お亡くなり・ご危篤の場合 お亡くなり・ご危篤の場合(1時間程度で病院までお迎えいたします)

0120-542-988

1時間程度で病院までお迎えいたします

ピックアップ!おすすめ葬儀社

ピックアップ!おすすめ葬儀社

葬儀を検討している静岡県の地域をお選びください

静岡県の葬儀のしきたり・風習

出棺は「仮門」を作ってくぐらせる

出棺のとき、玄関を通らず、他の場所から棺を運びだす地域は多くありますが、静岡県の沼津市では、青竹で仮門を作ってふたりで持ち、棺にここをくぐらせます。棺をくぐらせ、葬列が出た後、仮門は直ちに壊します。仮門は冥土への入り口を意味しますから、これを壊してしまえば、故人の霊が戻ってきても、この世に帰る入口はないということになります。

花籠で「撒き銭」をする

出棺の時や火葬場に向かう際、小銭を撒く「撒き銭」は、全国各地で見られる風習ですが、静岡県の浜松市では、花籠で「撒き銭」をします。故人が長寿で亡くなった場合、5円玉を紙で包んだおひねりを花籠に入れ、竹竿の先にくくりつけたものを2つ作り、四辻で振って撒き銭をします。おひねりの代わりにキャラメルやクッキーなどのお菓子を入れることもあります。撒いた小銭やお菓子は、葬儀に関係の無い人も拾いますが、それが、故人に功徳を積ませることになると考えられています。大往生のお祝いでもあるしきたりです。

額に白い三角の紙をつけて墓地に出向く

静岡県の一部地域では、遺族や近親者が墓地に出向く際、額に白い三角の紙をつける風習があります。この紙は、仏教で「宝冠(ほうかん)」と呼ばれる死装束の一部で、遺族らが身に着けることで、「私たちもあなたと同じ格好をして三途の川の手前まで見送りますから、そこから先はあなたひとりで行ってください」という気持ちを表します。つまり、迷わず成仏してくださいという願いが込められた風習です。

あなたにあった葬儀社を紹介いたします。お見積り・相談は全て無料です。
今すぐ葬儀社を決めないといけない
®️ 0120-542-988
24時間365日対応・通話料無料
急いでいない・じっくり検討したい
あなたにあった葬儀社を紹介いたします。
お見積り・相談は全て無料です。
急いでいない
じっくり検討したい
今すぐ葬儀社を
決めないといけない
TOP
TOP
お急ぎの方はお電話ください。
0120-542-988 24時間
365日
無料
相談
※直接、葬儀社につながる電話番号ではありません