お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

石川県の葬儀のしきたり・風習

喪主は火葬場へ白装束で行く

石川県では、出棺の後火葬場へ行く際、喪主が白装束をまとうしきたりがあります。葬儀に白装束というのは違和感があるかもしれませんが、日本ではもともと、喪服の色は「白」でした。逆に、結婚式で女性が黒の留袖を着るように、「黒」はおめでたい席で着る和服の色だったのです。これが、明治になってから、西洋で喪を表す色であった「黒」を喪服とする皇室喪服規定が定められました。喪の歴史を振り返れば、喪主の白装束にも納得がいきます。

葬儀の後「ぬか」をかける

葬儀に参列した人が帰宅した際、塩をかけてお清めをするというならわしは全国的に見られますが、石川県の一部地域では、この清めの塩と一緒に「ぬか」をかける風習があります。「お清め」という考え方は、もともと仏教にあったものではなく神道から来ている考えです。神道では、「神饌(しんせん)」を呼ばれる食物を祭壇にお供えしますが、この中には稲穂も含まれています。稲穂は「ぬか」の元の姿ですから、「ぬか」でお清めする風習も、神道の影響をうけているものと思われます。

分骨したひとつを菩提寺へ納める

石川県は、仏教を精神生活の支えとする人が多い真宗王国と言われています。そのため、葬儀の際の祭壇も、他府県に比べて荘厳になる傾向があります。また、法要は初七日までを簡素にして、一周忌以降を盛大に行う場合が多いようです。火葬して収骨する際には、骨壺を2つ用意して分骨し、一方を当日のうちに菩提寺へ納めに行くこともよくあるといいます。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません