お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している千葉県の地域をお選びください

千葉県の葬儀のしきたり・風習

地域によって火葬のタイミングや葬儀のやり方が違う

千葉県では、館山市などを始めとした多くの地域で通夜の朝火葬が行われますが、千葉市では葬儀後、銚子市では通夜の前と、火葬の行われるタイミングが異なります。銚子市では、香典を通夜と葬儀の両方で出すのが一般的です。また、都市部では合理化された葬儀が行われますが、農村部や房総地域などには古い風習が残っており、「葬式組」と呼ばれる近隣住民組織が寺院との連絡やお葬式の準備を手伝います。

長寿を全うした故人にあやかる祝い銭

千葉県の一部地域では、故人が長寿を全うした人物だった場合、お祝いの意味合いを持つ「小銭撒き」が行われます。また、真中の穴に紅白の紐を通した「長寿銭」と呼ばれる5円玉を、紅白の水引が印刷された小さな袋に入れて会葬礼状と一緒に配る場合もあります。農村部では、「葬式組」の「年寄り講」と呼ばれる老人たちが太鼓を叩き、僧侶と遺族がお題目を唱える地域もあり、遺族はこのとき「志」と書いた袋に百円を入れて配ります。これらのお金は、持ち帰ると「長寿を全うした故人にあやかることができる」縁起の良いものとされています。

「夜伽」の風習が残る

千葉県の都市部では2~3時間で終わる「半通夜」が一般的になっています。しかし、その一方で、故人の傍で一晩中寝ないで過ごす「夜伽(よとぎ)」と呼ばれるお通夜を行う地域もあります。皆が夜通し起きている夜伽では飲食を伴うため、「夜伽見舞い」と呼ばれる食べ物を持ち寄るならわしもあります。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません