お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している群馬県の地域をお選びください

群馬県の葬儀のしきたり・風習

位牌を残された子どもの人数分作る

群馬県では、人が亡くなると、残された子供の人数分だけ位牌を作り、各々の家の仏壇に安置するならわしがあります。位牌は、一般的には故人のものが1つだけつくられますので、たくさん作るのは奇異に感じられるかもしれません。しかし、仏教の考えでは、位牌の中に故人がいるわけではありません。例えるならば、位牌は、あの世への窓口のようなもので、故人はその窓口の向こうにいます。ですから、位牌は、いくつあってもかまわないことになります。

出棺のとき遺族が参列者に小銭を撒く

群馬県は、南部の前橋市や高崎市では伝統的な風習が見られなくなっていますが、県内には「葬式組」と呼ばれる相互扶助が生きている地域もまだ多くあります。群馬県の一部では、長寿を全うして亡くなった故人の出棺の際、遺族が半紙にくるんだ小銭を撒く風習があります。この小銭は、拾って持ち帰ると故人にあやかって長生きできるとされています。また、撒き銭には、故人の財産を周りの人に振る舞うという意味合いもあり、故人が徳を積んだことになって、あの世で良い思いができるようにとの願いが込められています。

「通夜振舞い」に刺身を出す

群馬県では、通夜振舞いに「お清め」として刺身を出す習慣があります。また、告別式の後、「ではの飯」と呼ばれる一膳飯が回されることがあります。「ではの飯」は、お椀の米を一本の箸で少しだけ手にとって食べる(食べる真似をする)のがならわしで、故人を皆で一緒に見送る意味になるといいます。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません