「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

富山県の葬儀社を比較する

富山県の葬儀セミナー・勉強会情報

家族葬
アイシン葬儀社 株式会社
(02月13日更新)
新着

富山県の葬儀のしきたり・風習

棺に繋げた「善の綱」を引く

富山県には、出棺の際、棺に結びつけた白いさらしの布の端を遺族が持って引く風習があります。これは、もともと野辺送りの葬列で行われていた「善の綱(ぜんのつな)」と呼ばれるしきたりでした。「善の綱」とは、故人を善処に導く綱という意味で、藤原道長の日記『御堂関白記』にある、「来迎仏(らいごぶつ)の手から5色の糸が垂れ、道長の手に結ばれる」という記述が由来となっているそうです。

遺族は火葬場へ白装束で行く

富山県の呉西地区では、喪主と親族が白装束を身に着けて火葬場に向かう風習があります。喪服は「黒」が一般的ですから白装束には違和感があるかもしれませんが、古来の日本では、もともと「白」が喪服の色でした。喪服の色が変わったのは、西洋の喪の色であった「黒」を真似た明治時代のことです。それでも「黒」の喪服が一般に浸透するまでにはずいぶん時間がかかったといいます。そう考えれば、遺族が白装束で故人と最後のお別れをするこの風習にも納得がいきます。

「死花花」を飾る

富山県では、お葬式の祭壇に「死花花(しかばな)」を飾るのが一般的です。「死花花」は、「四華花」や「死華花」とも書かれます。「死花花」は、白い紙に細かく横に切れ目を入れて、細い棒に巻きつけたもので、かつては葬列で遺族が持ちました。仏陀が涅槃に入る際、沙羅双樹の花が白く変わって散り、仏陀の遺体を覆い尽くしたという故事に由来しており、死花花を飾るのは、故人が涅槃に入ったことの表れともいわれています。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください