お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している山梨県の地域をお選びください

山梨県の葬儀のしきたり・風習

「棺回し」のしきたり

山梨県の大月市では、出棺の際、遺族が担いだ棺をぐるぐると3回回す「棺回し」、「三回回し」などと呼ばれる儀式が行われます。これは、棺を回すことで故人の方向感覚を失くして、家に戻れないようにするためだと言われています。また、「回る」という行為が、古代の日本で人と神霊がつながる儀式とされていたことから、棺を回すことは、今までの罪が滅びる"原罪信仰"の意味合いを持ちます。棺を回すことは、故人にとって、四国お遍路を行うのと同じ修行の実践になると考えられていたようです。

土葬が残る地域もある

火葬先進国の日本では、「土葬」はほとんど見られなくなりましたが、山梨県の一部には、まだ、土葬が残る地域があります。神道が台頭した明治6年には、神道勢力の「火葬は残忍で野蛮だ」という圧力を受け、一時火葬禁止令が出たことさえあり、現在でも、一部大都市を除けば土葬は禁止されていません。山梨県には、土葬のあり方を模索する団体なども発足し、土葬を行っている霊園が、戒律として土葬を行わなければいけないイスラム教徒などの日本在住外国人を受け入れています。

仮門をつくって出棺する

出棺の際、通常利用している玄関を避けて他の場所から棺を出すという地域は、日本各地に点在します。山梨県の一部でも、出棺の際には玄関の脇に「仮門」をつくって棺をくぐらせます。棺をくぐらせて出した後は、冥土への入り口を意味する仮門を壊して、死者の霊が戻ってきてもこの世に帰ってこられないようにします。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません