「PR」低価格なお葬式をお考えの方へ定額葬儀をご希望の方は、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)

長野県の葬儀社を比較する

葬儀を検討している長野県の地域をお選びください

長野県の葬儀のしきたり・風習

「隣組」が葬式を取り仕切る

都市部ではあまり見られませんが、人の流れがあまり多くない地方では、近隣組織が強力に機能している例が多く見られます。通夜や葬儀の際には、そうした近隣組織が活躍しますが、長野県では、「隣組」と呼ばれる近隣組織が通夜や葬儀を取り仕切ります。お葬式の手伝いは、地域の大切な仕事として、会社を休んででも出席すべきものという認識があり、そうしたしきたりに慣れていない大都市からの移住者などは戸惑うこともあるそうです。

通夜のとき、紅白の水引をつけた「お見舞い」をだす

長野県では、通夜の際、故人に親しい参列者が紅白の水引をつけた「お見舞い」を出すことがあります。これには、入院中お見舞いに行けなかったことを詫びる気持ちが込められており、通夜の席で遅れてしまった見舞金を渡していることになります。昔は、香典を用意せずにこの「お見舞い」だけを出す人もいましたが、現在では親しい間柄の場合にだけ香典に添えられ、一般的には香典のみを出すようです。

「いろ」をつける

長野県の長野市を中心とする北信では、通夜、葬儀の後に火葬が行われ、松本市を中心とする南信では、葬儀の前に火葬が行われます。また、長野県西部では日のあるうちには葬儀をださないという風習もあります。葬儀の後で火葬する地域では、遺族が「いろ」とよばれる白い布を肩にかけて火葬場に向かいます。これには、「白」というこの世とあの世を繋ぐ色を身に着けることで、故人をあの世の手前まで見送るという意味が込められています。

葬儀は複数社比較が基本!比較するだけで平均19万円安くなります!

葬儀レビなら、一社に見積りを取る手順で、最大5社のお見積りを一括で依頼する事ができます。
初めての方でも費用相場が分かるので、スムーズに葬儀社を選ぶことができます。

↑ページの先頭に戻る
当サイトはお葬式に関する様々な疑問や不安をサポートする、日本最大級の情報サイトです
すべてのコンテンツを無料でご利用いただけますので、ご安心ください