お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している長野県の地域をお選びください

長野県の葬儀のしきたり・風習

「隣組」が葬式を取り仕切る

都市部ではあまり見られませんが、人の流れがあまり多くない地方では、近隣組織が強力に機能している例が多く見られます。通夜や葬儀の際には、そうした近隣組織が活躍しますが、長野県では、「隣組」と呼ばれる近隣組織が通夜や葬儀を取り仕切ります。お葬式の手伝いは、地域の大切な仕事として、会社を休んででも出席すべきものという認識があり、そうしたしきたりに慣れていない大都市からの移住者などは戸惑うこともあるそうです。

通夜のとき、紅白の水引をつけた「お見舞い」をだす

長野県では、通夜の際、故人に親しい参列者が紅白の水引をつけた「お見舞い」を出すことがあります。これには、入院中お見舞いに行けなかったことを詫びる気持ちが込められており、通夜の席で遅れてしまった見舞金を渡していることになります。昔は、香典を用意せずにこの「お見舞い」だけを出す人もいましたが、現在では親しい間柄の場合にだけ香典に添えられ、一般的には香典のみを出すようです。

「いろ」をつける

長野県の長野市を中心とする北信では、通夜、葬儀の後に火葬が行われ、松本市を中心とする南信では、葬儀の前に火葬が行われます。また、長野県西部では日のあるうちには葬儀をださないという風習もあります。葬儀の後で火葬する地域では、遺族が「いろ」とよばれる白い布を肩にかけて火葬場に向かいます。これには、「白」というこの世とあの世を繋ぐ色を身に着けることで、故人をあの世の手前まで見送るという意味が込められています。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません