を指します。

喪中はがきを出す範囲


喪中はがきを出す目的は、故人が亡くなったことの告知という側面もあります。
一般的に故人がお付き合いされていた方や今までお世話になった方々に出します。これまで故人宛に年賀状を送っていただいた方や、葬儀に参列した方には出すのがいいでしょう。

もし、喪中はがきを出さなかった方から年賀状が届いた場合は、松の内(1月7日)が開けてから寒中見舞いを送ります。
喪中のため、年賀状が出せなかった旨を書いてください。

喪中はがきの出し方と文例


はがきは薄墨枠のものを使用します。
相手が年賀状を書きはじめる時期に間に合うよう、遅くとも12月初旬には届くように投函しましょう。

喪中はがきには、宗教による文面の違いはありません。

喪中はがきの文例

 喪中につき、年末年始のご挨拶をご遠慮させていただきます。
 父○○○○(○歳)が去る○月○日に永眠いたしました。
 本年中に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに、明くる年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

平成○○年十二月
東京都○○区○○町○-○-○
○○○○

心に残るお見送りをお手伝い
信頼の葬儀社

葬儀のご不安やお悩みをお抱えの方へ
葬儀レビ相談窓口はこちら

葬儀レビでは葬儀専門の相談スタッフが24時間365日待機しています。
あなたのいまのご状況をスタッフまでお伝えください。利用無料。

TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません