「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、シンプルなお葬式

神奈川県の葬儀社を比較する

神奈川県に対応しているオススメ葬儀社ピックアップ

葬儀を検討している神奈川県の地域をお選びください

神奈川県の葬儀のしきたり・風習

都市部と郊外で大きく違うお葬式事情

川崎市や横浜市などの大都市と郊外で、お葬式をとりまく事情が大きく違うのが神奈川県です。人口の多い都市部では火葬場が不足しており、東京都同様民営の火葬場があります。人気の高い公営施設では、1週間先まで火葬の予約で埋まっていることもよくあり、そうした施設で葬儀する場合、通夜が逝去の1週間後ということも珍しくありません。また、葬儀のスタイルに親族や親しい知人のみで葬儀を行う「家族葬」を選ぶ人も増えています。これに対し、郊外の農村部では昔ながらのしきたりや風習が残っており、「隣組」など近隣組織の援助を得て、通夜・葬儀とも自宅で行われる場合が多くあります。

地域によって違うお葬式のしきたり

神奈川県の南足柄市など一部地域では、葬儀の朝、葬儀に先だって火葬する地域があります。香典返しは、横浜では忌明けに行われますが、小田原市、平塚市などではその場で返します。都市部では斎場を利用する人が多いお葬式ですが、相模原市では、自宅葬が8割に上ります。

参列者に通夜振舞いする

東日本では、一般の参列者にも通夜の後の食事を出す「通夜振舞い」をする地域が多くありますが、神奈川県もこの例に漏れません。寿司やオードブル、酒、ジュースなどの通夜振舞いには、一口でも箸をつけるのが「故人への供養」になるとされていますので、辞退する人はいませんが、都市部では少し箸をつけてすぐに帰る人が多く、農村部では故人の思い出を語りながらじっくり通夜振舞いを受ける傾向があります。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください