お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している岐阜県の地域をお選びください

岐阜県の葬儀のしきたり・風習

花籠に入れた小銭を撒く「おめでた葬礼」

岐阜県の東濃地方では、故人が80歳を超えた長寿で亡くなった場合、花籠に入れた小銭を撒く「おめでた葬礼」のしきたりがあります。竹で編んだ籠の中に、故人の年齢と同じだけの小銭を入たものを竹竿の先につけ、2本で一対とします。これを持った人が葬列の先頭に立ち、火葬場などに向かいます。途中の四辻ではこの花籠を振って中の小銭を撒き、葬儀に関係の無い人も小銭を拾います。これは長寿での往生を祝うもので、同時に、故人の代わりに遺族が小銭を振る舞うことが、故人の功徳になると考えられています。

「土葬」の風習が残り、「神葬」も多い

日本では、99%が火葬を行っていますが、岐阜県の郡部には、今なお「土葬」を行う地域があります。また、美濃の一部では、廃仏棄釈(仏教寺院・仏像・経巻を破毀し、僧尼など出家者や寺院が受けていた特権を廃すること)の影響から、神葬が多く行われています。神葬といっても、正式なものとは違って仏葬の面影を残す面も多く、神道で「帰家祭」「大祓い」と呼ぶものをそれぞれ「後三日」「忌明け」としています。

「仲間組」が葬式を手伝い、香典返しには「ビール券」

岐阜県では、「仲間組」や「葬式組」と呼ばれる近隣組織が通夜や葬儀を取り仕切り、喪家の手伝いをすることが地域の重要な仕事とされています。また、岐阜県恵那市などの一部地域の香典返しには、ほぼ必ず「ビール券」が使用され、他の香典返しではみっともないというほどに、浸透したしきたりとなっています。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません