お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している埼玉県の地域をお選びください

埼玉県の葬儀のしきたり・風習

都市部と、郡部や農村部で葬儀のやり方が違う

埼玉県は、浦和市や大宮市などの都市部では葬儀が斎場で行われるようになりましたが、郡部や農村部の葬儀には今も古いしきたりが見られます。出棺の際に故人が生前利用していた茶碗を割る「茶碗割り」もそんなしきたりのひとつです。また、葬儀の後に火葬する「後火葬」の地域と通夜の翌朝に火葬を済ませ、骨葬を行う「前火葬」の地域が混在しています。

参列者も死装束の一部をまとう

埼玉県の北部地域では、葬儀の際、男性の参列者が「かんむり」と呼ばれる白い三角布を身につけます。また、参列者全員に小さな「混合杖」が配られます。かんむりや混合杖は市装束の一部で、「参列者も死装束の一部をまとって故人を三途の川の手前まで見送りに行きますから、そこから先はおひとりで旅立ってください」という意味が込められています。

独特のしきたりが多く残る秩父市

埼玉の秩父市では、香典袋の他に紅白の水引をつけた「お見舞い」を用意することがあります。これには、入院中お見舞いに行けなかったことを詫びる意味が込められています。
また、お葬式のとき、近親者や親しい弔問客が酒を口に含んで故人の遺体に吹きかけすこともあります。これは、昔、遺体の殺菌や消臭のために行われていたことが、現代でも風習として残ったものです。さらにお葬式の受付で、「ともに立ちますか?」と聞かれる場合がありますが、これは、「精進落としまで同席しますか?」という意味で、たいていは、故人に親しかった人たちがともに立ちます。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません