お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している新潟県の地域をお選びください

新潟県の葬儀のしきたり・風習

紅白の水引を付けた「お見舞い」

柏崎など新潟県の一部地域では、通夜の際、香典だけでなく紅白の水引をかけた「お見舞い」を出すことがあります。これには、入院中お見舞いに行けなかったことを詫びる気持ちが込められているといいます。昔は、香典袋は用意せず、紅白の「お見舞い」だけを出す人もいたそうです。事情を知らない人からすれば驚くような風習ですが、土地の人にとってはそれが"常識"ですから、昔は、他の土地のお葬式でも紅白のお見舞いを出してしまう人もいたそうです。

故人のあの世での厚遇を願う「放生」

出棺の際には、地域によりさまざまな儀式が行われていますが、新潟県で行われている「放生(ほうじょう)」と呼ばれる儀式もそんな中の1つです。「放生」は、空に鳥を放したり、金魚を池に逃がしたりする儀式です。殺生を戒める仏教の儀式「放生会(ほうじょうえ)」が元になっていて、このような善行を行うことで故人に徳を積ませ、故人があの世で厚遇されることを願う遺族の気持ちが込められています。

火葬以降は赤いろうそくを使う

新潟県の一部では、火葬後の法要からは通常使われている白や黒のろうそくではなく、赤いろうそくを使います。本来はおめでたい事柄に使われる赤いろうそくを、年忌法要に使うのは不思議に感じられるかもしれませんが、これには、「死」が、世俗の垢にまみれたこの世から"浄土"へ帰るおめでたいことだからという説や、葬儀に関わる一通りの儀式を終え、日常に戻るという意味があるからなど諸説あります。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません